悪と仮面のルールのネタバレ・あらすじ!原作小説が映画化

悪と仮面のルールのネタバレ・あらすじ!原作小説が映画化

悪と仮面のルールのネタバレ・あらすじ!原作小説が映画化

中村文則さんの小説「悪と仮面のルール」が、映画化されることが明かされました。

 

2018年内に公開される予定です。

 

 

玉木宏さんが主人公・久喜文宏(新谷弘一)の役を担当することになった、こちらの映画ですが…

 

原作に選ばれたこの小説は、どんな内容や結末なのでしょうか?

 

 

ここから下の部分には、「悪と仮面のルール」のあらすじがネタバレされております。

 

あらかじめストーリーを知ること無く映画館へ向かおうと考えている場合は、この先は読まない方が無難だと思われます。

スポンサーリンク

映画化決定!原作小説「悪と仮面のルール」のあらすじ。ネタバレには注意!

 

中村文則原作のサスペンス小説「悪と仮面のルール」のストーリーは、主人公・文宏が父親に呼び出される所からスタートします。

 

 

父親の久喜捷三は酒に酔い、「お前が14才になったときに地獄を見せる」とまだ11才の息子に告げます。

 

父とはいっても文宏は、捷三が60才の頃の子供であったため、孫と祖父という程年齢が離れていたのでした。

 

 

久喜家には、悪を成すために子供を作るという恐ろしい風習がありました。

 

晩年の当主が、世を不幸で満たすのがその目的でした。

 

文宏は、「邪」になるために作られた子供だったのです。

 

 

久喜家のいう邪とは、ちっぽけな犯罪者とは比べ物にならない程の悪の事を言います。

 

例えるなら、世の中を混乱に陥れるカルト集団の教祖や、戦争を影で操るような裏社会の権力者の事です。

 

 

久喜家の当主によって教育され絶え間ない暴力と飢え、大切なものを傷つけられる絶望を与えられ地獄を見せることによって、世界を憎む邪へと成長させられるのです。

 

 

父は酒の勢いで、気まぐれに文宏に告げたのでした。

 

 

ある日、父は香織という少女を養子として久喜家に迎え入れます。

 

まだ幼い文宏でしたが香織と一緒に暮らすうち、彼女に恋心を抱き始めます。

 

 

父の手回しによって、小学校の頃からずっと同じクラスで過ごした香織。

 

彼女と文宏は常に行動を共にし、いつしか二人は体を重ねあう仲になりました。

 

文宏にとって香織は、何物にも代えがたい存在となっていきます。

 

 

文宏の14歳の誕生日。

 

既に香織が、息子に地獄を見せるため父によって辱められていたことを知ってしまいます。

 

 

さらに、15歳・16歳の時にさらなる地獄を見せられることを知った文宏。

 

彼は絶大な父から逃れるため、そして香織を守るために、老齢の父をさつ害することを決意します。

 

 

屋敷には秘密の地下牢があり、父が度々一人でその部屋に向かう事を知っていた文宏。

 

彼は、そこに父親を閉じ込める計画を思いつきます。

 

 

計画を実行しようと父の後を追い、地下室のドアを固定しようとしたその時。

 

不意にドアが開き、目の前に父が現れます。

 

驚いた文宏は、とっさに父を突き飛ばします。

 

 

ですが、全てを悟っていた父。

 

文宏に対し「自分を生かしておけば必ず香織を損なう事になり、自分の命を損なえば、その事によって地獄を見るであろう」と言います。

 

 

さらに「今後あらゆる時に自分の手が汚れてしまっていると気付き、真っ当には生きられないだろう」

 

「邪を避けようとして。邪になるだろう」と言い残すのでした。

 

 

香織を守るため、予定通りに父を閉じ込めてこの世から消した文宏。

 

 

ですがその後やせ衰えた父の幻覚に苦しみ、自分自身もげっそりと痩せ細った文宏の顔は、父とそっくりに変貌してしまうのです。

 

それが更に、文宏を絶望へと追いやります。

 

 

あれほど愛し合っていた香織が、捷三にそっくりになってしまった文宏を拒絶するようになってしまうのです。

 

そして高校進学を機に香織は屋敷を離れ、文宏の心は次第に壊れ始めます。

 

 

時がたち、一度は自さつも考えた文宏でした。

 

ですが、久しぶりに香織に再会したことによって、影ながら香織を守り続けることを決意します。

 

 

手術によって顔を変え、新谷弘一という新しい身分を手に入れた文宏。

 

彼は、父が雇っていた探偵の榊を雇い香織の事を調べさせ、彼女の害になる者を排除していきます。

 

 

そのうち、同じように邪として育てられた兄弟が現れます。

 

久喜家の分家に当たる伊藤家の亮佑と、捷三の次男である幹彦です。

 

 

亮佑はテロ集団とは名ばかりのイタズラばかりをする「JL」のメンバーでした。

 

ですが幹彦は父親に似ていて、軍事関係の会社の筆頭株主であり、世界戦争すら引き起こすことのできる影の権力者でした。

 

 

彼は捷三が損なう事ができなかった香織に興味を持ち、彼女を薬漬けにして所有物にすることを文宏に提案します。

 

何としても幹彦の手から香織を守るため、幹彦を消すことを決意する文宏。

 

 

さつ害するために幹彦のマンションを訪れた文宏は、幹彦の目的が世界戦争を引き起こして全てを破壊することにあると知ります。

 

自分の真の目的を文宏に話すうち異常に高揚した幹彦は、文宏の手にナイフを持たせ自分を消すように命じます。

 

 

この恍惚とした状態のまましにたいと話す幹彦は、もはやどうしようもなく狂ってしまっていたのです。

 

しかし文宏はそれを断り、今までの会話を録音していたことを幹彦に告げます。

 

 

さらに幹彦の邪悪な政治活動を裏付ける資料を目の前に突き付け、バッグから伊藤より預かった爆弾を取り出してスイッチを押すかどうかを幹彦に選ばせるのでした。

 

 

結局幹彦が爆弾を止めるためにスイッチを押す事はなく、そのまま自室で爆ししてしまいます。

 

 

彼が資金を提供していたテロ集団・JKも、メンバーの一人が逮捕された事によって消滅へと向かい、香織に付きまとっていた久喜家の人間はいなくなったのでした。

 

 

新谷として再び香織に会いに行き、文宏は今では結婚して子供をもうけて幸せに暮らしていると伝えます。

 

香織だけが生きる支えであったと伝える文宏は、彼女もまた同じ気持ちであったことを知るのでした。

 

 

以上、中村文則さんの書いた小説「悪と仮面のルール」のあらすじをネタバレいたしました。

 

2018年に公開される予定の映画内容と、全てが同じ展開を辿るとは限りませんので注意です。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