ワイルドスピードを観る順番でおすすめは時系列!シリーズのあらすじ一覧

ワイルドスピードを観る順番でおすすめは時系列!シリーズのあらすじ一覧

 

ハラハラドキドキのスピード感を味わう事が出来る映画としても人気があるのが、「ワイルドスピード」シリーズです。

 

 

現在8作目まで公開された今作ですが、4作目以降はタイトルに番号がついていません。

 

 

なので、リアルタイムに見ている人でなければ順番がわからないのではないでしょうか?

 

MAXの後がMEGA MAX…くらいはなんとなく予想出来そうですが、その他は難しいかもしれません。

 

 

また、このシリーズは「公開順=時系列順」ではありません。

 

本当に話の内容をつかみたいのであれば、やはり時系列順・ストーリー順に見る事をおすすめします。

 

 

この記事では、映画「ワイルドスピード」シリーズを観る順番を時系列に並べてみました。

 

各作品ごとに簡単なあらすじも載せましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ワイルドスピードのシリーズ作品を公開順に紹介!

 

まずは、ワイルドスピードシリーズの作品を公開順に並べてみました。

 

・ワイルドスピード(2001年公開)

 

・X2(2003年公開)

 

・X3 TOKYO DRIFT(2006年公開)

 

・MAX(2009年公開)

 

・MEGA MAX(2011年公開)

 

・EURO MISSION(2013年公開)

 

・SKY MISSION(2015年公開)

 

・ICE BREAK(2017年公開)

 

次に、このシリーズを時系列順に並べ替えてみることにしましょう。

 

と言っても、公開順と違うのは1作品だけなんですがね…

 

ワイルドスピードを観る順番。時系列順に並べてみた

 

映画「ワイルドスピード」のシリーズを理解するためにおすすめの見方といえば、時系列順に観ることでしょうか。

 

 

観るべき順番を、ストーリーの流れで並べ直してみました。

 

各作品の簡単なあらすじと共に御覧ください。

 

・ワイルドスピード

 

・X2

 

・MAX

 

・MEGA MAX

 

・EURO MISSION

 

・X3 TOKYO DRIFT

 

・SKY MISSION

 

・ICE BREAK

 

このように、「X3 TOKYO DRIFT」のみ公開順とは違っていますのでご注意を。

 

ワイルドスピード

 

まず最初に見るのは1作目、「ワイルドスピード」です。

 

 

この作品を見て、このシリーズは一体どういう感じの内容の作品になって行くのか?という事を知りましょう。

 

 

この時点では、主人公のブライアンはロス市警の刑事となっています。

 

ドミニクと初めて出会い、レースの世界にのめり込むまでが描かれています。

 

・あらすじ

 

ロサンゼルス市警の刑事・ブライアンは、多発する荷物強盗の捜査を担当することになりました。

 

 

容疑者・ドミニクは、夜に公道でストリートレースで有名な存在です。

 

彼が経営する店に近い、自動車修理工場に潜入して捜査を開始します。

 

 

その中で、ストリートレースに参加することを決意。

 

白人のブライアンは参加を断られますが、ドミニクの許可が下ります。

 

 

レースでドミニクと勝負した直後にレースを摘発するため警察が現れ、ふたりは逃走する最中で意気投合します。

 

 

警察からは逃げられましたが、結局ふたりは謎の集団に捕まってしまうのでした。

 

連れられた先にいたジョニーという男に、砂漠でのレースに参加しろと強制されます。

 

ワイルドスピードX2

 

その次に見るべきなのが、「ワイルドスピードX2」です。

 

 

ドミニクは、シリーズからから一時離脱。

 

ブライアンは続投し、新たにローマンがパートナーとして加わります。

 

・あらすじ

 

前作でロス市警だったブライアンですが、犯罪者ドミニクを敢えて逃亡させて職をを捨てたばかりか自らも指名手配される身に。

 

参加していたストリートレース中警察に見つかり捕まるも、元警察官という経歴とカーチェイスの腕を買われます。

 

 

「レースを取り仕切っている大物犯罪者・テズ・パーカーを捕まえることが出来たら、逮捕を取り消す」という話を持ち掛けられたブライアン。

 

彼は、この話を引き受けます。

 

 

