京都の日持ちするお土産・おすすめを紹介!

京都の日持ちするお土産・おすすめを紹介!

京都観光をした際に必ずと言っていいほど購入するのが、お土産です。

 

 

食べ物やお菓子が定番ですが、常日頃顔を合わせている方にはすぐお渡しできても…

 

そうではない方に対しては、いつお渡し出来るか予定が立たない場合も。

 

 

せっかく購入したお土産を渡せずに自分たちで消費してしまうことのないように、ある程度日持ちするお土産を選べば困りませんよね。

 

 

そこで…

 

京都のお土産に詳しい方に、日持ちするお土産(食べ物やお菓子)を聞いてみることにしました。

 

何を買ったらいいのか迷っている場合は、ぜひ参考にどうぞ。

スポンサーリンク

京都のお土産で日持ちする食べ物・お菓子は?おすすめをご紹介!

 

お土産の定番といえば食べ物やお菓子ですが、賞味期限や消費期限が気になってしまいます。

 

特に暑い夏などは、ただでさえ傷みやすい季節ですし。

 

 

せっかく京都土産を購入するのでしたら、日持ちがしておいしく食べられるものがよいですよね。

 

 

人気のお土産はちりめん山椒、つくだに、抹茶といった名産です。

 

おいしく食べたり飲んだりできますし、普段使いにはちょっと贅沢な感じがお土産ならではの特権です。

 

 

スイーツも食べたいけれど、日持ちがしないし常温では難しいと思っていらっしゃるのではないでしょうか。

 

実は京都のスイーツは日々進化していますので、常温でもおいしく食べられるものがたくさんあります。

 

 

京都ならあんこを使ったスイーツをと思う方におすすめなのが、粒あんとマスカルポーネを皮に包んでいただく京都祇園あのんのモナカ「あんぽーね」です。

 

こちらには抹茶・レモン・こしあんなどのマカロンもあり、どちらも常温で30日間持ちます。

 

 

食べ物なら、ゆずポン酢はいかがでしょうか。

 

 

京都の老舗醤油屋さん、松野醤油が製造する「柚子ぽんず醤油」は優しい味わいで、香りがふんわりと抜けていくゆずがやみつきになります。

 

何にかけてもおいしいですし、常温で1年持ちます。

 

 

また、ごま油もおすすめです。

 

 

山田製油のごま油は賞味期限730日と長く、優しく甘い極上の香りが楽しめますし、京都ならではの贅沢と満足、納得のいくおみやげになります。

 

 

醤油やごま油は重いかなという方におすすめなのが、祇園原了郭の「黒七味」です。

 

 

切らすことのできない調味料ですし、京都らしい味や風味が楽しめます。

 

うどんやそばといったいつものメニューが、奥行きのある料亭の味に変わります。

 

 

お漬物も、京都土産の定番です。

 

しそ漬・しば漬・からし漬け・しょうゆ漬け・たくあん・佃煮など専門店もたくさんありますし、種類も豊富です。

 

 

カリッと歯ごたえのよい花らっきょう、八重咲の桜を塩漬けにしたさくらの花、秘伝の調合をしたぬか漬けの素、京の特産品すぐきなどおいしいものがいっぱいでどれにしようか悩んでしまうほどです。

 

 

お茶漬けとしても楽しめますし、チャーハンに入れてもおいしく食べられます。

 

 

すべて手作りの金平糖は日本でも京都のこの店だけという、緑壽庵清水の「金平糖」もおすすめです。

 

 

季節ごとの限定商品が販売されていますし、砂糖というよりもフルーツのようなさわやかな甘さが特徴で、見た目も美しく京都土産の最高峰といえます。

 

50種類以上あり、専門の職人さんがすべて手作りし2週間以上かけて作られるという芸術品です。

 

 

京都夷川、豆政の「クリーム五色豆」もおすすめです。

 

 

落花生にクリームミルク、いちご、バナナ、コーヒー、抹茶の風味の衣がかかっていて見た目もかわいらしく、豆の苦手な人でもおいしく食べられます。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック