概要とは?意味と例を説明!

概要とは?意味と例を説明!

 

「概要」とは、「あらまし」のことを意味します。

 

 

使い方としては、少し難しい意味になるのですが、例えば何かの長編小説の物語の内容を、短くまとめたもの、これを「概要」と呼ぶことがあります。

 

概要とは、細かい部分を切り捨てた重要な部分だけを残したものであり、おおまかな説明をしてくれるもの、またはしてあるもの、これらをそのように呼んでいます。

 

 

例えば例文で言えば、「この論文の概要を説明させていただきます。」「この物語の概要を説明させてもらいます。」といったように、こうした形で、長いもの、または少し分かりづらいもの、こうしたものを、他者が理解しやすいように、短く説明したもの、おおざっぱに短く、あらましだけを残したものをこのように読んでいます。

 

 

上記のように、使う際には、全ての文章などを読むことはなく、その小説なり論文なり、こうした長いものに対して、あらましだけを残した形となるので、「この小説はどういった内容であるのか?」という疑問や「この論文はどのような内容になっているのか?」といった他者が気になっている点を、短くまとめてくれているもの、とも言えます。

 

 

こうしたことから、例えばとある論文などを教授の前で発表する前に、こうした概要をまずはお話しすることで、教授やその他の生徒さんから、「このような内容の論文をこれから発表するのであるのか」といった理解を得ることが出来ます。

 

 

また、少し特殊な例ですが、よく小説家になりたいと考えている学生さん、中高生さん、このような方々がおられますが、このような小説の応募の際にも、「概要」というものは必要になってきます。

 

 

これは、あまりにも膨大な数の小説が応募されてくる際に、まずはこの「概要」をしっかりと書けているのか、まとめられているのか、と言った点でも、非常にその人の文才、小説家としての能力、才能というものが分かるとされているため、ここの部分だけを読んで、本編の小説は読まない、とされている審査員の方々も多い、とされています。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加