腸活とは?効果的な食べ物のおすすめを紹介!

腸活とは?効果的な食べ物のおすすめを紹介!

2015年頃に話題となり広まった言葉に、「腸活」というものがあります。

 

 

腸活とはメディアによって広まった俗語なのですが、その名の通り「腸内環境を整え、健康状態を保つ」という意味があります。

 

腸内環境を健康な状態に維持するためには、主に「特定の食品を食べる」「断食」「運動」「マッサージ」といったものがあります。

 

 

この記事では、中でも比較的取り組みやすい「腸内環境を整える食べ物を、できるだけ取り入れる」ことに着目し、腸内環境を整える食べ物をいくつか挙げてみました。

 

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

腸活とは?効果的なおすすめの食べ物をご紹介!

 

メディアによって広まった俗語である腸活とは、「腸内環境を整えて健康を保つ」といった意味があります。

 

 

腸内環境の良し悪しは、健康と密接な関係があります。

 

腸は単なる消化器官ではなく、とても重要な器官です。

 

 

腸内に存在する善玉菌が増えると体全体の免疫力が高まり、風邪などの感染症にかかりにくくなります。

 

また他にも肌トラブルを解消したり、食べ物の消化や吸収を助けたりと、善玉菌は体に良い効果をもたらします。

 

 

逆に悪玉菌の増加は、体に悪い影響をもたらします。

 

 

例えば、ストレスや不規則な生活、運動不足などは腸の機能を低下させる原因となり、悪玉菌の増加にも繋がります。

 

悪玉菌が増えると、便秘や下痢などの消化機能の不調だけでなく、肌荒れや肩こり、頭痛などの身体症状の不調にも繋がります。

 

 

特に便秘になると、インドールやスカトールなどの有害物質が腸内に留まり、腸内が悪玉菌の好むアルカリ性になってしまうのです。

 

そのため、更に悪玉菌が増加してしまう…という悪循環になってしまいます。

 

 

腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことは、とても大切です。

 

 

まず腸内環境を整えるには、悪玉菌を増やす原因となる食べ物を控えることが大切です。

 

 

悪玉菌はアルコールの取りすぎや、肉類の食べすぎで増加しやすくなります。

 

 

アルコールや肉類が悪いわけではないのですが、多量の飲酒は腸の働きを低下させることに繋がるのです。

 

 

また日本人の体は大量の肉を消化できるようにはなっていないため、食べ過ぎは控える必要があります。

 

 

善玉菌を増やす食べ物としては、まずヨーグルトが挙げられます。

 

 

ヨーグルトには善玉菌の代表格ともいえる、ビフィズス菌と乳酸菌が含まれています。

 

他にも牛乳には、善玉菌のエサとなるラクトースという栄養素が含まれているため、牛乳を摂取することは善玉菌を増やすことに繋がります。

 

 

日常的に摂取することが理想ですが、牛乳が苦手な方はチーズを摂取することがオススメです。

 

チーズにも善玉菌を増やす乳酸菌が含まれており、食べる際には加工したプロセスチーズより、乳酸菌の働きが高いナチュラルチーズを選ぶことをオススメします。

 

 

他にも、オリゴ糖が豊富に含まれる食べ物は善玉菌の栄養源となり、善玉菌の増殖を促します。

 

 

例として、いんげん・ごぼう・玉ねぎなどが挙げられます。

 

これらは食物繊維も豊富なため、摂取することで腸内環境を整えます。

 

 

またバナナやハチミツなどにもオリゴ糖が含まれているため、おやつやジュースなどにして手軽に摂取することができます。

 

 

腸内環境には個人差があり体質の関係等もあるため、自分にあった食べ物を見つけて日常的に摂取することが大切です。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック