ハードフォークとは?意味を説明(ビットコイン)

ハードフォークとは?意味を説明(ビットコイン)

先日、「2017年11月に行われる予定だった、ハードフォークが中止(保留)」という内容のニュースが流れました。

 

 

最近、仮想通貨・ビットコインの業界で最も注目を集めていたのですが…

 

そもそもハードフォークとは、一体何なのでしょうか?

 

 

最近仮想通貨に興味を持ったけど、今さら聞けない…

 

そう考えている方のために、この記事ではどんな意味か説明しています。

スポンサーリンク

ビットコインのハードフォークとは?意味を説明!

 

仮想通貨の世界では最近、ビットコインのハードフォークが話題になる機会が多くなりました。

 

 

仮想通貨に関する記事で取り上げられるハードフォークとは、途中からブロックチェーンを分岐させることです。

 

 

一定時間ごとに区切って、送金取引の情報をブロックと呼ばれる電子データに格納します。

 

格納したデータは順番に鎖のように繋げることで、1冊の取引台帳としてまとめられます。

 

 

仮想通貨の取引情報が記述されたブロックが数珠繋ぎになったデータを、「ブロックチェーン」と呼びます。

 

通常ブロックチェーンは、1本の鎖の状態で保存されています。

 

 

ブロックチェーンの作成や不正防止のためのチェック作業(マイニング)は、マイナーと呼ばれる人が行います。

 

 

時折、仮想通貨の開発グループがシステムの仕様変更(バージョンアップ)をする場合があります。

 

 

ところが、この仕様変更案に同意しないグループが旧来のシステムまたは独自の方法でマイニングをしたい場合に、本家から独立してブロックチェーンが2本に分岐する場合があります。

 

 

分岐後はお互いに全く別の仮想通貨とみなすので、分岐したチェーンをまたいで取引をすることができなくなります。

 

 

ただし、分岐前のブロックチェーン内の内容は双方のグループがそれぞれ正統なチェーンとみなすため、新たに分岐したチェーンに送金情報を格納(出金)することができます。

 

 

ブロックチェーンが分岐する以前にブロック内に残高があった人は、分岐後にそれぞれ同額のコインを出金できます。

 

分岐する前にコインを持っていた人は、無条件で本家と分家の両方で同額のコインを保有していることになります。

 

 

2017年8月にビットコインのブロックチェーンがハードフォークして、ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。

 

さらに2017年10月24日には、ビットコインゴールド(BTG)と呼ばれる仮想通貨が分岐しました。

 

 

11月中旬にも、「B2X」と呼ばれる新たな仮想通貨にハードフォークする予定です。

 

 

もしも既存の仮想通貨が気に入らなければ、全く別の新しい仮想通貨を作って最初からスタートすれば良いように思えるかもしれません。

 

 

既存のブロックチェーンから分岐させると、新たに作成する通貨は分岐前の通貨を保有している人に無料で分配することになり…

 

スタート時点から、その通貨を強制的に普及させることができます。

 

 

ハードフォークが決定した場合、分岐前にコインを保有している人は、新たに誕生するコインも保有していることになります。

 

新たな通貨が誕生する前も先物取引で値段が付くため、チェーンを分岐させた方が普及が進みやすくなります。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック