忖度とは・斟酌とは?意味の違いと使い方・例文を紹介!

忖度とは・斟酌とは?意味の違いと使い方・例文を紹介!

 

「忖度(そんたく)」と「斟酌(しんしゃく)」、これらの言葉の意味には、どんな違いがあるのでしょうか?

 

どちらも日常会話の中で使うことはまずありませんから、これらの言葉自体知らない方もいるかもしれません。

 

 

テレビなどのニュースではわかりやすい言葉が使われがちですので、まず見かけることはありませんが…

 

新聞などの活字メディアでは見かける機会がありますので、どんな意味なのか興味を持った方もいるのではないでしょうか?

 

 

忖度・斟酌とは、それぞれどういった状況や場面で使うのでしょうか?

 

 

当記事では、これら言葉の意味の違いや使い方を、例文を挙げて説明しています。

 

スポンサーリンク

「忖度」と「斟酌」の意味は?違いと使い方・例文を紹介!

 

「忖度(そんたく)」の意味を辞書を調べてみると、「他人の心を推し量る事」と書いてあります。

 

「推し量る」とは、ある事柄を元にして見当をつけたり推測をする事です。

 

 

つまり忖度とは「他人の心を他の事柄を基本にして推測する」という意味です。

 

 

これは、使われている漢字の語源を調べると非常に分かりやすいです。

 

 

まず「忖」は「はかる」という意味があります。

 

忖という文字は、心と寸が二つ組み合わさって出来た漢字です。

 

 

「寸」には、「長さをはかる」という意味があるのです。

 

 

つまり忖は心をはかるという意味があり、人の気持ちを推測するという意味になります。

 

 

次に「度」ですが、この文字には「物差し、はかる」という意味合いがあります。

 

なので、この二つの漢字が合わさった「忖度」という言葉は、なにか基準となるもので他人の心をはかるという意味になります。

 

 

もっと分かりやすく言えば「相手の心や本音を物差しではかる」と理解しておくと分かりやすいです。

 

 

この言葉を使った例文としては…

 

 

「これは、大統領の考えを忖度した内容の新聞記事である」

 

「上司の心の内を忖度したうえで前もって数々の仕事を処理していった」

 

「作家の意図を忖度してみる」

 

 

…などが挙げられます。

 

 

注意しなければならないのは、この言葉に行動は含まれないという点。

 

あくまでも、「心で推察する」という意味しかないということです。

 

 

一方「斟酌(しんしゃく)」の意味ですが、これも辞書で調べてみると、第1に、「相手の事情や心情をくみする事」また「くみ取って程よく取り計らったり、手加減する事」。

 

 

第2に、「あれこれ照らし合わせて、適当に取捨選択する事」。

 

第3に、「言動を控えめにしたり、差し控える事。遠慮する事。辞退。」となっています。

 

 

漢字の語源を調べてみると、「斟」は「分量を探って、計りながら汲む」事という意味から来ています。

 

「酌」は、「酌で汲み上げる」という意味があり、これはお水やお酒の分量を量って汲み分ける事から来ています。

 

 

なので、この二つの漢字が合わさった「斟酌」という言葉は、「程よく物事を行う」という意味や、「相手の意を汲んであげて、物事を行う」という意味になります。

 

 

そこからさらに派生して、「言動を控えめにする」「遠慮する」という意味にもなっていきました。

 

 

この言葉を用いた例文としては…

 

 

「事情を斟酌して決定する」

 

「斟酌せずに断行する」

 

「我々には、相手の気持ちを斟酌している余裕など全然なかった」

 

 

といった使い方が出来ます。

 

 

「忖度」と「斟酌」の違いは、何かというと…

 

 

二つとも「相手の事を思いやる」という意味合いはありますが、単純に相手の心情を推し量っているのが「忖度」で、こちらのほうが推測という意味合いが大きくなります。

 

 

そして相手の心情を推し量った上で、それを汲み取って何か処置をするのが「斟酌」になります。

 

 

日々のニュースや新聞では、「更迭」「解任」「罷免」といった言葉を当たり前のように見かけます。

 

 

今更説明するまでもなさそうですが…

 

これらの違いって、はっきり説明できるでしょうか?

 

 

こちらの記事ではそれぞれの違いと使い方を説明しておりますので、読んでみてはいかがでしょうか?

 

更迭・解任・罷免とは?意味の違いと使い方を説明!

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加