バーチャファイター6の発売日はいつ?

バーチャファイター6の発売日はいつ?

 

老舗のゲームメーカー・セガが開発し販売しているのが、「バーチャファイター」シリーズです。

 

 

最新作は、2010年にゲームセンターなどで稼働開始された「バーチャファイター5 ファイナルショーダウン」でした。

 

家庭用ゲーム向けには、2012年に配信といった形でのみ販売。

 

 

しかしこの作品を最後に、このシリーズの新作に関する情報が一切出てきていません…

 

 

今後次回作「バーチャファイター6」の制作が始まり、稼働・発売されることってあるのでしょうか?

 

 

もしされることがあるとしたら、発売日はいつになるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

バーチャファイターシリーズとは?

 

バーチャファイターシリーズは人気3D対戦型格闘ゲームです。

 

第一作は1993年にアーケードゲームとして登場し、現在までナンバリングで5作品を数えています。

 

 

そのときの各種資料はイギリスのスミソニアン博物館に展示・保存されています。

 

その大きな特徴は、舞台やキャラクターなどを3Dで表現していることです。

 

 

それまでの対戦型格闘技ゲームは2Dで表現されたものであるのに対し、バーチャファイターシリーズは世界初の3Dポリゴンでキャラを作ることで奥行きのあるバトルを表現しました。

 

 

バトルはステージから落ちると負ける、リングアウト制を導入するなど斬新なものでした。

 

ステージはシリーズが進み高低差が導入されたり、フェンスが導入されるなどいまだに進化しています。

 

 

どんどん操作方法が複雑化してゆき、新参者を一切寄せ付けなくなった2D格闘ゲームの一方で…

 

バーチャファイターシリーズは決して複雑にはさせず、「8方向のレバーとパンチ・キック・ガードの3ボタンを組み合わせる」というシンプルな操作方法を通しました。

 

 

さらに、空中コンボを組み合わせた派手な技やダウン攻撃など多彩なものでした。

 

 

選択できるキャラも多彩で、「八極拳」「酔拳」「虎燕拳」「ジークンドー」「燕青拳」「プロレス蟷螂拳」「パンクラチオン」など様々な格闘技が登場しました。

 

 

このゲームの人気により、後に他のメーカから鉄拳シリーズやデッドオアアライブシリーズなどの派生作品も数多く生まれました。

 

続編のバーチャファイター2はさらにヒットし、マスコミにも取り上げられるなど注目を集めました。

 

 

全国大会なども活発に行い、各キャラを使うプレイヤーは新宿や池袋などの地名を冠した名前がつけられ人気が集まりました。

 

 

1995年にセガが家庭用ゲーム機セガサターンを発売したとき、バーチャファイター1と2が本体の売り上げ向上に大いに貢献しました。

 

 

さらに同年アニメ化までされ、格闘シーンなど従来に格闘と違い長引かない格闘シーンを表現するなど高い評価を得ました。

 

 

アニメ以外では、コミカライズ作品やパチスロなど他の分野にも積極的に展開しています。

 

さらに近年では他作品である「デッドオアアライブ5」や「PROJECT X ZONE」「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」とのコラボも行われるなど、シリーズの広がりをみせています。

 

「バーチャファイター6」の発売日はいつになるのか?

 

このように、様々な方面に大きく影響を与えてきたこのシリーズですが…

 

次回作「バーチャファイター6」の発売日はいつになる予定なのでしょうか?

 

 

今のところ、続編を制作するといった内容の発表をセガはしていません。

 

 

しかし近年、このシリーズを手掛けた鈴木裕さんが長年頓挫していた「シェンムー3」の開発に関わっているという情報が流れました。

 

たとえ一時途切れてしまったシリーズのゲームでも、再開されることがあるという希望を与えてくれた出来事でした。

 

 

今後「バーチャファイター6」の制作や発売日に関する情報が公表されることがありましたら、この記事にも追記するつもりです!

 

シェンムー3の発売日はいつ?

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加