ひるなかの流星のネタバレ・結末のあらすじと感想!原作漫画が実写映画化

ひるなかの流星のネタバレ・結末のあらすじと感想!原作漫画が実写映画化

ひるなかの流星のネタバレ・結末のあらすじと感想!原作漫画が実写映画化

「ひるなかの流星」は、やまもり三香さんが2011年から2014年まで雑誌「マーガレット」で連載されていた漫画です。

 

実写映画化が決定し、2017年の公開が予定されております。

 

 

事情により東京に移り住むことに田舎暮らしの女子高生・与謝野すずめが、担任教師・獅子尾五月と同級生・馬村大輝と関わってゆく恋愛作品です。

 

 

彼らメインキャラクターを演じる俳優の名前や正確な公開日といった大事な情報は、今のところ明かされてはいないのですが…

 

後日発表されましたら、こちらにも情報を追加するつもりです。

 

 

この記事には、漫画のあらすじや最終回の結末が記載されています。

 

またこの漫画を読んだことがある人に、感想をお聞きしました。

 

ネタバレに気をつけてお読みください。

スポンサーリンク

実写映画化が決まった、原作漫画「ひるなかの流星」のあらすじと感想を紹介!ネタバレ注意!

 

以下に書かれていますのは、やまもり三香さんが連載していた漫画「ひるなかの流星」最終回のあらすじや感想です。

 

ネタバレして欲しくない場合は、読まないほうがいいかも知れません。

 

 

実写映画化で話題の「ひるなかの流星」のあらすじです。

 

 

このお話の主人公は、コンビニなどは一切なくクラスメイトは皆小学校から高校まで同じ顔触れ、という田舎で育った女子高生・与謝野すずめです。

 

 

あるとき父親の海外転勤により、東京に住む叔父・諭吉のもとで暮らすことになったすずめ。

 

叔父の家に向かう途中で道に迷っていたところ、ニット帽をかぶった怪しい男性に声をかけられます。

 

 

すずめは慌てて逃げますが、途中で熱を出して倒れてしまいます。

 

気がつくとすずめは叔父・諭吉の家に運ばれていました。

 

 

彼女を助けれくれたのが、あの怪しいニット帽の男性だったことを諭吉から知らされます。

 

 

たまたま諭吉の友人だったというニット帽の男性ですが、彼はすずめに「ちゅんちゅん」というあだ名をつけた上、「またね。」という意味ありげな言葉を残して去っていきます。

 

 

翌日、転校先の高校に登校したすずめに「ちゅんちゅん」と声をかけてきたのは、あのニット帽の男性でした。

 

なんと彼は、すずめの新しい担任教師・獅子尾だったのです。

 

 

新しいクラスでは、すずめは馬村という男子生徒の隣の席に座ることになります。

 

馬村はすずめに教科書をみせてくれますが、指が触れた瞬間彼に手をはねのけられてしまいます。

 

 

バイキン扱いされたと思い傷ついたすずめは、新しい学校での友人作りにすっかり自信をなくします。

 

そんなすずめに、獅子尾は「気楽に行け。」と励ましの言葉を送り、元気を出したすずめは再び馬村に声をかけます。

 

 

彼が手をはねのけた理由が単純に免疫がなかっただけと知ったすずめは、彼に「友達になってください。」とお願いし、彼と友達になります。

 

 

馬村との交流をきっかけに、クラスメイト達と交流を持つようになったすずめ。

 

ですが馬村に想いを寄せるクラスメイト・ゆゆかの登場で、すずめが仲間外れにされてしまうという事件が起こります。

 

 

しかしその事件も獅子尾の機転により無事解決し、すずめはゆゆかとも友達になることができます。

 

やがてすずめは、自分のピンチを何度も救ってくれる獅子尾に恋心を抱くようになります。

 

 

そして獅子尾も、だんだんとすずめのことを好きになります。

 

しかし一方で馬村もすずめのことを特別な存在だと想うようになり、先生と生徒の不思議な三角関係が繰り広げられることになります。

 

 

獅子尾への想いと、馬村の気持ちに揺れる日々を送るすずめでしたが…

 

様々な出来事を経て、最終的にすずめは馬村を選びます。

 

ひるなかの流星の最終回・結末のあらすじ内容をネタバレ!

 

すずめを送り出した馬村は、今までの自分の気持ちを振り返ります。

 

 

元々女性に苦手意識を持ち、更に大好きだった母との別れがその苦手意識に拍車をかけ女性とは無縁の生活を送っていたときに突然現れたのが、すずめでした。

 

 

すずめは馬村が今まで出会った女性とは違い物怖じしない性格で、初めは鬱陶しく感じていました。

 

しかし、日常のやり取りが馬村の心を解し、いつからか馬村はすずめの魅力に惹かれていたのでした。

 

 

その頃獅子尾からの告白を受けたすずめは、好きでしたと返します。

 

すずめの中では初恋は終わり、獅子尾よりも馬村の存在の方が大きくなっていたのです。

 

 

