休日に起きられない原因と対策方法

休日に起きられない原因と対策方法

休日に起きられない原因と対策方法

平日は仕事や学校へ行くために朝起きられるのに、休日になるとなぜかいつもの時間に起きられない…ということはないでしょうか?

 

なかなか布団から外に出れなかったり、グッスリ寝入ってせっかくの休日の時間を浪費してしまったり。

 

 

特に一人暮らしの方は起こしてくれる人がいないので、貴重な休日をほとんど寝て過ごしてしまった…なんて人もおられるでしょう。

 

 

これには、何か原因があったりするのでしょうか?

 

この記事では、その対策方法もご紹介しています。

休日に限ってなかなか起きられないのはなぜ?原因と対策方法をご紹介!

 

現代人は日々忙しい毎日を送る人が多く、昼夜逆転する生活も珍しくなくなってきています。

 

仕事の日と休みの日が定まっていない人も多く、生活リズムを整えることさえも一苦労です。

 

 

そのため、仕事の疲れなどから休日になかなか起きられず、一日寝て過ごしたという経験のある方も意外と多いようです。

 

 

しかし、せっかくの休日ということもあるので、出来れば充実した一日を過ごしたいものです。

 

そこで、休日に起きられない原因や起きる方法などを、基本的なことから知るようにしましょう。

 

 

休日に起きられない一番の原因は、生活リズムの乱れです。

 

 

人間の体内時計は25時間をサイクルとしていて、それは睡眠や朝日を浴びることなどによってリセットされ、上手く調節されるようになっています。

 

 

そのため、日々忙しい毎日を過ごすなどして生活習慣が乱れてしまうと、体が規則正しく休まらないことに繋がり、それを補うために休日を睡眠時間に多く使ってしまうことになります。

 

 

これの対処法としては、なんといっても生活リズムを整えることが重要になりますが、現代の生活において規則正しい生活を続けることは難しいです。

 

そこで、何か一つだけでも習慣にしておくことを定めておくと効果的です。

 

 

たとえば、朝は必ず朝日を浴びることや、朝ごはんを食べることなどが挙げられます。

 

こうすることによって、どんなに生活リズムが乱れそうになっても、そこで一旦リセットすることが可能になります。

 

 

体調不良が原因の場合も考えられます。

 

その場合は体が睡眠を欲している可能性もあるので、無理して起きず十分な睡眠を取ることが優先されます。

 

 

ただ体調不良といっても、睡眠障害や精神障害といった、体で感じにくい病気の場合もあります。

 

その場合は、速やかに医療機関へ相談するようにしましょう。

 

 

普段の睡眠時間が十分でないという可能性もあります。

 

 

特に日本人は、世界においてもトップクラスで寝ない人種として知られています。

 

ほとんどの人はそれぞれの適正な睡眠時間が取れておらず、これでは休日に起きられないのは当然ともいえます。

 

 

毎日十分な睡眠時間を確保することは難しいですが、日頃から意識して出来るだけ睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

 

普段の睡眠の質や環境を整えることも大切です。

 

 

これらが整っている人は、たとえ短時間の睡眠でも体をスッキリさせることができ、毎日を快適に過ごせています。

 

休日を無駄にしないためにも、まずは質の良い睡眠ができるような環境作りから始めましょう。

 

 

とはいえ、上記の内容を習慣化させるのには時間がかかります。

 

次に迫っている休日に早く起きる方法としては、ありふれてはいますが目覚まし時計を使うことを推奨します。

 

 

もし、普通の目覚まし時計で起きられない方は…

 

アラーム音が鳴るタイプではなく、光を発するタイプはいかがでしょうか?

 

 

「アラームの音に慣れてしまい、起きられない」

 

「急に大きなアラーム音が鳴るのが苦手。びっくりするし、ストレスに感じてしまう」

 

 

また、「住んでいる場所が集合住宅で、大きなアラーム音が出せない」という方もいるのではないでしょうか。

 

 

私自身、そういった環境だったりするのですが…

 

 

そういった場合は、以下の方法を試してみてはどうでしょうか?

 

アラームの音が苦手な方。光目覚まし時計で、ストレスを感じることなく起きる!



 

睡眠専門医が推奨している商品に、「光を発する目覚まし時計」というものがあります。

 

けたたましいアラーム音を出すことなくに光で目覚めさせてくれますから、ストレスを感じずに起きられるでしょう。

 

 

我々が起きるためには、目覚めを促す物質「セロトニン」を体の中に発生させなければいけません。

 

目覚まし時計が発する光を浴びてセロトニンが発生すると、ストレスを感じることなく自然に起きることができるのです。

 

 

カーテンを閉め切って部屋が暗い状態でも、あらかじめ設定した時間が来ると光目覚まし時計によって起きることが可能です。

 

 

もしこの光目覚まし時計を毎日使用し効果を感じることができなかったとしても、3ヶ月以内なら返品も可能です。

 

購入代金も、全額返してもらえますから安心です。

 

 

使っているうちに故障したとしても、1年間は保証がききますので大丈夫。

 

代引き手数料が無料で、送料も無料です。

 

 

まず、お試しとして取り寄せてみても損はないと思われます。

 

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)



ホーム RSS購読 サイトマップ