米沢牛・おすすめの食べ方と料理のレシピを紹介!

米沢牛・おすすめの食べ方と料理のレシピを紹介!

美味しい国産牛の米沢牛は、数あるブランド牛の中でも評価の高い牛肉です。

 

 

松阪牛や神戸ビーフと並んで、「日本の三大銘柄牛」にも選ばれています。

 

山形県南部の置賜地方で飼育された、黒毛和牛です。

 

 

米沢牛は、どんな食べ方が美味しいのでしょうか?

 

食べたあことのある方々に、料理とレシピを聞いてみることにしましょう。

 

スポンサーリンク

米沢牛を使った美味しい料理とレシピとは?

 

おすすめする米沢牛の食べ方・一人目の意見

 

米沢牛を使った料理で食べたいものを挙げると、肉本来の旨味が堪能できるステーキがあります。

 

 

高級な牛肉をステーキにする際には、シンプルに塩と胡椒で味付けするレシピがおすすめです。

 

肉の旨味がぎゅっと凝縮され、自然な脂の甘みも感じられます。

 

 

牛肉をフライパンや鉄板などで焼く際には、事前に冷蔵庫から出して室温に戻しておくことが重要です。

 

 

冷たいままだと、焼いた時に表面だけを加熱することになってしまい、中の温度は上がりません。

 

表面だけが焦げてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

 

塩と胡椒は、ステーキを焼く直前にふるようにします。

 

 

塩は味付けにふるものですが、目的はそれだけではありません。

 

表面のタンパク質を早く固めて、肉の旨味を閉じ込める働きもあります。

 

 

塩を振ってからしばらく時間が経過してしまうと、肉汁が流れ出てしまいます。

 

 

また、塩をふる時のポイントは、高めの位置から均一になるようにふることです。

 

均一ではないと、焼き加減にむらができてしまうことがあります。

 

 

それからステーキを美味しく焼くポイントは、焼き加減にもあります。

 

まずフライパンをよく熱してから、肉を強火で焼きます。

 

 

短時間で表面のタンパク質を焼き固めることで、ジューシーに柔らかく焼き上げることができます。

 

弱火で焼いてしまうと肉汁が流れ出るので、旨味も失われてしまいます。

 

 

おすすめする米沢牛の食べ方・二人目の意見

 

米沢牛はそのブランド価値の維持を目的として、細やかな定義付けが為されています。

 

 

故に名乗る事が許されたものは肉質は安定しており、部位による違いは幾らかあるものの…

 

全般に脂が強く乗りつつも、そのキメが細かいという点が特徴となっています。

 

 

その為、料理ではその特徴を活かした調理法とする事が適切と言えます。

 

 

例を挙げると、野菜等と一緒に鉄板や網で焼く焼肉は、定番の料理法の1つとなります。

 

ですが、食べる際に使うタレの味が強いとそちらの味ばかりが強調されてしまい、肝心の肉の味があまりしないという結果に陥る可能性があります。

 

 

そこで焼肉の場合、肉に関しては強火でやや軽めに焼いて塩のみの味付けとするか、タレの量自体を緩和するのが望ましくなります。

 

 

他の料理レシピに関しても、米沢牛の場合は同じ事が言えます。

 

産地でも良く食べられるステーキの場合には、基本的な味付けは片面の塩・胡椒で充分と言えます。

 

 

ステーキソースを作る場合も、肉が負けてしまわず且つより強調した風合いや味わいを出す意味で…

 

材料は、ポン酢や僅かなニンニクといったものに留める事が望ましいです。

 

 

且つ焼く際に調理器具の方に残る脂をソースに入れてやる事で、味わいがグッと引き立てられます。

 

 

また、しゃぶしゃぶで余計な脂を落とす調理法も良いですが、この場合はアクが比較的しっかりと出る傾向にある肉質なので、こまめに取ってやる事が美味しく食べる近道です。

 

 

タレは胡麻系よりもポン酢系統とした方が、美味しく頂けます。

 

 

そして全般に言える事ですが、調理開始時に肉が常温である事が秘訣となります。

 

その為、冷蔵保存の場合には、料理する30分程度前から常温環境(室内等)に置くのが良いと言えます。

 

 

おすすめする米沢牛の食べ方・三人目の意見

 

米沢牛は、日本の三大和牛の一つと言われているほど、美味しいお肉です。

 

 

料理をするのであれば、お肉そのものの味を堪能できる料理がおすすめです。

 

中でも米沢牛のステーキは、肉そのものの味を味わえますので、家庭で料理してみてはいかがでしょうか。

 

 

そこで、米沢牛を使ったステーキレシピをご紹介します。

 

 

まず、肉を冷蔵庫から取り出し、30分程常温に戻しておきましょう。

 

肉が冷たいまま焼いてしまうと、中まで火が通らなくなってしまうので、注意が必要です。

 

 

肉の片面だけに塩・コショウを振り、筋があれば包丁の先で切っておきましょう。

 

フライパンで強火で熱してから牛脂を入れて油を溶かし、肉を入れて焼きます。

 

 

お好みの火加減で両面を焼いたら、出来上がりです。

 

 

表面に赤い肉汁が出てきますが、生だと勘違いされる方も多いのではないでしょうか。

 

実はこれは肉の色素なので、火は通った状態です。

 

 

家庭で焼く場合、赤い肉汁が出てくると生だと勘違いして、火を通し過ぎてしまうことも。

 

そのため、せっかくの米沢牛の味が台無しになってしまうこともありますので、注意しましょう。

 

 

ミディアムの場合は片面を焼き、表面に肉汁が浮かんで来たら肉をひっくり返し、20秒焼くのが目安です。

 

 

ステーキを焼いた後はお皿に移し、フライパンに残った肉汁と脂を使ってソースを作りましょう。

 

にんにく・玉ねぎのすりおろし・玉ねぎ・ポン酢・しょうゆをフライパンで煮詰めてソースを作り、ステーキにかければ出来上がりです。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加