サーロインとは?リブロース・フィレとの違いを説明!

サーロインとは?リブロース・フィレとの違いを説明!

牛肉には様々な部位があり、それぞれ切り分けたものが商品としてスーパーやステーキ店などで出されます。

 

 

サーロインステーキやフィレスレテーキといえば昔から聞く名前なのですが、近年ではそれに加え「リブロースステーキ」もメジャーになりつつあります。

 

 

ただ…

 

名前は聞いてるし食べたことはあるものの、実際にそれらが牛のどの部位かを正確に知っている人は意外と多くないものと思われます。

 

牛肉の味にはこだわりがある人でも、なかなかそこまで興味が向かないのかもしれません。

 

 

こちらの記事では、「サーロイン」「フィレ」「リブロース」それぞれの特徴や違いを説明しています。

スポンサーリンク

サーロインとは?フィレ・リブロースとは?それぞれの違いを説明

 

牛肉の各部位には、名前と適した調理法・メニューがあります。

 

それぞれの特徴と違いを見ていきましょう。

 

 

まずはサーロインについての説明ですが、これはロース肉でも鞍下(くらした)つまり「腰」の部分にあたります。

 

断面が細く同じ量でも厚切りに出来るため、ステーキに都合の良い部位です。

 

 

ステーキ用の肉として有名であり、牛肉の中では最高の肉質です。

 

牛肉の中で、唯一「サー」の称号を与えられた部位です。

 

 

柔らかくて甘みがあり、ジューシーな霜降りが多いのが特徴です。

 

ステーキはもちろんのこと、しゃぶしゃぶ・すき焼き、そしてローストにもおすすめです。

 

 

次にフィレとは、1頭の牛から3%とほんのわずかしか採ることのできない、サーロインやロースと並ぶ高級部位です。

 

 

鶏で言えばササミにあたる部位であり、もっとも味が少ない部位ではあるものの、淡白な味を好む日本人には人気のある部位です。

 

とても柔らかくて、脂肪が少ない上品な味が特徴です。

 

 

フィレ肉の中で特に柔らかい部位である「シャトーブリアン」、フィレを小さくカットした「ミニヨン」といった、さらにこの部位を細かく分けた呼び方もあります。

 

 

ステーキ・ローストなどにおすすめ。

 

あまり焼きすぎなようにするのが、おいしく食べるコツです。

 

 

そしてリブロースとは背中の肉であり、サーロインの隣の部位にあたります。

 

 

適度な脂肪分を含んだ旨味がたっぷりな部位で、肉質もきめ細やか。

 

肋骨に触れていない部分の二層構造になっている、平らな部位は「バラ」に似ています。

 

 

この部分を取り除き、残った部位が牛肉でもっとも柔らかい肉質であるリブロースにあたるのです。

 

最も霜降りとなりやすい部位であり、分厚く大きな長方形で採ることができます。

 

 

しゃぶしゃぶ・炒め物・ビーフシチューに最適ではあるものの、高価です。

 

煮込んで溶け出した、肉汁たっぷりのスープは絶品です。

 

ロースト・ビーフにも適した部位と言えるでしょう。

 

 

また、大きなサイズのステーキにはこのリブロースが最も適しており、最高級ステーキと言われるのはこの部位。

 

 

リブロースは、同じ背中・腰のお肉の中でも断面が大きくなり、脂の交雑も複雑になって脂っこくなります。

 

複雑なぶん筋も複雑に入り、筋ばったように感じることもあります。

 

断面が大きいぶん、同じ量でも薄くなりがち。

 

 

しゃぶしゃぶなら脂っこいリブロース、そのままのお肉を楽しめるステーキならサーロインといった分け方で考えると良いでしょう。

 

高級かつあっさり食べたいのであれば、フィレ肉といった具合になります。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック