ハリーポッターで死んだ人は?死亡した登場人物と死因一覧

ハリーポッターで死んだ人は?死亡した登場人物と死因一覧

 

ハリーポッターシリーズには、実に多くの登場人物がいます。

 

 

ヴォルデモートや死喰い人(デスイーター)が暗躍しているからか、争いが絶えず死んだ人も出ています。

 

しかも、かなりの死者がいます。

 

 

この記事では、作中で死んだキャラクターや死因を一覧にしてご紹介しています。

 

このページの目次
  1. ハリーポッターシリーズの死者が多すぎ!死んだキャラクターと死因一覧

スポンサーリンク

ハリーポッターシリーズの死者が多すぎ!死んだキャラクターと死因一覧

 

ハリーポッターシリーズの中で死んだキャラクターは、かなり多いです。

 

まずは死んだ登場人物の一覧を挙げ、その後は彼らの死因を説明しています。

 

ヴォルデモート

 

ハリーポッターの居場所を突き止め、襲撃します。

 

ハリーに死の呪文をかけますが、母・リリーの防護魔法に跳ね返されて自滅。

 

 

すでに自分の魂を分霊箱(ホークラックス)に分けていたため、肉体を失っただけで生き延びていました。

 

その後、「炎のゴブレット」で復活。

 

 

「死の秘宝・PART2」でのホグワーツの戦いの終盤、ハリーポッターに死の呪文を放ちます。

 

 

しかし持っているニワトコの杖は、現在はハリーの所有物となっていました。

 

彼に向かってかけた死の呪文が跳ね返って自ら浴び、自滅する形で滅びてゆきました。

 

アルバス・ダンブルドア

 

ドラコ・マルフォイに武装解除された後、スネイプの放った死の呪文を受けて死亡。

 

シリウス・ブラック

 

魔法省神秘部の中で、死喰い人(デスイーター)達と戦闘に。

 

ベラトリックスが使った死の呪文を受け、側にあった死のアーチの中に吸い込まれるように入り、そのまま絶命しています。

 

リリー・ポッター

 

ヴォルデモートの放った死の呪文を、息子・ポッターを守り受けて絶命。

 

 

ポッターは、リリーが命がけで発した保護魔法により守られます。

 

それにより死の呪文を跳ね返されたヴォルデモートは自爆し、肉体を失っています。

 

ジェームズ・ポッター

 

ハリーポッターの父親。

 

自分の家族の住処を襲撃したヴォルデモートに立ち向かい、死亡します。

 

ゲラート・グリンデルバルド

 

ファンタスティック・ビーストシリーズの宿敵。

 

 

原作小説には、死亡するシーンがあります。

 

 

やってきたヴォルデモートに対して、ニワトコの杖の在り処を言わなかったためさつ害されています。

 

セブルス・スネイプ

 

最強の杖・ニワトコの杖の所有権を得るためには、現在の所有者に打ち勝つ必要がありました。

 

所有権がスネイプに移っていると思い込んだヴォルデモートは、ナギニに襲わせます。

 

 

しかし実際は、ハリーポッターへと所有権が移っていました。

 

 

致命傷を負ったスネイプは、ハリー達に見守られながらあの世へと旅立ってゆきました。

 

チャリティ・バーベッジ

 

マグル学を専攻する、ホグワーツの教師。

 

マグルを擁護する立場なのをヴォルデモートに目をつけられ、捕獲されていました。

 

 

複数の死喰い人(デスイーター)の前でころされ、ナギニに飲み込まれていました。

 

リーマス・ジョン・ルーピン

 

ホグワーツの戦いの中、アントニン・ドロホフと戦い死亡しています。

 

ベラトリックス・レストレンジ

 

ホグワーツの戦いでモリー・ウィーズリーと決闘をし、敗北。

 

呪文によって石にされ、その後粉々になっていました。

 

ドビー

 

マルフォイの自宅の地下牢から、捕まっていたハリー達を救出。

 

姿くらましでワープしようとした矢先、ベラトリックスが投げたナイフによって致命傷を受けます。

 

 

脱出した先の海岸で最期を看取ったあと、ハリー自身の手で簡易的なお墓を作りました。

 

ヘドウィグ

 

ダーズリーの家から移動している最中、追ってきた死喰い人(デスイーター)の呪文によって命を奪われています。

 

コリン・クリービー

 

カメラを持ち歩き、度々ハリーの写真を撮っていた生徒。

 

ホグワーツの戦いに参加し、命を落としました。

 

映画版では、「秘密の部屋」のみ登場。

 

フレッド・ウィーズリー

 

ロンの兄で、ジョージ・ウィーズリーとは双子。

 

ホグワーツの戦いに参加し、命を落としました。

 

ラベンダー・ブラウン

 

ホグワーツの戦いに参加。

 

 

原作では生き残っていましたが、映画ではフェンリール・グレイバックによってころされています。

 

 

セドリック・ディゴリー

 

「炎のゴブレット」で優勝杯に触れた際、リトル・ハングルトンに移動させられます。

 

控えていたピーター・ペティグリューに死の呪文をかけられ、命を失います。

 

ビンセント・クラッブ

 

原作小説でのみ死亡しています。

 

 

