ファスティングとは?好転反応について説明!

ファスティングとは?好転反応について説明!

美容や健康・ダイエットに興味のある方なら、一度は聞いたことのある言葉が「ファスティング」ではないでしょうか?

 

 

しかし…

 

この聞きなれない言葉であるファスティングとは、一体どういう意味なのでしょうか?

 

 

また、ファスティングを行っている最中に起こってしまう「好転反応」とは何なのでしょうか?

 

 

こちらの記事ではこれら2つについて説明しておりますので、疑問に思った方はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

ファスティングとは一体どういう意味?好転反応についても説明!

 

ファスティングとは断食のことですが、断食をすると一時的に体調が悪化する現象が起きます。

 

これを好転反応といい、体内から老廃物が排泄していることの証明になります。

 

 

好転反応が起こるのは断食を開始してから2日目から3日目が多く、体調が悪化しても問題はありません。

 

この時期を乗り切れば、ファスティングによるダイエットは成功します。

 

 

好転反応の症状は、個人差がありますが…

 

主な体調悪化の症状には、頭痛・肩こり・便秘などがあり、皮膚に吹き出物ができる人も多いです。

 

 

断食をするとこのような症状が出る理由は、断食をすると体内に蓄積していた毒素や老廃物が血液の中に溶け込んで、全身に巡るためです。

 

しかし、毒素や老廃物はやがて体外に排出されますので、好転反応の症状は改善されます。

 

 

断食による一時的な体調悪化で最も多い症状は、便秘です。

 

特に女性は便秘になることが多く、便秘による吹き出物ができることも多いです。

 

 

人によっては便秘の状態が1週間程度続くことがありますが、しばらくすると便は出るようになり、便秘の症状は改善されます。

 

 

この時に出る便は宿便と呼ばれているもので、老廃物の塊です。

 

 

宿便が出ることによって体調は大きく変化して、体調はとても良くなります。

 

 

ファスティングをして宿便が出ると体調が良くなる理由は、腸の中にずっと蓄積していた老廃物が根こそぎ排出されることにより、腸の中がスッキリして腸内環境が整うからです。

 

 

宿便の量は多い人は5Kg以上に達することもあり、重量のある宿便が出るだけでもダイエットをすることができます。

 

 

初めて断食をする人は、断食を開始してからしばらくして体調が悪化するとびっくりしてしまう人が多いです。

 

 

怖くなって、断食をするのを中止してしまう人もいますが…

 

好転反応が出るということは、断食が成功して老廃物が体外に排出するデトックス作用が起こっていることの証拠になるので、心配は無用です。

 

 

逆に、断食をしても体調が特に変化しない場合は…

 

デトックス作用が起こっていないことになりますので、断食のやり方が間違っていることが考えられます。

 

 

その場合は断食を一時中断して、もう一度初めからやり直すことが望ましいです。

 

もう一度やり直す際には、断食についてもっと勉強をして、正しい知識を習得した上で再チャレンジすることが大切です。

 

 

ファスティングによるダイエットをする際には酵素ドリンクが役に立ちますので、酵素ドリンクを飲みながらファスティングによるダイエットをすることをお勧めします。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック