バッテラとは?鯖寿司との違いや由来を説明!

バッテラとは?鯖寿司との違いや由来を説明!

しめ鯖を使った鮨と聞くと、「バッテラ」や「鯖寿司」を思い浮かべると思います。

 

 

果たしてこれらは、別物なのでしょうか?

 

それとも、地域ごとに呼び方が違うだけなのでしょうか?

 

 

そもそもバッテラとは、一体何なのか?

 

その変わった名前に、由来ってあるのでしょうか?

 

 

初めて名前を聞いた人もいると思われますので、鯖寿司と共にこの記事で説明しています。

スポンサーリンク

バッテラとは?鯖寿司との違いを説明!

 

「バッテラと鯖寿司は同じもので、ただ地域によって呼び方が違っているだけ」というように思っている人も多いようです。

 

しかしそれだと、場合によっては恥をかいてしまうかもしれません。

 

 

両者は重なる部分もありますが、一般的には別物と認識されています。

 

 

まず鯖寿司ですが、これはその名前のとおり鯖をネタにした寿司です。

 

酢飯の上に開いた鯖を乗せ、巻き簾で締めて形を整えたものです。

 

 

全国的に食されていますが、主に山陰地方・若狭地方・京都・大阪でよく知られています。

 

若狭から京に至る「鯖街道」と呼ばれる街道があったことと、大いに関係していると言われています。

 

 

松前寿司と呼ばれることのある寿司も、この一種です。

 

 

これは、先程説明した方法で出来上がった鯖寿司に、北海道松前産の昆布を巻いたものです。

 

最初に考案されたのは、大阪だと言われています。

 

 

一方バッテラとは、確かに鯖をネタにした寿司です。

 

なので、その意味では鯖寿司の一種ですが…

 

 

大きな違いとしては、巻き簾を使わないことが挙げられます。

 

巻き簾は使わずに、直方体状の箱に詰めて作る箱寿司の一種、という点が大きな違いです。

 

 

このため、一般的な鯖寿司は見た目が普通の握り寿司に近く、中央が盛り上がった形になります。

 

ですがバッテラの場合は、ほぼ完全な直方体状になるという点で、両者の見分けがつきます。

 

 

またあくまで一般論ですが、バッテラはどちらかというと大衆的な寿司で、値段も思ったほど高くないものが多いのです。

 

一方で鯖寿司は、たかが鯖のネタとは思えないくらいに高級品とされ、値段も高いケースが多く見られます。

 

 

なおバッテラの場合、鯖の上に何やら透明の薄いものが乗っていることに気づいている人も多いでしょう。

 

実はこれも昆布なのですが、この有無だけではさすがに区別しにくいかもしれません。

 

 

バッテラが考案されたのも、大阪です。

 

名前の由来は、ポルトガル語の「bateira」です。

 

これは、小舟・ボートを意味しています。

 

 

魚を開いて酢飯の上に乗せた姿が、頭と尾が尖った状態。

 

同じように、船首と船尾が尖っている舟の形に似ていたためと言われています。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック