君の膵臓をたべたいのネタバレ・あらすじと感想!原作小説が映画化

君の膵臓をたべたいのネタバレ・あらすじと感想!原作小説が映画化

君の膵臓をたべたいのネタバレ・あらすじと感想!原作小説が映画化

映画「君の膵臓をたべたい(キミスイ)」が、2017年夏に公開される予定です。

 

山内桜良さんと北村匠海さんが主演を担当することが明かされており、小栗旬さんも出演も決定しています。

 

 

この作品は住野よるさんが執筆した小説が原作です。

 

一見ホラー作品のようなタイトルにギョッとさせられ、まんまと興味をいだいてしまうのですが…

 

実際はどのような内容なのでしょうか?

 

 

当記事には、映画化が決定した原作小説「君の膵臓をたべたい」のあらすじが掲載されております。

 

また、この本を読んだという人から、感想を聞いてみることにしました。

 

 

今後上映されるであろう、映画の内容がネタバレされてしまうかも知れませんので…

 

もし読み進める場合は、気をつけてください。

スポンサーリンク

住野よるの小説が映画化!原作本「君の膵臓をたべたい(キミスイ)」のあらすじを紹介。ネタバレにご注意

 

まず、主人公である「僕」という人物が登場します。

 

「僕」は主人公でありながらも、名前が出てこない人物として描かれています。

 

 

僕はある日、山内桜良と病院のロビーで出会います。

 

実は彼と桜良はクラスメイトなのですが、今までほとんど話をしたことはありません。

 

 

僕はある時、「共病文庫」という本を拾います。

 

興味本位でこの中身を読むと、それは膵臓を病気により侵された少女が描いた闘病の物語でした。

 

 

その少女の名前は山内桜良という名前で、それは彼女がひっそりと書いていた秘密の日記帳でした。

 

そこから、彼女が膵臓の病気によりもう長くは生きられないということを知ります。

 

 

いつも元気な桜良が病気だということに、僕は驚きます。

 

 

偶然にもその本を目にしてしまったことで、山内桜良が膵臓を侵されているということを、身内以外は自分だけが知ることになります。

 

 

山内桜良がしぬ前に行っておきたいことや、やりたいことに付き合おうとした僕。

 

自分とはまったく正反対の性格である山内桜良の性格が気になり、お互いにそれぞれの持っていない部分や正反対の部分に惹かれていきます。

 

 

主人公の「僕」はもともと人と距離を置くような性格であり、良く言えばクール、悪く言えば人と付き合いを避ける人間でした。

 

また、人に心を開かない人間のような描写がされ、クラスでも浮いた存在。

 

 

一方で山内桜良は、自分とは真逆で明るく良い意味で豪快さのある少女として描かれています。

 

 

彼女は人気者で、二人には全く接点がなかったのです。

 

 

人に興味を示すことが出来ない自分は、膵臓に病を持ちながらも明るく振る舞う桜良に次第に惹かれます。

 

そして憧れを強く抱き、彼女を守りたい・人を愛する人になりたいと考えていくようになります。

 

 

一方で桜良は、僕という他人に興味を示さないような人間が自分自身を必要としてくれていることに喜びを感じ、とても気持ちが満たされていきます。

 

 

そんな彼らが話をしたきっかけが、共病文庫だったのです。

 

 

桜良はノートに書かれた内容を読んでしまった彼に、内容は秘密にしてくれと頼みます。

 

 

僕は、心配しないでいいと言います。

 

彼は人見知りで、もし秘密を知ったとしてもそれを話す友達がいなかったからです。

 

 

桜良は、そんな僕に興味を持ったようでした。

 

それからというもの、彼女は彼にまとわりつくようになります。

 

 

そんな僕と桜良を、クラスメイトは変な目で見るようになります。

 

今まで暗くて友達がいない彼と、人気者の彼女が一緒にいるのだから当然です。

 

 

僕はそういう状況も居心地が悪く思うのですが、桜良はそんなことを気にしません。

 

 

そんなある日、僕は桜良の親友である恭子を紹介されます。

 

僕はきちんと挨拶するのですが、恭子はどうやら彼を嫌っているようです。

 

 

そして桜良も、恭子に病気のことは話していないようでした。

 

それからというもの、僕・桜良・恭子は三角関係のような状態になります。

 

 

さらに桜良が僕を福岡旅行に誘ったことで、恭子はさらに彼を嫌うようになります。

 

 

また、僕のことを良く思わないのは恭子だけではありませんでした。

 

桜良に好意を持っていた男子が彼に嫉妬して、他の同級生と一緒になって攻撃し始めます。

 

 