気持ちを受け取れないことを謝るすずめに、すずめの心が動いていたことがわかっていた獅子尾はこうなることを予感していたと言い、新学期にまた会おうと明るく声を掛けます。

 

 

その姿を見たすずめは、獅子尾との関係が初恋が終わりを告げると共に普通のものになっていくことを淋しく思うのですが…

 

この先も残っていく、楽しかった初恋の記憶を大事に胸の奥にしまうのでした。

 

 

そして獅子尾に別れを告げ泣きながら歩くすずめは街並みを見ながら馬村と過ごした時間を思い出し、再確認した気持ちと共に馬村の元へ駆け出します。

 

 

馬村がすずめを案じているとすずめの声が聞こえ、声の聞こえる方へ目をやると姿が見えます。

 

すずめは東京に帰ったはずだと幻覚を疑うのですが、姿は次第に大きくなり渾身の頭突きをくらうのでした。

 

 

戻って来たすずめは、保健室での出来事は自分の気持ちが獅子尾に戻ってしまうと思い避けていたと思っていたと話します。

 

 

しかし、本当は既に気持ちが獅子尾にないことを自分が受け入れたくなかったことに気付いたこと、そしてあんなに好きだった初恋の人を過去にするには時間が必要だったと話します。

 

 

自分の内側を振り返り…

 

近すぎて見えていなかったけれども、シンプルに考えるといとも簡単に分かる「馬村が好きだ」という答えを見つけたすずめ。

 

その場で馬村に、その気持ちを伝えます。

 

 

馬村は照れの入り混じる嬉しそうな表情で告白を受け入れ、」キスをします。

 

キスの後余韻に浸ることもなくムードもへったくれもないすずめに、馬村は冗談を飛ばしながらも笑顔を見せます。

 

 

同じく笑顔を返すすずめと手を繋ぎながら、「昼に輝く星のように、この先何があってもずっとそばにいて一番近くで見守り続けたい」と思うのでした。

 

 

これで漫画「ひるなかの流星」は第12巻のday.78を以って本編は完結します。

 

漫画「ひるなかの流星」を読んだ人の感想

 

主人公の生活する場所が田舎なので、少し羨ましく感じました。

 

私の住まいは都会なせいか自然がないので、本に出てくるほのぼのとした雰囲気は憧れます。

 

ただ、高校も中学も小学校もほとんどが腐れ縁の顔ぶれと本に書いてあるので、良いことばかりではなさそうですね。

 

 

父が娘に、父ちゃんなバングラデシュに転勤になったと言う場面は驚きました。

 

しかも、主人公は東京の叔父の家に行くことになったので、田舎暮しが続くんじゃなかったのかと口に出して言ってしまいました。

 

 

また、東京駅での主人公の姿は、田舎から初めて東京に来た人の動きを上手く表現していたので面白かったです。

 

あと、叔父がかなりいい人だったのも良い部分でした。

 

 

主人公が高校2年生になってすぐの所は懐かしかったです。

 

高校生の一般的な会話そのものなせいか、私自身の学生生活が頭に浮かぶかのようでした。

 

特に、他の人の恋愛話に夢中になるのは、私自身よくやったこともであります。

 

 

また、かっこいい男の子が他の女子にとられた時の主人公の表情も見ていて楽しかったです。

 

ただ、登場人物は美男美女揃いなので、誰が誰とくっついても不思議ではない気がします。

 

 

感想ですが、悪い人と言えるタイプの人が全く出てこない感じなので、読みやすかったです。

 

それに、主人公がピンチになっても必ず誰かが助けてくれるため安心して見ていられます。

 

 

こういう穏やかな感じの続く漫画は貴重かもしれないですね。

 

刺激が少ないと言えばそれまでですが、私は平和な日常生活を描いた漫画も結構好きなので問題ないです。

 

 

あと、「ひるなかの流星」作者の本音の所は興味深かったです。

 

余程きついのか、単行本に月2回の連載をナメてましたと書いてありました。

 

自身の気持ちをこっそりと本に載せてあると、不思議と応援したくなります。

 

 

単行本1巻から読みすすめていくと絵がどんどん上達していくのがよくわかります。

 

絵の進化も楽しみの1つなので、今後も頑張ってほしいです。

 

 

以上、やまもり三香さんの漫画「ひるなかの流星」結末のあらすじと感想を紹介しました。

 

上記の内容が、実写映画のストーリーと全て同じだとは限りません。

 

ピーチガールのネタバレ・あらすじと感想!漫画原作が映画化

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

PとJKのネタバレ・あらすじと感想!漫画原作が実写映画化

 

しゃぼん玉/乃南アサのネタバレ・あらすじと感想!小説原作が映画化

 

サクラダリセットのネタバレ・あらすじと感想!原作小説が実写映画化・アニメ化

 

キングコング/映画のネタバレ・あらすじと感想(2005年)

 

ひるなかの流星のネタバレ・最終回のあらすじと感想!原作漫画が実写映画化

 

3月のライオンのネタバレ・あらすじと感想!原作漫画が実写化・アニメ化

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