仲間として旧友ローマン・ピアースを引き入れるのですが、彼は過去の出来事が原因でドミニクを憎んでいました。

 

今作で初登場した、運転の腕は確かだがお喋りで無計画な男・ローマン。

 

彼は、5作目「MEGA MAX」以降レギュラーメンバーとして加わることになります。

 

 

ワイルドスピードMAX

 

そして、次に観るべきなのは「ワイルドスピードMAX」。

 

 

これは第4作目なのですが、あえて3作目は後回しにします。

 

これには理由があるのですが、後ほど記述します。

 

 

ドミニクが再登場。

 

ブライアンはFBI入し、犯罪組織を追っています。

 

 

とあることをきっかけに、ふたりは組織を追うことになります。

 

・あらすじ

 

ドミニクは南米でガソリン輸送車からガソリンを強奪することを重ねていましたが、恋人のレティが消されたと聞きアメリカに戻ります。

 

 

その頃、ブライアンはFBI捜査官として捜査中に、ドミニクと再会。

 

追っていた犯罪組織がレティの仇だと目星をつけます。

 

 

組織がクスリの運び屋を探していると知った2人は、潜入を決意。

 

ストリートレースで勝ち残り、運び屋として選ばれます。

 

 

2人を含む運び屋が走る中、レティをさつ害した犯人を突き止めますが、逃走されます。

 

 

実はレティが、ドミニクを見逃すことを条件にFBIに協力し、組織に潜入していたのです。

 

ドミニクたちは、レティの仇討ちを決意します。

 

ワイルドスピードMEGA MAX

 

とある出来事から、ドミニクとブライアンは国際指名手配犯に。

 

今作でローマンが再びシリーズに復帰します。

 

・あらすじ

 

ブライアンとミアは、ドミニクと別々に逃亡をしていました。

 

昔の仲間を頼って、ブラジルのスラムに行きます。

 

 

そこで高級車の強奪を持ちかけられた2人は、ドミニクと合流するため話に乗ります。

 

 

走行中の列車から高級車を盗む計画が始まり、2人はドミニクと合流。

 

 

しかしこの車は、FBIによって押収された車でした。

 

不審に思いながらも、何とか車の強奪に成功した3人。

 

 

しかし、実はその車にメキシコの裏社会のボスの金融に関する極秘情報が隠されていたことを知るのです。

 

FBIとメキシコ裏社会の黒幕、両方に追われることになります。

 

ワイルドスピード EURO MISSION

 

すでにこの世にいないはずのブライアンの元恋人・レティが、犯罪組織のボス・オーウェンショウの手下としてブライアンたちの前に現れます。

 

・あらすじ

 

前作で主人公ドミニクと組んだ、DSS捜査官のルーク。

 

犯罪組織のボス・オーウェルショウの組織を調べているうちに、しんだはずの恋人レティが組織のメンバーとして加わっている事を付き止めます。

 

 

それを知ったドミニクは、彼女を救うために全世界に散らばったメンバーをロンドンに招集。

 

 

モスクワでショウが奪った軍事機密の詰まったチップを取り戻すミッションの中、ロンドンで彼を捕まえる際にカーチェイスへと発展。

 

敵の組織が使う車の制御を奪う秘密兵器によって、仲間の車がクラッシュしてしまいます。

 

 

ドミニクはレティに追いつきますが、記憶喪失の彼女に銃で右肩を撃たれてしまいます。

 

 

敵が持つ秘密兵器対策として、コンピュータ制御されていない頃の昔の名車を高級カーオークションで手に入れ、再戦を挑むことに。

 

 

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

 

舞台が日本に変わり、この映画の主人公は全く別の人物・高校生のショーンとなります。

 

 

ブライアンたちは出演しません。

 

ある主要人物がエンディングにカメオ出演するものの、物語には一切関わりません。

 

 

日本にやってきていたハンから、ドライブテクニックを学ぶショーン。

 

しかし、ここでハンがシリーズから離脱する事件が起こります。

 

・あらすじ

 

カーレースが好きなアメリカの高校生・ショーンは何度も自動車事故を起こしているうちに、補導されてしまいます。

 

 

呆れ果てた母親は、彼を東京で離れて暮らす父親の元に送ることに。

 

東京にきたショーンは父親にも学校にも馴染めない毎日を送っていました。

 

 

