ゼネコンとは?サブコンとは?意味の違いを簡単に説明!

ゼネコンとは?サブコンとは?意味の違いを簡単に説明!

 

主に建築関係の記事でよく見かける言葉に、「ゼネコン」があります。

 

 

ですが、ニュースや新聞などで当然のように使われているこの言葉。

 

ニュース好きな人の中では知っていて当たり前と思われているようで、改めて説明している媒体を今まで一度も見たことがありません。

 

 

ですが業界人でもないし、日常生活の中で使われるような言葉でもないし、教わる機会もないわけで…

 

今さら聞けない…と、悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

 

 

さらに「サブコン」という言葉もあるのですが、これに至ってはメディアでもめったに見かけません。

 

 

ゼネコンとは?サブコンとは?

 

それぞれ、どんな意味なのでしょうか?

 

 

以上2つの違いについて、この記事で簡単に説明しています。

 

スポンサーリンク

ゼネコンとは?サブコンとは?意味と違い・使い方を簡単に説明!

 

「ゼネコン」と「サブコン」それぞれの意味と、違いとは…

 

 

まずゼネコンは、英語「General Contractor」の略称です。

 

日本語に意訳すると、「総合建設業」になります。

 

 

対してサブコンは、ゼネコンの下請け業者です。

 

この言葉は、建築業界・土木業界でよく使われる言葉です。

 

 

建築した建物には内装・換気扇・スプリンクラーなど、色々な設備があります。

 

電気、排水や水道などの設備もあります。

 

 

これら様々な設備をそれぞれ専門に担当する下請け業者が、サブコンなのです。

 

 

ゼネコンは、全体の作業を管理しています。

 

たとえばその建物の電気工事が完了していなければ、内装はできません。

 

 

電気工事がいつ完了するか、内装はいつから行えばいいかなどを把握するのが、ゼネコンです。

 

把握した上で、その業者間の調整をします。

 

 

また、工程管理や品質管理もします。

 

材料管理や原価管理もしますし、安全管理なども行います。

 

 

品質管理とは、設計図の通りに間違いなく出来ているかを確認することです。

 

原価管理とは、予算の範囲内で工事が出来るようにすること。

 

安全管理とは、事故が起こらないよう対策をとることです。

 

 

サブコンとゼネコンとの違いを、改めて簡単に説明すると…

 

 

前者は、建築した建物の色々な設備を担当します。

 

後者は、全体を把握してその業者間の調整をしたり、様々なことを管理します。

 

 

ゼネコンに勤める人は、サブコンの人だけでなくフローリング屋や塗装屋など色々な職人にも対応しなければいけません。

 

現場で作業している、その道のプロとのコミュニケーション力がより求められます。

 

 

これらの職人にきちんと対応するため、図面などを読み把握しておく必要があります。

 

図面だけでなく、現場と見比べることも大事です。

 

 

ゼネコン勤務を通して多くの知識を得た後、大学の教授に就任している人も中にはいます。

 

ですが現場作業における専門的な知識や技術においては、当然ながらサブコンの人や職人の方が上でしょう。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加