しかし桜良が僕とのことを男子に説明し、あなたよりも彼が好きだといったことで、いじめは収まります。

 

二人は恋愛関係ではありませんが、互いに好意を寄せるようになります。

 

 

このように物語は進んでいき、2人はお互いが惹かれるように青春を謳歌するようになります。

 

最初は面倒に思いがちだった旅行なども、病気を忘れるように出かけていきます。

 

 

このあたりは、青春のラブストーリーのような友情のような形で描かれており、2人の仲の良さが描かれているものになっています。

 

 

そんなとき、桜良がまた入院することになります。

 

 

検査のためだと彼女は言いますが、僕にはそうは思えません。

 

 

そして僕はこれまでのことを考えて、桜良のことが好きだということに気づきます。

 

これまでの冷たい態度や周囲に対する無関心は自分を守るためだったと気づき、彼女が退院したらもっと楽しく毎日を送ろうと思うのです。

 

 

しかし、桜良が退院することはありませんでした。

 

最後はとても悲しい結末になっており、意外なものです。

 

 

山内桜良は膵臓が侵されていましたが、彼女がしぬ原因は、通り魔に命を奪われるという悲惨なものでした。

 

綴っていた本とは異なる形でのしが待っていました。

 

 

まったく予想していなかった出来事に、僕は取り乱します。

 

それでも桜良の家に出かけた彼に、彼女の母親はノートを手渡します。

 

 

それは、あの共病文庫でした。

 

僕が以前読んだあとにも、ノートにはいろんなことが書かれていました。

 

 

それは主に、僕と過ごした生活のことでした。

 

桜良も彼に対して、好意を抱いていたようです。

 

 

僕は、そのノートを読んで号泣します。

 

その後彼は桜良のことを考えて、しんでしまった彼女のためにできることはないかと悩みます。

 

 

僕がしたのは、桜良の親友・恭子に、彼女のノートを見せることでした。

 

最初、恭子は僕に怒りますが、やがて桜良の気持ちを理解し友達になることに決めます。

 

 

僕はこれから新しい人生を踏み出すことを決めて、心の中で桜良に語り掛けます。

 

小説「君の膵臓をたべたい(キミスイ)」を読んだ人の感想

 

本屋さんで初めてこの本を見たとき、あまりのインパクトのあるタイトルに驚きました。

 

「君の膵臓をたべたい」なんて日常では使うことはないので、ほとんど方が同じ思いを抱くと思います。

 

 

そんな私がこの本を読んでみたくなったのは、フェイスブックで友達の投稿を見た時です。

 

この本を読んだ感想が「50過ぎのおばちゃんを、こんなにも泣かすなんて」といったもの。

 

 

私は、「君の膵臓をたべたい」というタイトルでよく購入して読んだなと、先ずはそのことに驚きました。

 

 

次に興味を持ったのは、内容を読んだ人の感想が、皆「切ない」「感動した」「3回は読むべき」など、タイトルから想像する内容とのギャップに完全に心動かされたからです。

 

 

読み始めて、タイトルがなぜ「君の膵臓をたべたい」なのかを理解するのに、あまり時間はかかりませんでした。

 

読み進むうちに、自分の学生時代の頃を思い出しました。

 

 

この本は、まさに青春ラブストーリーです。

 

 

でも相手が余命わずかとわかっているので、普通のラブストーリーとはまるで別な切なさがあります。

 

自分がもうすぐしんでしまうとわかっている状態と、もうすぐ目の前の人がいなくなるという状態での一緒に食べる食事や旅行って辛すぎます。

 

 

この本の中でもっとも好きなところですが、主人公の女の子がしばらく入院していて、やっと退院できることになり、カフェで待ち合わせをしているシーン。

 

 

約束の場所を過ぎても4時間待つのですが、結局彼女は現れず、そのままなくなってしまったところです。

 

やっと相手に自分の気持ちを伝えようと決心したのに、告白することも出来ずに終わってしまった。

 

 

そして、し因が病気ではなかったこと。

 

この本の重要な一部ですが、なんともやりきれない想いと悔しい気持ちでいっぱいになりました。

 

 

彼女がなくなってからしばらく時間がたって、彼女が残した素直な気持ちを知ることになるのですが…

 

相手がこの世にいない以上、その言葉に対しての返事もできないなんて本当に悲しくて涙が出ました。

 

 

この本と出会って、私の生き方も少し変わった気がします。

 

いつ何が起きるかわからない、だからこそ平凡な毎日が幸せだと思えるようになりました。

 

 

以上、住野よるさんが書いた小説「君の膵臓をたべたい(キミスイ)」のあらすじと感想でした。

 

しかし、後日上映することになった映画版のストーリーと全て同じである保証はありません。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