桜餅の由来・ひな祭りに食べる意味は?

桜餅の由来・ひな祭りに食べる意味は?

 

和菓子屋に桜餅が並ぶ季節といえば、3月あたりからでしょうか。

 

4月くらいまでたくさん販売されているのを見かけます。

 

 

桜餅が売られている時期がひな祭りの時期と近いということで、「桜餅はひな祭りのお菓子」というイメージを持っている人も多いみたいですね。

 

 

いつから食べられているのか、気になる方もいると思われますが…

 

実は、全く意味や関係がなかったことをご存知でしたか?

 

 

また、桜餅は「道明寺」と「長命寺」の2種類あるのですが…

 

それぞれ、どんな違いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

桜餅の歴史とは?関東風と関西風では由来が違う?

 

塩漬けした桜の葉の渋みと、餅にくるまれた甘い餡がマッチした美味しい桜餅。

 

これを食べると春の訪れを感じますよね。

 

 

お餅がピンクの物もあってより一層春気分を盛り上げてくれます。

 

 

さて、そんな春の定番スイーツ桜餅ですが、いつから食べられているのでしょうか。

 

 

桜餅のさくら色がひな祭りのイメージと重なることから、本来食べられていたであろう菱餅よりもポピュラーな存在になってしまったようですね。

 

 

では…

 

ひな祭りと関係がないのであれば、桜餅には別にどんな歴史や由来があるのでしょうか?

 

 

少し歴史・起源を探っていきましょう。

 

 

実は桜餅には、関東風の「長命寺」と関西風の「道明寺」が存在します。

 

これらの違いは、一体何なのでしょうか?

 

「関東風」桜餅の歴史・由来

 

関東風の桜餅の歴史は、江戸時代にさかのぼります。

 

 

享保2年、隅田川沿い長命寺の門番・山本新六は桜の落ち葉掃除に毎日悩まされていました。

 

新六はその桜の葉を何かに利用できないものかと考え、葉を塩漬けにして薄い皮で包んだ餡に巻きつけることを思いつきました。

 

 

それを門前で売り出すと大好評で、将軍徳川吉宗が付近に桜の木を植えさせたこともあって花見客で賑わい、大変繁盛したということです。

 

 

このことから「長命寺」または「長命寺餅」と呼ばれ、関東ではこちらを食べるのが主流になっています。

 

薄く焼いた皮が桜餅の生地となっており、餡を巻くようにして作られているのが特徴です。

 

「関西風」桜餅の歴史・由来

 

一方、関西風は、もち米を蒸して乾燥させ、粗挽きした道明寺粉と呼ばれる皮で餡を包んだ、見た目がまんじゅうのようなお餅です。

 

 

道明寺粉は、戦国時代より大阪の道明寺で保存食として食べられていたことから、この名の由来になりました。

 

関西ではこちらを食べるのが主流になっており、「道明寺」または「関西風桜餅」と呼ばれています。

 

 

桜餅の歴史は結構古く、昔の人も食べていたんだなあと考えるとちょっとした感動がありますよね。

 

 

日本人は昔から季節を大切にしてきたことがよく伝わってきます。

 

春になって桜餅を食べるのが楽しみですね。

 

まとめ

 

・桜餅の歴史。

 

関東風と関西風では、それぞれ由来に違いがある。

 

 

・関東風の桜餅は「長明寺」と呼ばれる。

 

門番が桜の葉を使って餅を作ったのが起源と言われている。

 

 

・関西風の桜餅は「道明寺」と呼ばれる。

 

粗く砕いたもち米の粉を使った皮で作った。見た目はまんじゅう型。

 

 

・ひな祭りのある3月に食べられるためひな祭りのお菓子と思われていることも多いが、実は時に関係や意味はない。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック