適正とは?適当・適切との違いや意味・使い方を説明!

適正とは?適当・適切との違いや意味・使い方を説明!

 

「適正」「適当」「適切」。

 

これら3つの言葉に、意味の違いはあるのでしょうか?

 

 

特に適当と適切には意味が似ていることもあり、使い分けるのが難しい場合もあるでしょう。

 

 

これらは、それぞれどんな使い方をするものなのでしょう?

 

以下の部分では、上記3つの言葉の意味や違いをを説明しています。

 

スポンサーリンク

適正・適当・適切。これらの意味にはどんな違いがある?使い方を説明!

 

まず適当とは、「ある条件、目的などにうまくあてはまること」の意味です。

 

 

「この金額には適当な金利なので、こちらも受け入れることにした」などというように使われます。

 

また、「ほどほど」「いい加減」という意味もあります。

 

 

適切とは、「状況、目的などにぴったりとあてはまること」を指しています。

 

 

「この城に対する、適切な攻略法を誰か考えてくれ」などのように使われています。

 

また、「ほどほど」や「いい加減」といった意味はありません。

 

 

適当の方が適切よりも、範囲が広く、ある程度の幅があります。

 

 

適正という言葉の中には、適当や適切といった意味も含まれています。

 

しかし、適性の中にはそれらの他に、「正しい」といった意味も含まれています。

 

 

適正という言葉を使うときには、「適正基準に合致した商品を作ることを指導される」というように、何らかの基準や目安が存在します。

 

そこから逸脱すると、「適正ではない」と判断されます。

 

 

これらの言葉は、「目的や条件にあてはまる」という意味で使われることが多いです。

 

ほとんど意味は同じなので、辞書などでも厳密に区別されているわけではありません。

 

 

また、文章上での使われ方でも、区別しなければならないことは滅多にありません。

 

 

しかし、あてはまるという意味合いは同じでも、3つの単語では範囲が異なります。

 

緩いものから非常に厳密になるもの、または別の意味合いや要素が加わるものもあります。

 

 

まず、一番範囲が広いのは「適当」であり、ある程度の幅や自由裁量が許されている状態で使われます。

 

 

「適切」に関しては、これは「過不足なくあてはまる」という意味になるので…

 

幅や自由裁量はほとんど認められておらず、非常に厳密になります。

 

 

「適正」となると、多少意味合いは変わります。

 

 

この場合は、「条件や目的にあてはまる」という意味は同じですが…

 

そこに基準やルール、場合によっては法による規定なども入ってきます。

 

 

ですので、より厳格になると同時に「違法と合法」「違反か違反していないか」といった、何らかの価値基準や善悪の基準が入ってきています。

 

 

日本語の単語には1つ1つに意味があり、辞書によって説明されています。

 

しかし基準があいまいであったり、意味が同じような単語も数多くあります。

 

 

混乱を避けて正しい単語を使った文章表現をするためには、辞書で調べるのも有効ですが…

 

オンライン上では詳しい情報が配信されていますので、情報収集が推奨されます。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加