ポテトサラダは冷凍保存できるか?解凍方法も伝授!

ポテトサラダは冷凍保存できるか?解凍方法も伝授!

 

せっかく作ったポテトサラダの量が多く余ってしまった場合、保存を検討するでしょう。

 

飽きがこないように、出来るだけ長期保存をして少しづつ食べたいところですが…

 

 

食材を長く保存する方法として、冷凍することを考えますが…

 

冷凍保存できるか気になるのではないでしょうか?

 

 

今回の記事には、ポテトサラダを冷凍保存・解凍する方法を掲載しています。

 

これから作る方や作ったものの余ってしまった方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク


ポテトサラダって、冷凍保存できるか?解凍方法と共に説明!

 

「あと一品何か欲しい」「物足りない」と感じる時に便利なのが、ポテトサラダです。

 

ジャガイモは一個一個が大きいのでついつい作りすぎてしまうことも多いのですが、冷凍保存すればいつでも必要な時に解凍して利用できます。

 

 

ジャガイモ自体は、凍らせると風味が落ちます。

 

これをベースに作ったポテトサラダも、当然冷凍できなさそうに思いますが…

 

 

実はいくつかのポイントを押さえれば問題なく冷凍・解凍が出来、食べることができます。

 

 

後でコロッケやグラタンなどに短時間でアレンジすることも可能ですので、リメイクレシピを行うことの多い人にもお勧めです。

 

 

まずはポテトサラダを作りますが、その際にいくつか覚えておきたいことがあります。

 

 

ジャガイモの食感を残してしまうと、冷凍した時にスカスカになってしまいます。

 

美味しくなくなりますので、必ずしっかりと潰すことが大切です。

 

 

また、きゅうりやタマネギなどの生野菜を入れてしまうと、解凍した時に水分が出てきてしまいます。

 

生野菜は入れないのが、鉄則です。

 

 

基本的に水分が多いと、氷の粒になって細胞を壊す原因になります。

 

ですので、ジャガイモや人参を加熱する時には茹でるのではなく、蒸したり電子レンジで加熱する調理法がお勧めです。

 

 

茹でた時には、水分を飛ばすために一度フライパンで煎る必要があります。

 

他の具材も、キッチンペーパーで拭くようにします。

 

 

次に、冷凍保存する方法です。

 

 

ポテトサラダが十分に冷えたら、1回分ずつに分けてラップで平らに包みます。

 

 

ラップに包んで終わりではなく、その上からジップロックなどの密閉できる袋に重ならないように入れて空気をしっかりと抜きます。

 

温度はなるべく低温になるようにし、熱伝導の良いアルミホイルの上に置くのも効果的です。

 

 

次に、解凍方法です。

 

 

いきなり常温に戻すのではなく、冷蔵庫に移してゆっくりと解凍していきます。

 

急いでいる時には加熱処理を加えたくなりますが、細胞が壊れて水分が出る原因になってしまいます。

 

 

どうしても時間が無い時には、ラップに包んだままにして500W以下の低温で加熱します。

 

常温で戻す場合には、傷みに気付きにくいメニューであることを考えて注意しなければなりません。

 

 

冷凍する場合の保存期間は、約1ヶ月です。

 

ただし、冷蔵庫の開け閉めを頻繁に行うご家庭では、これよりも持ちが悪くなります。

 

ですので、もう少し短めに見積もっておく必要があります。

 

 

開け閉めすると、冷蔵庫内の温度が一定ではなくなりますので、美味しさを長く保つことができません。

 

目安としては、霜がついてきたら劣化し始めている証拠ですので、早めに食べるようにします。

 

ポテトサラダを日持ちさせる方法!

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加