すき家のカレー・辛さと評判は?うまいかまずいか聞いてみた

すき家のカレー・辛さと評判は?うまいかまずいか聞いてみた

 

すき家は大手の牛丼チェーンですが、かなり早い時期からトッピングを採用するなどバラエティに富んだメニューが特徴です。

 

カレーも販売されていて、牛丼と並んだ主力商品とまで言われています。

 

 

とはいえ牛丼のお店でカレーを注文することに慣れていないと躊躇してしまうのも確か。

 

うまいのかまずいのかわからないので、ついいつもの牛丼メニューを頼んでしまう…

 

 

カレールーの辛さも気になるところです。

 

そんなあなたに向けて、実際に食べた方々の感想や評判を聞いてみることにしました。

 

スポンサーリンク

すき家のカレーメニュー。価格とカロリー一覧

 

数値は、左から「価格」「カロリー」の順です。

 

・デラックスカレー

 

ミニ:730円、853kcal

 

並盛:790円、1155kcal

 

大盛:900円、1456kcal

 

・メガ:1010円、1768kcal

 

 

・納豆カレー

 

ミニ:470円、556kcal

 

並盛:530円、857kcal

 

大盛:640円、1158kcal

 

メガ:750円、1470kcal

 

 

・ポークカレー

 

ミニ:390円、445kcal

 

並盛:450円、746kcal

 

大盛:560円、1047kcal

 

メガ:670円、1359kcal

 

 

・牛あいがけカレー

 

ミニ:590円、589kcal

 

並盛:650円、891kcal

 

大盛:760円、1192kcal

 

メガ:870円、1504kcal

 

 

・豚あいがけカレー

 

ミニ:590円、604kcal

 

並盛:650円、905kcal

 

大盛:760円、1207kcal

 

メガ:870円、1518kcal

 

 

・とろ〜りチーズカレー

 

ミニ:540円、625kcal

 

並盛:600円、926kcal

 

大盛:710円、1227kcal

 

メガ:820円、1539kcal

 

 

・おんたまカレー

 

ミニ:460円、529kcal

 

並盛:520円、830kcal

 

大盛:630円、1131kcal

 

メガ:740円、1443kcal

 

 

・おんたま牛あいがけカレー

 

ミニ:660円、674kcal

 

並盛:720円、974kcal

 

大盛:830円、1276kcal

 

メガ:940円、1588kcal

 

 

・からあげカレー(店舗限定)

 

ミニ:540円、690kcal

 

並盛:600円、991kcal

 

大盛:710円、1293kcal

 

メガ:820円、1605kcal

 

すき家のカレーの口コミ・評判

 

すき家のカレーでおすすめのメニューを聞いてみた。辛さは?

 

 

すき家で好きなメニューは、「ポークカレー」です。

 

やはり、定番のメニューを選ぶのがベストだと思います。

 

 

また値段が安いことも、ポークカレーを選ぶ理由のひとつです。

 

牛あいがけや豚あいがけなども良いと思いますが、価格を考えるとコストパフォーマンスがイマイチだと感じて、注文を躊躇してしまうことが多いです。

 

 

すき家では安くて手軽な定番メニューを選んで、カレーにこだわりたい日はココイチなどの専門店を利用することをおすすめします。

 

好きなカレーメニューは、「からあげカレー」です。

 

これを頼む理由は、2つあります。

 

 

一つは、週に3回はからあげを食べるくらいにからあげが大好物であること、

 

もう一つは、他のバリエーションがあまり好みではないことです。

 

 

定番中の定番であるポークを除けば、他のカレーはチーズ・牛あいがけ・おんたま・豚あいがけ・納豆と、かなりクセのあるトッピングです。

 

自分は変わり種な味を楽しむタイプの人間ではなく王道料理が好きなので、いつもポークかからあげを頼んでいます。

 

すき家でよく食べるカレーのメニューは、おんたまカレーです。

 

 

卵の黄身がとろっとカレーに混ざるところが何とも言えなくて、美味しいと感じます。

 

味にアクセントがついたような感じになるので、大抵はこれを頼みます。

 

 

ポークも好きで、これはシンプルなところがいいなと感じます。

 

 

基本的には全部美味しいのでどれを頼んでもいいのですが、大抵はおんたまを注文することが多いですね。

 

