ご尊父とは・ご母堂とはどんな意味?読み方は

ご尊父とは・ご母堂とはどんな意味?読み方は

 

普段の生活ではほとんど使う機会がなく、冠婚葬祭において聞く独特の言葉が存在します。

 

「ご尊父」や「ご母堂」といった言葉も、それに含まれます。

 

 

しかし聞いた時には意味がわからず、結局その疑問を家まで持ち帰ってしまった…

 

という人もおられるのではないでしょうか?

 

 

そんな方のために当記事では、上記の言葉の意味と読み方をあらためて確かめてみました。

 

スポンサーリンク

「ご尊父」と「ご母堂」。それぞれの意味は?使い方や読み方を説明!

 

弔辞や弔電などで、よく「ご尊父」や「ご母堂」という言葉を目にしたり耳にする機会があると思いますが、これらの意味や使い方はどのようなものになるのでしょうか。

 

 

それぞれの読み方は、「ごそんぷ」「ごぼどう」となります。

 

 

まず、ご尊父(ごそんぷ)の意味を説明します。

 

 

ご尊父とは、相手の父親の事を敬う際に使用する「尊父」という言葉に、敬意の「ご」を添えた表現です。

 

つまりは、日常的に使うところの「お父様」と同様の意味になります。

 

 

これは、現在では日常生活の中で使われる一般的な言葉ではなく、喪中の葉書を出す際・弔電を打つ際・お悔やみの席などの中で使われる言葉となります。

 

特に弔電では、文頭に用いる場合が多いようです。

 

 

例文としては、「ご尊父様の突然のご訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。」などという使い方をするのが一般的です。

 

 

あくまでも豆知識ですが…

 

「ご尊父様」と表現する場合、実はいわゆる三重敬語となるのです。

 

 

尊父という言葉自体が敬語な上、「ご」をつけて、最後には「様」までつけているからです。

 

しかしこれは決しておかしな表現ではなく、一つの単語であると捉えて一般的に使用されています。

 

 

次に、ご母堂(ごぼどう)の意味を説明します。

 

 

ご母堂とは、他人の母親の事を表現する際に尊敬の念を込めて使う言葉です。

 

 

日常的に使う「お母様」と同様の意味になります。

 

ご尊父と同じように、弔電やお悔やみの席などで用いられます。

 

 

例文としては、「ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます」などという使い方をします。

 

 

またご尊父と同様、「母堂」という言葉自体が既に尊称ですが、「ご」と「様」を更に加えています。

 

 

通常は、敬語を重ねて使う表現は正しくありません。

 

しかし相手を非常に敬い、まるで雲の上の存在のように思っている時などは、一つだけの敬語では言い表せないと思う時があります。

 

 

その際には尊敬語を重ねて、相手に対する敬意を表します。

 

ご尊父やご母堂という表現も、それに当たります。

 

 

大人へと成長するにつれ、冠婚葬祭への出席の機会も増えていきます。

 

それぞれの催事ならではの言葉の意味を知っておくことで、今後役に立つ機会も多いでしょう。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加