キジトラとサバトラ・それぞれの猫の違いを説明!

キジトラとサバトラ・それぞれの猫の違いを説明!

昨今の空前の猫ブームで、猫を飼い始める方も多くいらっしゃるでしょう。

 

 

色々いる純血種の猫のほかに、ミックスの猫も沢山います。

 

個性的な模様の仔も沢山います。

 

 

そのなかでも多くを占めるのが「キジトラ」や「サバトラ」と言われる縞々の猫です。

 

これらの猫には、一体どのような違いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

「キジトラ」と「サバトラ」それぞれの猫の違いとは?

 

猫は犬ほどの外見の違いや大きさの違いは少ないですが、模様が多岐にわたり、それによって性格も違ってきていると言われます。

 

三毛猫やさび猫は頭がよく色々と考える仔が多いとか、全身明るい茶色、いわゆる赤猫の縞猫は猫っぽくなく変わった性格の仔が多いとか、真っ白の仔は性格がきついとか、黒猫はおっとりしているとか。

 

 

でも、これはあくまでも飼い主の主観であり、統計をとったわけではないので、性格は100匹いれば100通りあるはずです。

 

育てた飼い主の影響や育った環境で変わってきますし、飼い主が変われば猫の態度も変わりますので、一概に模様によって性格がこうだと断定はできません。

 

 

「キジトラ」や「サバトラ」という柄の猫が知られていますが、具体的には一体どのような違いがあるのでしょうか?

 

 

家猫のご先祖は、リビアヤマネコだと言われています。

 

リビアヤマネコは、全身こげ茶色がかった縞模様です。

 

野良ネコや保護猫、地域猫にこの模様が多いのはそのせいだと言われています。

 

 

もちろんミックスの仔が多いので、白とこげ茶の縞や白とグレーの縞の仔、白に黒の八割れや、ホルスタインのようなぶちの仔もいたり、本当に個性的です。

 

この、こげ茶がかった縞縞をキジトラと言います。

 

 

リビアヤマネコの血を濃く残す柄なので、野性的な性格がもしかしたら多いかもしれません。

 

日本的な呼び方なのはキジの色に似ているからです。

 

 

茶色の種類としては、アビシニアンのルディに縞を入れたような感じです。

 

濃い茶色と薄めの茶色の縞です。

 

 

それに対してサバトラと言われる猫は、イメージとしてはアメリカンショートヘアのグレーの色合いと似ています。

 

ただし、アメリカンショートヘアのような大きな縞模様ではなく、もっと細かい濃いグレーと淡いグレーの縞々の猫をサバトラと言います。

 

 

キジトラの呼び方で分かる通り、こちらは魚の鯖と色が似ているところからサバトラと呼ばれるようになりました。

 

分からなくなったら、キジと鯖を思い出せばよいかと思います。

 

 

キジトラやサバトラにもいろいろな模様があり、全身が縞々の仔がいれば、背中は縞だけどお腹は白とか、ほとんど白なのに耳辺りと尻尾と背中にワンポイントだけ縞々だったりと、こちらも個性的です。

 

どの猫もみな魅力的で個性的です。

 

 

ブームで飼い始めたとしても、大切な命をしっかり守り最後まで幸せに暮らさせてあげてほしいものです。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

忖度とは・斟酌とは?意味の違いと使い方を説明!

 

OBとOGの違い・一体何の略?意味を説明!

 

改正・改定・改訂。意味の違いと使い分けを説明!

 

箇所と個所。意味の違いと使い方を説明!

 

留意と注意の違い・意味や使い方を説明!

 

よろしくお願い致しますとよろしくお願い申し上げますの敬語・違いは?

 

単相200Vと三相200Vの違い・見分け方を説明!

注目トピック