マインクラフト・かぼちゃの育て方とサトウキビの植え方

マインクラフト・かぼちゃの育て方とサトウキビの植え方

 

マインクラフトには、「かぼちゃ」と「サトウキビ」のブロックが存在します。

 

これらのブロックは栽培することによって、数を増やして収穫することができます。

 

 

収穫することで、様々なアイテムの材料として使うことができるようになるのですが…

 

正しい植え方を知らなければ、ただ地面などに植えても育ちませんよね。

 

 

この記事では、かぼちゃとサトウキビの育て方や…

 

どのアイテムの材料として使えるか?をご説明しています。

 

スポンサーリンク

マインクラフトの「かぼちゃ」と「サトウキビ」の植え方は?育て方をご紹介!

 

マインクラフトで手に入れることができる、かぼちゃとサトウキビの植え方や育て方はどういったものなのでしょうか?

 

 

まずは、かぼちゃについてご説明しましょう。

 

 

マイクラでで栽培できるかぼちゃには、3つの使い道があります。

 

 

一番有名なのが、ジャックオランタンに加工して照明器具に変えること。

 

水中の水源として役立ちます。

 

 

またパンプキンにすれば食料として消費することができ、回復度を4つアップできます。

 

さらに鉄ブロックが4つ(鉄のインゴッド36個分)あれば、アイアンゴーレムを召喚します。

 

 

また、これをかぶった状態だとエンダーマンと目が合ったとしても襲われない…といった効果も。

 

 

かぼちゃは、土ブロックにしか育ちません。

 

後は水源と明かりを確保すれば、簡単に育てることができます。

 

 

かぼちゃは種を植えることで育つのですが、種を手に入れるためにはまず野生のかぼちゃを拾う必要があります。

 

種を植えると、茎を真ん中にして上下左右の4方向のどこかに実を付けます。

 

 

しかし、ブロックがあると実が発生しないので…

 

一列に並べて育てれば実ができる場所が一箇所になり、実ができる場所を特定できます。

 

 

かぼちゃは、以下のアイテムの材料としても使うことが可能です。

 

・カボチャ×1・松明×1=ジャックオランタン

 

・カボチャ×1・卵×1・砂糖×1=パンプキンパイ

 

次に、サトウキビに関してのご説明です。

 

 

一方サトウキビの使い道はというと…

 

砂糖や紙に変えることでさらに本や本棚、ケーキなどと様々な場面で使えるブロックです。

 

家具や回復アイテムとして万能なので、常に一定量を回収するのが望ましいです。

 

 

サトウキビ×1 → 砂糖

 

サトウキビ×3 → 紙

 

砂糖は、これらのアイテムを作成する材料として使うことが可能です。

 

砂糖×2・牛乳×3・卵×1・小麦×3 → ケーキ

 

カボチャ×1・卵×1・砂糖×1 → パンプキンパイ

 

砂糖×1・クモの目×1・茶キノコ×1 → 発酵したクモの目

 

「発酵したクモの目」は、各ポーションの醸造材料となります。

 

 

そして紙は、以下のアイテムの材料として使うことができます。

 

紙×8・地図×1 → 縮尺の大きい地図

 

紙×3・革×1 → 本

 

紙×8・コンパス×1 → 白紙の地図

 

紙×1・花火の星×1・火薬×1 → ロケット花火

 

限定された場所でしか育たないアイテムではありませんが、水に沿って育つのが共通点です。

 

 

サトウキビを育てる時は、水に接している土ブロックあるいは砂ブロックを使います。

 

1つでもブロックが水から離れているとサトウキビは収穫できません。

 

 

最大で3段まで成長しますが、壊してしまうとその上の段のサトウキビまで壊れてしまいます。

 

よって2段目のサトウキビを壊せば再びサトウキビを植えなくて済むので、栽培の手間が省けます。

 

 

3段目まで成長させることを考慮して、高さのスペースが広い場所を選びます。

 

さらに2段目をピストンで押し出してアイテム化させれば、自動的に育てられて便利です。

 

 

放置するだけで材料が確保できるので、サトウキビの栽培に気を遣う必要がありません。

 

 

周囲をガラスで囲えば、ピストンで押し出す時にサトウキビが飛び散ることを防ぎます。

 

また水に落ちてしまうと回収が面倒になるので、ハーフブロックで水路を作る方法もあります。

 

 

石切り機で丸石を加工すればハーフブロックは用意でき、水路に装備して水路より高い位置にある土ブロックをタップすることで水に落ちるのを防げます。

 

マインクラフト・エンダードラゴンの卵の取り方や孵化方法は

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加