ドラコ達と共に行動し、必要の部屋の中では分霊箱を探している最中のハリー達を襲います。

 

 

悪霊の火を出すものの制御できず、部屋中に引火。

 

自ら作った炎の海に巻き込まれ、絶命しました。

 

グレゴリー・ゴイル

 

映画でのみ死亡しています。

 

 

必要の部屋の中で、ハリー達を襲撃。

 

 

出した悪霊の火をコントロール出来ずに、部屋中に引火します。

 

炎の海に落ち、死亡してしまいました。

 

ルーファス・スクリムジョール

 

ハリー・ロン・ハーマイオニーにダンブルドアの遺品を渡した、魔法大臣。

 

その後、死喰い人(デスイーター)にさつ害されます。

 

アメリア・スーザン・ボーンズ

 

ヴォルデモートに戦いを挑みますが、敗れて死亡しています。

 

ダーク・クレスウェル

 

マグル生まれの魔法使いであることを闇の陣営に知られ、さつ害されています。

 

バーテミウス・クラウチ・シニア

 

死喰い人(デスイーター)の一人に加わっていた息子の手でころされてしまいます。

 

バーサ・ジョーキンズ

 

ヴォルデモートにさつ害されました。

 

ブロデリック・ボード

 

死喰い人(デスイーター)にさつ害されました。

 

アラスター・ムーディ

 

ヴォルデモートにさつ害されました。

 

エメリーン・バンス

 

ヴォルデモートの陣営にさつ害されました。

 

ギデオン・プルウェット

 

アントニン・ドロホフたち死喰い人(デスイーター)たちにさつ害されています。

 

フェービアン・プルウェット

 

ギデオンと同じく、アントニン・ドロホフたち死喰い人(デスイーター)たちにさつ害されています。

 

エドガー・ボーンズ

 

ヴォルデモートの陣営にさつ害されました。

 

マーリン・マッキノン

 

トラバースたち死喰い人(デスイーター)たちにさつ害されています。

 

ベンジー・フェンウィック

 

ヴォルデモートの陣営にさつ害されました。

 

ドーカス・メドウズ

 

ヴォルデモートにさつ害されました。

 

ニンファドーラ・トンクス

 

ホグワーツの戦いに赴き、ベラトリックスとの勝負に敗れて死亡しています。

 

 

ピーター・ペティグリュー

 

原作小説でのみ、死亡しています。

 

 

マルフォイの自宅で、地下牢から脱出したハリー達と戦闘になりました。

 

ハリーを追い詰めますが、とどめを刺すのをためらいます。

 

 

その時、ピーターの銀色の手(ヴォルデモートに貰った義手)がひとりでに動きます。

 

この手がピーターの首にかかり、絞められたことで絶命しました。

 

 

映画では「死の秘宝・PART1」でドビーによって気絶させられた後、どうなったか不明です。

 

エバン・ロジエール

 

アラスター・ムーディとの戦いに敗れ、命を失っています。

 

ウィルクス

 

闇祓いによって命を奪われました。

 

ギボン

 

天文塔でハリーポッターとの戦いを繰り広げている最中、同じ死喰い人(デスイーター)が放った死の呪文を食らって死んでいます。

 

クィリナス・クィレル

 

「賢者の石」における黒幕で、自分の正体を知ったハリーポッターを襲撃。

 

しかし、母がハリーにかけた防護魔法に妨害され、体中が発火して絶命。

 

イゴール・カルカロフ

 

アズカバンから釈放された後、ヴォルデモート陣営によって消されています。

 

レギュラス・ブラック

 

死喰い人でしたが、自分のしもべ妖精が虐待を受けたことで離反。

 

分霊箱を破壊しようとする過程で、亡者に水の中に引きずり込まれて命を落とします。

 

スカビオール

 

映画版における、人さらいのリーダー。

 

ホグワーツの戦いにおいて、渡り廊下の橋でネビルを集団で追いかけます。

 

しかし橋ごと破壊されてしまったことで落下し、死亡しています。

 

ナギニ

 

ロンとハーマイオニーに襲いかかるところを、ネビルにグリフィンドールの剣で両断されます。

 

バジリスク

 

秘密の部屋の奥でハリーポッターに襲いかかりますが、グリフィンドールの剣の刃を受けて絶命します。

 

マールヴォロ・ゴーント

 

ヴォルデモートの祖父。

 

アズカバンから出所したものの、体力の衰えにより亡くなりました。

 

モーフィン・ゴーント

 

ヴォルデモートの伯父。

 

 

ヴォルデモートに濡れ衣を着せられ、アズカバンに投獄されました。

 

そのまま、獄中で亡くなっています。

 

メローピー・ゴーント

 

ヴォルデモートの母親。

 

 

マグルの孤児院でトム・リドル(ヴォルデモート)を出産し、そのまま命を落としました。

 

トム・リドル・シニア

 

ヴォルデモートの父。

 

 

マグル生まれで、息子・ヴォルデモートによってころされています。

 

グレゴロビッチ

 

ニワトコの杖を求めに来たヴォルデモートにころされました。

 

フランク・ブライス

 

ヴォルデモートによってさつ害されています。

 

ハリーポッターが死ななかった理由。最後に生き返ったのはなぜ?

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加