ピーピースカットを実際に使った感想…液状で使い方が楽【口コミ】

ピーピースカットを実際に使った感想…液状で使い方が楽【口コミ】

 

和協産業のパイプクリーナー「ピーピースルー」。

 

排水管の詰まりを解消する隠れた良品として、注目を集めています。

 

 

排水口の周りに粉状のピーピースルーをふりかけ、お湯を流すと発泡。

 

排水口内の頑固な油汚れを分解し、流してくれます。

 

 

そして、液体版ピーピースルーとも言える商品も存在します。

 

それが、「ピーピースカット」です。

 

 

普段はピーピースルーFを常備している私が実際に購入して、使ってみました。

 

口コミ記事を探している方は、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

排水管が詰まった状況は、こんな感じ

 

同じ商品を使っても、排水管の状態によってかなり違いが出るとは思います。

 

 

ピーピースカットやピーピースルーFを初めて使おうとしている場合…

 

排水管のつまり具合は、かなり深刻だと思われます。

 

 

私は普段、台所の排水溝へ何でもかんでも捨てているわけではありません。

 

 

たとえば、麺類などの汁は捨てていましたが…

 

具は全て食べたり取り除いたりと、詰まりにくいように気をつけていました。

 

 

しかし、完全には無理。

 

どうしても、残りカスのようなものが汁の中に混ざってしまいます。

 

 

時々、排水口に収める水切りカゴを取り出し…

 

ビニール袋をはめた手で、食べ物のカスなどを取り除いていました。

 

 

使用したフライパンの油は、キッチンペーパーで拭き取ります。

 

 

完全に拭き取るのは難しく、表面がテカテカな状態で洗うことに。

 

なので、どうしてもわずかな量の油は流していたと思われます。

 

 

こういった事の積み重ねか?

 

数ヶ月に1度、排水溝の流れが悪くなる時期があったのです。

 

 

具体的には…

 

10〜15秒ほど水を流しっぱなしにすると、排水口から水が逆流して溢れ出す。

 

そんな状態に。

 

 

蛇口を止めると、1分くらいかけてやっと水が流れ切る…といった感じ。

 

 

特に、1週間など長期で家を開けた後に水を流すと…

 

明らかに水の流れが悪くなり、こういった状況に陥った経験があります。

 

 

排水溝内の汚れが固まったのかは、わかりませんが…

 

普段は、「ピーピースルーF」を愛用

 

こんな状況がたまにあった中、アマゾンでピーピースルーFを発見。

 

 

近年ではテレビ番組でも取り上げられたらしいのですが、自分が初めて購入したのは2008年以降です。

 

 

以前は市販のパイプクリーナーを使っていましたが、スッキリ解決できない感じがあり…

 

度々排水管が詰まっていた気がします。

 

 

ピーピースルーFを注文し、実際に使ってみたら…

 

水を流した時に「ゴボゴボ」という大きな音を立ててから、明らかに水の流れがスムーズに。

 

 

それ以来、我が家には必ず1本ピーピースルーFを常備し続けています。

 

「ピーピースカット」を購入してみた

 

和協産業のピーピースカットを知ったのは、2019年。

 

アマゾンの商品ページによれば、商品の取扱自体は2012年からしていたようなのですが。

 

 

ピーピースルーFの効果は、抜群で助かるのですが…

 

唯一の欠点といえば、粉状なところ。

 

 

まず粉状のピーピースルーFをまぶし、お湯を沸かしてかける。

 

市販のパイプクリーナーと比べて、作業の数が多いのがちょっと面倒くさく感じるのも確かです。

 

 

滅多に使わないし、本当にちょっとした手間なので…

 

これくらい面倒臭がるなよ!…とは思うのですが。

 

 

そんな中…

 

アマゾン内で表示されるおすすめの商品の中に、ピーピースカットが。

 

 

商品の名称からしてピーピースルーを連想させたので、早速商品ページを確認。

 

ようは液状のピーピースルーであることを理解し、購入してみました。

 

「ピーピースカット」を実際に使ってみた感想・口コミ


パイプ洗浄剤 ピーピースカット 1kg

 

注文したピーピースカットが届いた時点では、排水管の流れに問題なし。

 

なので、そのまま使わず1ヶ月程度保管。

 

 

その後、台所の水の流れが悪くなったのを感じたので、ピーピースカットのボトルを開けました。

 

市販のパイプクリーナーのような、刺激臭は感じられません。

 

 

ボトルに書かれている使用量は、1回250グラム(ボトルの4分の1)。

 

 

市販のパイプクリーナーの中には、液に粘りがある商品も存在します。

 

一方、ピーピースカットは?

 

 

一見粘りがありそうな見た目でしたが、恐る恐るボトルを傾けてみると…

 

意外とサラッとしていて、液の流れが早い。

 

 

すぐにボトルを戻さないと、大量に出てしまいそうに。

 

数回小出しにするなど、意外と慎重さが求められます。

 

 

寝る前、排水口の周りにかけて放置。

 

 

起床後水を流すと、大きな音はしなかったものの…

 

スムーズに排水管の中を流れる水の音が。

 

 

見えない所の詰まりなので、実際にどんな状態に改善したは目視できませんが…

 

 

水の流れが、明らかにスムーズになっていました。

 

数十秒水を流し続けても、溢れたりしません。

 

 

過去に使ってきた、ピーピースルーFのような効果が発揮されていたと感じています。

 

 

今までにピーピースルーFを使ってきたが、手順を面倒に感じていた人。

 

市販のパイプクリーナーでは効果を感じられなかった人。

 

 

こういった人におすすめできます。

 

 

ちなみにピーピースカットの主な成分は、水酸化ナトリウムと水酸化カリウム。

 

 

(※ピーピースルーFの主成分は、オルトケイ酸ナトリウム・過炭酸塩・水酸化ナトリウムなど)

 

 

成分の違いに関しては、素人の私には語りようがないです。

 

 

また、ピーピースルーFと比較した実験を期待しているのなら…

 

正直言って、そんなことは難しいです。

 

 

家のパイプは、この動画のようにガラス張りではないですし。

 

 

もし、胃カメラのようなものを使って本格的に撮影したような記事があれば…

 

それを見ていただくしかないわけですが。

 

 

ですが実感としては、ピーピースルーFと同等の効果が得られたと感じています。

 

ピーピースカットはピーピースルーFよりもお買い得?

 

ピーピースカットとピーピースルーFは、どちらも4回分の量が入っています。

 

ですが、この2つは購入価格に結構差があります。

 

・ピーピースカット … 1001円(参考価格:1404円)

 

・ピーピースルーF … 1488円(参考価格:2160円)

 

※2019年7月時点のアマゾン価格です。

 

 

同じ効果で同じ回数使えて、価格が1.5倍ほど違うとなると…

 

ピーピースカットのほうが良さそう、と思えます。

 

 

また、手軽さを考えると…

 

これら2つあったら、どうしてもピーピースカットに手が伸びてしまうのも確か。

 

 

なので、ピーピースルーFは?というと…

 

もしもの緊急用として、保存されっぱなしの状態になってしまいました。

 

 

ピーピースルーFを売ってるお店って、少ないながらも存在はするのですが。

 

ピーピースカットは、お店で見かけたことがありません。

 

 

必死に探せば、どこかにあるのかもしれませんが…

 

ネット通販を使ったほうが、断然楽に入手できると思います。

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加