後は気分次第で、なんとなくポークにしてみたりという感じです。

 

すき家で好きなメニューは、牛あいがけカレーです。

 

 

やっぱりすき屋といえば牛丼というイメージがあるのですが、その牛丼の味わいも一緒に楽しめるのです。

 

かなりお得で贅沢な感じがして、いつもこればかり注文してしまいます。

 

 

牛肉部分とお米部分だけを食べて牛丼気分、カレーとお米部分だけを食べてカレー気分、その両方を一緒に食べてももちろん美味しくて大好きです。

 

一つのメニューで二度三度と異なる味を楽しめて、飽きが来ないです。

 

 

すき家のカレーメニューで気に入っているのは、「デラックスカレー」です。

 

 

チーズ・卵・牛丼にカレーという、全ての美味しいものを詰め込んだ夢のような一皿です。

 

もちろん味も文句なしで、チーズが溶けたところに卵を混ぜるともう絶品です。

 

 

あれもこれも食べたいという人には特にお勧めの一品で、私も特にお腹が空いている時には絶対にこれを食べます。

 

すき家というと牛丼というイメージですが、これも病みつきになるくらい美味しいので一度食べてみてください。

 

すき家のメニューの中で一番好きなのは、牛あいがけカレーです。

 

 

牛丼屋さんなので、牛肉は言うまでもなくとても美味しいです。

 

カレーも食べたいけれど、牛丼も食べたいという時にも、牛あいがけカレーにすると両方楽しめます。

 

 

辛すぎることもなく、少し甘めになっています。

 

スパイスが効きすぎているわけではないので、牛肉の味ととてもマッチしています。

 

 

何よりも、すき家の人気メニューが一度に味わえるのです。

 

すき家のカレーメニューの中で一番食べるのは、「カツカレー」です。

 

 

ほかのどの店舗よりも味付けが濃く、またカツの油の量が絶妙なので、食べていてとても幸せになります。

 

ルーも絶妙な辛さで、しっかりとカツやお米にマッチしているので、誰でも食べやすいメニューだと思います。

 

 

調理時間もそれなりに短く、すぐに提供されるので急いでいる時によく利用します。

 

時間がない人にお勧めです。

 

 

しかもどこのお店よりも安く提供しているので、とてもお得です。

 

 

私が食べたすき家のメニューの中では、「牛あいがけカレー」が一番好きです。

 

 

すき家などの牛丼チェーン店に入ると、カレーと牛丼の両方が食べたい衝動にかられる事が多いのです。

 

そんな私の欲望を満たしてくれるメニューと言えます。

 

 

また、手持ちのお金が少なかったりちょっと節約したいなと思っている場合には、「ポークカレー」を頼みます。

 

自分で作って食べる場合にも、豚肉などの安価な肉を具材にする事が多いですし、牛などの高価な肉でなくても十分美味しいと思えるからです。

 

好きなのは、牛あいがけカレーです。

 

 

すき家の牛丼は他の牛丼チェーンと比較するとやや甘みが強いかなと感じる味なのですが、カレーは割とオーソドックスな味だと思います。

 

辛さや甘さも極端ではなく食べ飽きない味付けであることで、単品でもよいのですが。

 

 

やはり牛丼チェーン店ということで、入った以上は牛丼も味わいたい。

 

そんな希望をかなえてくれるメニューであるというのが、最大の理由です。

 

 

さらに牛丼の具を加えて甘みが加わったことで、通常はカレーの薬味には使わない紅ショウガを楽しめるというメリットもあります。

 

すき家のカレーの中で好きなメニューは、牛肉・チーズ・温玉がトッピングされた「デラックスカレー」です。

 

 

すき家に行ってカレーを食べたい時というのは、牛丼よりも更にがっつり食べたい気分の時が多いのです。

 

まず、トッピングに牛肉は必ず欲しいです。

 

 

また、すき家のルーは結構さっぱりとして少しコクが欲しいので、チーズもやはり必須です。

 

 

温玉は、食べ進める途中で少し味に変化が欲しいと思った時に黄身を割ってルーと混ぜれば、最後まで飽きずに食べることができます。

 

すき家の牛丼・サイズ(中盛と大盛と特盛)の違いは肉の量?

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加