彫刻刀の種類・名前を紹介!全鋼製と付鋼製の違いとは?

彫刻刀の種類・名前を紹介!全鋼製と付鋼製の違いとは?

 

小学校の版画の授業などで彫刻刀を使う機会があり、購入することになっているご家庭は多いのではないでしょうか?

 

 

彫刻刀は1種類ではなく、お店によっては単体で販売されていないケースも。

 

最低でも、5種類セットで売られている事が多いです。

 

 

これらをどうやって使いこなせばいいのか、戸惑うお子さんもいるかもしれません。

 

 

また、材質は全鋼製と二層鋼製(付鋼製)の2種類あり、価格にも差があるというのですが…

 

一体、どんな違いがあるというのでしょうか?

スポンサーリンク

彫刻刀の種類と名前を紹介!

 

彫刻や版画で使う彫刻刀は、繊細な切削加工をするための道具です。

 

柄に利用される素材は檜や朴が多いですが、他の素材が使われることもあります。

 

 

小学生が使うような安価な製品の場合は、柄を張り合わせずに刀身を打ち込んだ製品も多いです。

 

彫刻刀には様々な種類があり、種類ごとに特徴があります。

 

 

刃先の形状から名前が付いていて、「切り出し刀」「丸刀」「平刀」に加えて、「三角刀」がよく使われています。

 

あまり知られていませんが、他に「曲がり刀」や「両刃」「見当ノミ」「さらいノミ」もあります。

 

 

浮世絵が流行った時代によく使われていた切り出し刀は、刃先が斜めの形状をしています。

 

 

平刀は断面が平坦になっていて、反面を浅く彫る技法を使うときによく利用されます。

 

刃裏を上にして使用すると、板に刀が食い込まないです。

 

 

丸刀を使ってできた彫り跡を削って、平らにしていきます。

 

 

丸刀は断面が半円で、刃の幅狭いタイプは細く彫ることができます。

 

刃の幅が広いタイプは、不要な部分をさらう時に便利です。

 

 

三角刀はV型の断面が特徴で、直線的な線を彫るのに使われます。

 

刃先を版面に深く入れれば太い線を出すことができ、浅く入れると細い線を彫れます。

 

 

全鋼製と二層鋼製(付鋼製)の違いとは?

 

彫刻刀の材質は、大きく分けて全鋼製と二層鋼製(付鋼製)があります。

 

 

全鋼製は、一般的な鋼を使っています。

 

少々耐久性に劣りますが、通常の使用であれば十分です。

 

 

手に入れやすい材質なのでコストパフォーマンスが良く、安い価格で販売されているケースが多いです。

 

 

二層鋼製(付鋼製)は二層の金属が合わさったもので、下層に特殊鋼という非常に硬い材質が使われています。

 

上層は軟鉄が使われ、耐久性も優れています。

 

 

全鋼製の彫刻刀と比べると製造するのに手間がかかるため、価格は必然的にやや高くなります。

 

 

二層鋼製(付鋼製)は優れているものの、水分や汗には弱いです。

 

水分や汗が付いたまま放置するとサビが出る可能性があるので、使った後は乾いた布で水分を拭き取っておきます。

 

 

使っていると、刃は劣化します。

 

使っていない場合でも、手入れをしないと酸化して錆びることがあります。

 

 

刃に問題がある場合は、刃先を研ぐか新しいものと交換します。

 

 

彫刻刀を使う場合は、先端や進む方向に手を置いたり人に刃先を向けることは厳禁です。

 

作業をする場合は常に自分の手がある位置を意識し、周囲に人がいないか確認してから作業をすることが大事です。

 

 

彫刻刀の価格は、柄の材質やデザインなどによって変わります。

 

セットで売られているものが多いですが、単品でも販売されています。

 

 

1本あたり1000円前後で、セット販売よりも価格は高めです。

 

刃や柄に質の良い材料を求めれば、価格が高くなります。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック