務める・勤める・努めるの使い分け。意味と違いを説明!

務める・勤める・努めるの使い分け。意味と違いを説明!

 

まず「務める」という言葉の意味、説明ですが、この「務める」の場合には、例文としては「学校の役員として務める」というような使い方が出来ます。

 

 

一方で、「勤める」、この言葉の意味の場合には、よく使用される言葉に「勤務」という言葉があるように、またこの「勤務」という言葉に使用されているように、「仕事を勤める、仕事に懸命に勤める」と言った意味があり、仕事などの関連として使われることがとても多い言葉となっています。

 

 

意味の違いとしては、「勤める」というものが、「会社などや企業」での「勤労」といったものに対して、一方で「務める」というものは「任務」的な役割を持った意味合いで使用されることが多い言葉、となっています。

 

 

例文的にも上記のように、学校の役員としてなど、金銭が発生しないような段階の際に使用がされる言葉として使用される傾向にあります。

 

そして「努める」の場合には、とても分かりやすく、また字体的にも「努力」という文字の「努」が入っていることから想像がつきやすいものですが、「努力を行う」という意味合いで使用がされます。

 

 

例文としては「物事の解決に努める」といったような意味合いで使用されることが多く、そこには「努力を行う」という意味合いが含まれている点が多いです。

 

こうして、3つの「つとめる」というまったく同じ読み方を比べてみても、「務める」の場合には、任務として利用されることが多く、努力などはあまり強調される点などが印象的には少なく、「自分がすべきこと」として使用される例が多い言葉、となっています。

 

 

一方で、「勤める」の場合には、「勤続する」などの言葉のように、会社や企業などに貢献することによって、お金を得る、「勤務を行う」などの意味合いとして使用されることが多いもの、となっています。

 

 

お金が発生する、勤務をすることで、お金を得ることが出来る、こうした意味合いの上で使用されることが多い言葉となっており、この点がその他の2つとは、かけ離れた意味合いで使用されることが多いもの、となっています。

 

 

そして、「努める」は、「努力を伴い行うこと」このような意味合いで使用されることが多く、例文的にも「努力して行う」といった意味合いで、困難などに耐えて、自分自身や他者のために「努める」といった意味合いでの使用となります。

 

 

違いとしては、ややこしい、このような3点ですが、「努力」という言葉としての意味合いが最も強いものとしては、この「努める」が最も分かりやすいものであり、他は、上から「任務的なもの」「勤労的なもの」という意味合いを持っている言葉たちです。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加