カーレースの存在を知ったショーンは、車を借りてD.K.(ドリフト・キング)のタカシに勝負を挑み負けてしまいます。

 

 

ハンという男性に声をかけられたショーンは彼の指導の元、ドリフトを身につけてカーレース技術も上達していきます。

 

 

学校ではニーラと仲良くなり充実した生活を送りますが、彼女に気があるタカシの恨みを買うことに。

 

 

さらにタカシは、叔父がトップに立つ組織に支払われるはずの上納金をハンが着服したことを知ります。

 

そんな彼は激怒し、ショーンとハンを追ううちにカーチェイスに発展。

 

 

そして…

 

ワイルドスピード SKY MISSION

 

「ワイルドスピード EURO MISSION」の敵・オーウェンショウの兄であるデッカードショウが登場。

 

たったひとりでドミニクたちに宣戦布告をしてきます。

 

・あらすじ

 

オーウェンショウ率いる国際犯罪組織から救出した、レティの記憶は未だ戻りません。

 

 

ホブスの働くDSSのオフィスにオーウェンショウの兄・デッカードショウが侵入し、ドミニク達の情報を盗み逃走。

 

さらに日本でハンをさつ害し、宣戦布告をします。

 

 

ハンの葬儀中にデッカードを見つけたドミニクは追いかけ、カーチェイスに。

 

ピンチの中、アメリカの秘密組織の一員・ノーバディに救われます。

 

 

デッカードの探索に、高性能の検索システム「ゴッドアイ」の使用を提案します。

 

しかし、その行方を知るハッカー・ラムジーはテロ組織に誘拐され、彼女の救出が条件でした。

 

 

無事にラムジーを救出してゴッドアイを入手しましたが、テロ組織と手を組んだデッカードにゴッドアイを奪われてしまいます。

 

ワイルドスピード ICE BREAK

 

ブライアンは登場せず。

 

今シリーズが10作目で完結することが明かされ、今作は3部作の第1章という位置づけとなります。

 

 

ドミニクがファミリーを裏切って、サイファーという女性と組むことに。

 

 

以上、時系列的にはこのような流れにになって行きます。

 

 

こうして見てみると、「あれ?制作順ではないのか」と思う人もいるでしょうが…

 

この作品の場合は時の流れが作品によって前後しているので、時系列と言う事を考えるのであれば制作順と言うことにはなりません。

 

 

これには理由があります。

 

ハンは初登場の3作めの途中で命を落としてしまうのですが…

 

その後のシリーズにも登場。

 

 

しかし、それだと矛盾が生じてしまうので…

 

「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」は時間の流れとしては「6作目の後の話」ということにされました。

 

 

「ワイルドスピード」シリーズをあらためて時系列順にまとめると、以下の通りとなります。

 

1 → 2 → 4 → 5 → 6 → 3→ 7→8

 

リアルタイムで映画を観ていた人の場合、この順番ではなく上映順で見ることになったのですが…

 

やはりストーリー順で観る方がはるかに内容も理解しやすく、また話の流れ自体も途切れる事がなかったので面白く感じました。

 

 

どんな見方をするか?というのはその人の好きな感じで良いと思うのですが…

 

どういう作品なのか?どういう話になっているのか?という事を知りたいのであれば、時系列順で観るのをおすすめします。

 

ワイルドスピード最新作「ICE BREAK」を無料視聴する方法!

 

映画の配信サイト「U-NEXT」では、ワイルドスピードシリーズの最新作「ICE BREAK」が配信されています。

 

 

基本的に、旧作は見放題のサイトですが…

 

新作に含まれるこの映画の場合、観るのに540円かかります。

 

 

ですが実は、無料視聴する方法があるのをご存知でしょうか?

 

 

その方法とは…

 

 

「入会した時にプレゼントされる、600円分のポイントを使う」ことなのです!

 

 

これなら、たとえ新作の「ワイルドスピード ICE BREAK」でも無料視聴できるのです!

 

 

1. この記事から「U-NEXT」に行く。

 

2. U-NEXTで会員登録を済ませる。

 

3. ポイントを600円分ゲット。

 

4. ポイントを消費し、「ワイルドスピード ICE BREAK」540円)を観る!

 

ぜひこちらの方法を試して、お得に観てください!

 

 

入ったら、「ワイルド」と検索!

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加