ドラコマルフォイの最後。その後どうなった?(ハリーポッター)

ドラコマルフォイの最後。その後どうなった?(ハリーポッター)

 

シリーズを通してハリーポッターやグリフィンドールの生徒に憎まれ口を叩いてきたライバル的存在が、ドラコ・マルフォイです。

 

 

終盤では、死喰い人の見習いとしてヴォルデモートの一味に加わったり。

 

ダンブルドア校長の死にも間接的に関わるなど、完全に悪者側の位置にいました。

 

 

にもかかわらず、最終作「ハリーポッターと死の秘宝・PART2」で起こったホグワーツの戦いでは、彼の存在が薄かった気が…

 

 

この間、マルフォイが何をしていたのか?

 

思い出せない人は多いでしょう。

 

 

さらにヴォルデモート卿が消滅した後、最後どうなったのでしょうか?

スポンサーリンク


ドラコ・マルフォイのその後。最後はどうなった?

 

スリザリンの生徒であるドラコ・マルフォイは、常々ハリーポッターを挑発し敵意を向けてきました。

 

 

シリーズ終盤では、ヴォルデモートの手先となったのですが…

 

彼はその後、どうなってしまったのでしょうか?

 

 

敵側にまわった以上、生きていたとしても無事に済むとは思えないのですが…

 

「ハリーポッターと死の秘宝・PART2」で、ドラコ・マルフォイはどうしていたのか?

 

最後の作品「ハリーポッターと死の秘宝・PART2」において、ドラコ・マルフォイはどんな行動をとっていたのか?

 

改めて思い出してみましょう。

 

 

死喰い人見習いとしてヴォルデモート卿と行動と共にしていた、ドラコ・マルフォイ。

 

 

マグル学を専攻する教師・バーベッジが、ナギニに襲われたり。

 

グリンゴッツ銀行にいたゴブリンたちが、ヴォルデモートに皆ごろしにされる様を目の当たりにします。

 

 

目立った成果を挙げなければ、自分の身にも危険が及ぶのか?

 

 

「死の秘宝・PART2」では、ついにホグワーツの戦いが始まります。

 

 

校内が混乱する中、必要の部屋へ向かうハリー。

 

マルフォイはゴイルとクラッブを連れて、ハリーの後を追いました。

 

 

必要の部屋に入ったハリーは、分霊箱のひとつ・レイブンクローの髪飾りを発見。

 

しかしマルフォイ達三人は、ハリーに杖を向けます。

 

 

ゴイルがマルフォイにハリーをやるよう煽る中、ハーマイオニーとロンが助けに入ります。

 

呪文の打ち合いになり、一時撤退するマルフォイ一味。

 

 

アバダケダブラといった闇の魔法を、躊躇なく使うゴイル。

 

彼が次に使った悪霊の火のせいで、部屋中に引火してしまいます。

 

 

彼はそれを使いこなせないのか、杖から吹き出し続ける炎を消すことが出来ずに投げ捨てます。

 

マルフォイ達は高所へ避難しようとしますが、張本人のゴイルは足を滑らせ火の海へ。

 

 

箒に乗ったハリーは、マルフォイ達を救出しました。

 

脱出後、マルフォイは怯えながら退散。

 

 

ハリーポッターは、持ち去った分霊箱・レイブンクローをバジリスクの牙で破壊しました。

 

 

次にマルフォイが現れた場面は、ハリーポッターがアバダケダブラを喰らった後。

 

 

ハリーの死の宣言をし、生徒たちに忠誠するよう訴えた後…

 

マルフォイは両親の呼びかけに渋々歩を進め、ヴォルデモートに抱擁され迎え入れられます。

 

 

その後、ネビルがグリフィンドールの剣を出して再戦を宣言したタイミングで、生きていたハリーが攻撃を開始。

 

ハリーの生存に狼狽えた死喰い人の中には、離脱する者も。

 

 

ヴォルデモート側にいた、マルフォイたちドラコ一家は?というと…

 

マルフォイは母親に手を引かれながら、一家三人ともドサクサの中ホグワーツを後にしていました。

 

 

つまり、今回の戦いには不参加という形に。

 

 

マルフォイの母親は、生きているハリーを「死んだ」とヴォルデモートに伝え、欺いていました。

 

もともと、ヴォルデモートの一味から離脱するつもりだったのでしょう。

 

その後、ドラコ・マルフォイはどうなった?ハリーポッターとの関係は

 

ホグワーツの戦いを放棄して離脱した、マルフォイ一家。

 

 

ヴォルデモートが消滅し、戦いが終わり…

 

その後、ドラコ・マルフォイがどうなったのか?

 

 

一切明かされないまま、なんといきなり19年後の話になります。

 

 

イギリス・ロンドン駅のホームのシーンでは…

 

家族を持っているドラコ・マルフォイの姿を、一瞬ですが確認できます。

 

 

闇の魔法使い側で活動していた彼ですが、なんと普通に過ごしていました。

 

 

妻の名前は、アステリア・グリーングラス。

 

息子の名前は、スコーピウス・ヒュペリオン・マルフォイ。

 

 

マルフォイは、同じく家族を連れたハリーの方を見ます。

 

 

お互い言葉こそ交わさなかったものの、表情は穏やか。

 

以前のように、ハリーを罵るようなこともありませんでした。

 

 

在学中は、ハリーに対し挑発や妨害工作をしていた彼。

 

 

直接誰かをあやめる行為をしていなかったからなのか?

 

戦いの最中、うまく身を隠したせいか?

 

 

ヴォルデモートの手先として動いていた事実は、変わらないのですが…

 

一切お咎め無しというのは、かなりラッキーと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加