プラリネとは?ジャンドゥーヤとは?ガナッシュとは?違いを説明!

プラリネとは?ジャンドゥーヤとは?ガナッシュとは?違いを説明!

 

一口にチョコレートと言っても様々な名称や種類が存在し、それぞれどんな特徴があるのかわかりにくいのではないでしょうか?

 

普段聞き慣れない言葉が並んでおり、注文する時以外には特に気にすることもないかもしれません。

 

 

洋菓子専門店などの店内やパンフレットにも詳しい説明を載せていなかったりして、その意味を知る機会は与えられていません。

 

買って食べるだけなら必要がない、と思われているのかもしれませんが…

 

 

そこでこの記事では、ジャンドゥーヤとは何か?ガナッシュとは何か?プラリネとは何か?

 

それぞれのチョコレートに関する説明と違いを掲載しています。

 

スポンサーリンク

プラリネとは何?ジャンドゥーヤとは一体?ガナッシュとは何なのか?それぞれの違いを説明

 

チョコレート菓子の名前は複雑なものが多く、フランス語などが堪能な方であってもよく意味が分からないといった名称も少なくありません。

 

 

ジャンドゥーヤ・ガナッシュ・プラリネなど、見た目は多少似ていても中身が異なるチョコレート菓子もあります。

 

ですので、それぞれの特徴や名称ごとの差異を予め認識しておくべきだと言われています。

 

 

まずジャンドゥーヤとは、チョコレートにナッツが加えられているものを指します。

 

 

イタリアではポピュラーなチョコレートであり、ナッツの種類としてはアーモンドやヘーゼルナッツがよく使われているといった特徴があります。

 

チョコレートの滑らかさにナッツの香ばしさと食感がプラスされているため、子供から大人にまで幅広い人気を得ています。

 

 

プラリネも、ジャンドゥーヤと同じようにナッツ類が加えられています。

 

ですがこちらは、焙煎したナッツアーモンドやヘーゼルナッツなどを細かくキャラメルのようにペースト状にしてから混ぜるといった手法で作られています。

 

 

ナッツの香ばしさや味は残るものの、歯応えはあまり感じないものと想像しておけば分かりやすいと言えるでしょう。

 

 

さらにプラリネには、チョコレートとナッツの香りが特に濃いといった特色もあります。

 

 

そしてガナッシュは、ナッツが使われていない生クリームが含まれているチョコレートになっています。

 

 

いわゆる生チョコを想像すれば、理解しやすいのではないでしょうか。

 

ナッツが外側にコーティングされていないため、チョコレートの形が整っている商品が多くなっています。

 

 

コリコリとした食感ではなく、生クリーム入りのチョコレートならではの滑らかな口どけが好みな方に人気を博しています。

 

またナッツが含まれていないことから、多少カロリーが低いという点もガナッシュの愛好家が多い理由だと言えるでしょう。

 

 

ジャンドゥーヤは、ナッツとチョコレートの両方の食感と味を楽しみたい方に向いている商品です。

 

 

プラリネはナッツの風味が残ったペースト状のチョコレートが食べたい方向け、そしてガナッシュはナッツの入っていない濃厚なチョコレートを欲している方向けの商品だと言えます。

 

 

それぞれに特徴がありそれぞれが美味しいチョコレートだと言えますが、店舗やパティシエによってはこの名前ごとの特色を厳密に守っておらず…

 

プラリネなのに、固形のナッツが入っているものが売られていることも珍しくありません。

 

 

チョコレートごとの特徴を予習しておいた上で、店員さんにナッツがどのような含まれているか確認するのが一番です。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加