ご自愛くださいの意味と使い方・目上の人に使うのは正しい?

ご自愛くださいの意味と使い方・目上の人に使うのは正しい?

ご自愛くださいの意味と使い方・目上の人に使うのは正しい?

手紙やメールにおける締めの挨拶として、「ご自愛ください」という言葉を使う場合があります。

 

 

相手をいたわる意味を込める時に使う言葉なだけあり、相手の境遇や状況などを察すると、使っても良いものかどうか迷うところです。

 

 

また、この言葉を目上の人に使うことは正しいのか?それとも間違っているのか?

 

判断がつかず、使うのを躊躇ってしまっている人もおられるのではないでしょうか。

 

 

この記事では、「ご自愛ください」の意味や使い方をご紹介していますので…

 

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

「ご自愛ください」の意味・使い方を紹介!目上の人に使うのは正しい?間違い?

 

「ご自愛ください」という言葉は「自身を愛するようにしてください」という直接的な意味から転じて…

 

「お体を大切にして下さい」「あまり無理をしないで下さい」と、慈しみの心を相手に伝える意味合いを持ちます。

 

 

用例の解釈については幾つかの考え方があり、一部では目上の方には使わない方が良いとされる事があります。

 

ですが、愛という文字が入る事でより慈しみの意味合いが強まる事・文頭に「ご」が付いて文末が「ください」となる表現は、敬語が必要とされる状況においても寧ろ適っています。

 

 

目下の人に対して使うにも当然ながら問題はなく、相手の性別や立場の如何を問わないので利用し易い言葉と言えます。

 

 

使われ方としては一般に、本文を終えた一連の文章の最後に含める形で使って、全体の締めの言葉にすると共に慈しみの意を示す形で使うものとなります。

 

 

暑中見舞いや寒中見舞いといった季節の変わり目に当たる挨拶の手紙やメール・年賀状のように形式を重んじたい挨拶文において、特に良く利用されます。

 

「くれぐれもご自愛ください」・「ご自愛くださいませ」等と、より丁寧な形で単独の文章としても活用出来ます。

 

 

流れの中で文章に含める場合は本文での使用も可能ですが、その場合は馴れ馴れしい印象を与えかねないので、締めで使うのが無難と言えます。

 

 

基本的には使い勝手が良い言葉だけに少々注意すべき事もあり、きっちりと使って慈しみの意を示したいところです。

 

 

最も注意したいのは、体調を気遣い相手が健康である事を望む意味合いを持つ事から、相手が既に体調を崩している事が解っている場合には適さないという点です。

 

この場合、「一日も早い回復をお祈りしています」といった表現に置き換えて使用を避ける必要があります。

 

 

また面識が薄い相手にビジネスメールを贈るといった場合で、相手の状況が良く解らないケースにも避けた方が無難と言えます。

 

更に丁寧な言葉でもある為、社内メール等で逐次活用したりすると、くどい印象を与える可能性も考えられます。

 

 

また注意したい表現として、「お体をご自愛ください」というものがあります。

 

自愛に自分の身体という意味合いが含まれる事から、言葉の重複となってしまい、適切な表現ではない用例となります。

 

 

ですが文章の流れの中で、比較的起こしがちな間違いでもあります。

 

ですので修飾語を付けたりする場合には少し意識して、「ご無理なさらないよう、ご自愛ください」といった表現で対応する必要があります。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

忖度とは・斟酌とは?意味の違いと使い方を説明!

 

OBとOGの違い・一体何の略?意味を説明!

 

改正・改定・改訂。意味の違いと使い分けを説明!

 

箇所と個所。意味の違いと使い方を説明!

 

留意と注意の違い・意味や使い方を説明!

 

よろしくお願い致しますとよろしくお願い申し上げますの敬語・違いは?

 

単相200Vと三相200Vの違い・見分け方を説明!

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