甜麺醤が無い!代用できるものと作り方をご紹介

甜麺醤が無い!代用できるものと作り方をご紹介

回鍋肉や麻婆豆腐など、主に中華料理を作るのに使われる調味料が、甜麺醤です。

 

 

ただ、すでに料理を始めてしまった後に、買い忘れてしまったことに初めて気づくこともあると思われます。

 

かといって、甜麺醤をたった1瓶だけを購入するためだけに、スーパーへ足を運ぶのはかなり面倒ですよね。

 

 

今さら料理のメニューを変更するのは難しいので、甜麺醤の代用になるような別の調味料があれば助かるでしょう。

 

果たして、代用が可能なものってあるのでしょうか?

 

 

当記事では、甜麺醤の代用になるものと作り方を紹介していますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

甜麺醤が無い場合、代用できるものとは?作り方をご紹介!

 

ご飯によく合う中華料理、その代表格が回鍋肉と麻婆豆腐といえます。

 

 

回鍋肉は、肉や野菜を湯通しもしくは油通しをして、歯ごたえを残して加熱した後に再び鍋に戻して、調味料で味付けした料理です。

 

 

麻婆豆腐は、硬い豆腐もしくは水分を抜いた豆腐をお湯でゆで、その後辛味をつけた調味液の中に入れて加熱し、その後水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がる料理です。

 

 

この回鍋肉と麻婆豆腐がご飯と合うのは濃厚な味わいをしているからですが、その濃厚な味わいを支えているのが中国の調味料甜麺醤です。

 

 

甜麺醤は発酵食品の味噌の一種で、日本の味噌は大豆に塩と麹菌を混ぜて発酵させることによりできます。

 

しかし甜麺醤は大豆ではなく、小麦粉を使って発酵させてできる調味料なのです。

 

 

甜麺醤の場合、小麦粉を発酵させるときに使う麹菌が特殊なもので、その特殊な麹菌を使います。

 

そうすることによって、砂糖を使わなくても小麦粉のでんぷんを分解し、黒く濃厚でありながら甘みの強い調味料となるのです。

 

 

そのため甜麺醤は、中国料理を支える上で欠かせない調味料ではありますが…

 

家庭で使う場合には購入後使い切れなかったり、そもそも家に無いということが当たり前ということも多いといえます。

 

 

そこで家で回鍋肉と麻婆豆腐を作るときに、簡単に本格的な味わいを出す方法として甜麺醤を代用できる方法を知っておくとよいです。

 

 

その代用の方法で一番簡単なのは、やはり自作で近いものを作ってしまうことです。

 

 

その方法を説明しますと…

 

 

まず、日本の味噌を用意します。

 

できれば同じ種類の麹菌で発酵させた赤味噌を使い、そのほかに砂糖と醤油そしてごま油を用意し、まろやかさを出したいときには卵黄を用意します。

 

 

そしてこれらの材料を一度鍋にすべて入れて弱火で加熱し、砂糖が溶けて味噌が滑らかになったら出来上がりです。

 

 

もともと発酵食品なので保存性が高いのですが、さらに一度加熱しているのでより保存性が高く、大量に作っておいて煮沸殺菌したビンにつめれば冷蔵保存で1ヶ月もちます。

 

 

この代用甜麺醤をそのままご飯に乗せて食べたり、回鍋肉と麻婆豆腐だけでなく田楽など味噌を使う料理にはすべて使えるので、バリエーションの豊富な料理になります。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック