夜は短し歩けよ乙女のあらすじをネタバレ・感想!原作小説がアニメ映画化

夜は短し歩けよ乙女のあらすじをネタバレ・感想!原作小説がアニメ映画化

夜は短し歩けよ乙女のあらすじをネタバレ・感想!原作小説がアニメ映画化

森見登美彦さんの小説をアニメ映画化した作品「夜は短し歩けよ乙女」が、2017年4月7日に公開される予定となっています。

 

 

主人公「先輩」の声を、星野源さんが演じることになりました。

 

また、彼が思いを寄せている「黒髪の乙女」の声優は、花澤香菜さんに決定。

 

 

この物語は、どういった展開がされるのでしょうか?

 

 

当記事には、原作小説のあらすじや感想が掲載されているのですが…

 

後日公開されることになっているアニメ映画の内容をネタバレしてしまう恐れがあります。

 

 

ですから、アニメ映画を観る前に予備知識を知りたくないという場合は…

 

以下の文章は読まないほうがよさそうです。

スポンサーリンク

アニメ映画化!「夜は短し歩けよ乙女」原作小説のあらすじを紹介。ネタバレ注意

 

「夜は短し歩けよ乙女」は、森見登美彦の小説です。

 

以下、ネタバレを含んだストーリー紹介です。

 

 

「夜は短し歩けよ乙女」の主人公は「先輩」と「黒髪の乙女」です。

 

 

先輩は、京都の大学に通う大学生。

 

黒髪の乙女は、同じ大学の後輩です。

 

先輩はどうやら、今まで女性とは縁のない生活を送ってきたようです。

 

 

そんな先輩はある日、黒髪の乙女を見かけて恋に落ちます。

 

しかし彼は今まで女性との交際経験がなく、また彼女に近づく勇気もありません。

 

 

先輩は、それでも乙女を諦めることができません。

 

そこで、ある作戦を考え付きます。

 

それが「ナカメ作戦」です。

 

 

作戦の内容はというと、「なるべく彼女の目に留まる」というものでした。

 

先輩は、様々なところでさりげなく彼女の目の前に現れます。

 

 

ところが、乙女はとても天然な女性です。

 

何度先輩が目の前に現れても、乙女はそれが偶然だと思ってしまいます。

 

 

さらに、先輩と乙女の周りには怪しい人や集団が次々と現れます。

 

そんな彼らの姿が、二人の視線から語られます。

 

 

第一章では、乙女が大学OBの結婚を祝う会に参加しています。

 

 

乙女は、お酒が大好きでした。

 

しかし酔ったことで何か粗相をしてはいけないと思い、会の席ではお酒を控えていました。

 

 

無事に会が終わった後、乙女はお酒を求めて街に出かけます。

 

先輩は乙女が二次会に参加しないと気づいて、あとを追いかけます。

 

 

ところがその途中、謎の人物にズボンとパンツを盗まれてしまいます。

 

乙女はその間に、怪しい人たちと出会います。

 

その中の一人・李白さんと乙女は、飲み比べの勝負をして勝利します。

 

 

第二章では、乙女が古本市に出かけることを知った先輩がその後を追います。

 

 

ナカメ作戦の一環です。

 

そこで先輩は乙女を発見、しかしなぜか子どもにからまれてアイスを奢ることになってしまいます。

 

 

乙女は、ある絵本を探しています。

 

そして、先輩もその本を発見します。

 

 

しかしそこでは、本を手に入れるためにある過酷な条件をクリアする必要がありました。

 

それは、こたつや湯たんぽの部屋で夏の暑さに耐えつつ火鍋を食べるという試練でした。

 

 

それは、意地悪な李白さんが考え出したルールです。

 

先輩は挫折しそうになりますが、試練に耐えて無事に絵本をゲットします。

 

 

第三章では、学園祭に参加する乙女を先輩が探しまわります。

 

 

これも、ナカメ作戦です。

 

先輩は手がかりを求めて、学園祭事務局テントを訪ねます。

 

 

そこで、学園祭で起きている事件を知ります。

 

 

「韋駄天こたつ」と「偏屈王」事件です。

 

学園祭ではこたつに入った集団がうろつき、学校の中で突然偏屈王というゲリラ演劇が上演されていたのです。

 

 

偏屈王の出演者が捕まりますが、首謀者が逃げ延びているためなかなか騒動は収まりません。

 

主演女優を捕まえようとしていた先輩は、ヒゴイのぬいぐるみを背負った乙女を発見します。

 

 

また、美人歯科衛生士の羽貫さん・自分を天狗だと言い張る樋口さん・そして謎の人物パンツ総番長と出会います。

 

 

乙女は再び学園祭を探検し、「像の尻」という展示を見つけます。

 

そして彼女は、偏屈王の主演女優に選ばれます。

 

 

第四章では、謎の風邪が流行します。

 

 

先輩もまた寝込んでしまいますが、それは恋煩いでした。

 

乙女は知り合いのところをお見舞いに周り、途中で古本市の少年から万能の薬を入手します。

 

謎の風邪の原因が李白さんだと知った乙女は、李白さんのところにお見舞いに行きます。

 

 

天狗の樋口さんの力を借りて李白さんに薬を届け、ついに風邪は去っていきます。

 

 

そして夢の中で先輩と乙女は、また再び出会います。

 

ラストシーンでは乙女のところに先輩からデートの誘いがあり、彼女は約束の喫茶店に出かけていきます。

 

小説「夜は短し歩けよ乙女」を読んだ感想

 

小説読みとしては一度読まなくてはいけないだろうと手に取った「夜は短し歩けよ乙女」を読破しました。

 

 

作中の言葉遊びが楽しく、登場人物も奇妙で飽きが来ず十分な満足感が得られました。

 

 

特に印象に残ったシーンを挙げるなら、樋口清太郎が耳から金色の招き猫を出すシーンだったと言えます。

 

前後の展開から考えても予想外のシーンだったので、非常に笑えたシーンだったとも言えるでしょう。

 

 

千歳屋の若旦那が出たシーンも、違う小説との関連性が窺えて印象的でした。

 

独特の文体には始め馴染めない部分もありましたが、読み進めるうちに作者の世界観に徐々に引き込まれる感じでした。

 

 

京都を舞台とした大学生の先輩と少々不思議チャン的な黒髪の乙女のヒロインへの恋愛模様が、ファンタジー的に描き出されています。

 

 

展開がどんどん変化していくのですが、最終的には気持ちよく温かなエンディングが待ち受けています。

 

以上は、あくまでも森見登美彦さんが執筆された小説の内容です。

 

2017年4月7日に公開されるアニメ映画と全てが同じ内容であるとは限りませんのでご注意ください。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

暗黒女子のネタバレ・結末のあらすじと感想!原作小説が映画化

 

映画/攻殻機動隊 新劇場版のネタバレ・あらすじと感想!

 

夜は短し歩けよ乙女のあらすじをネタバレ・感想!原作小説がアニメ映画化

 

ReLIFEのネタバレ・あらすじと感想!comicoの漫画が実写映画化・アニメ化

 

帝一の國の最終回をネタバレ・あらすじと感想!漫画原作が実写映画化

 

無限の住人/最終回のネタバレ・あらすじと感想!原作漫画が実写映画化

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