ドラクエ8・錬金釜の最強武器とおすすめアイテムを評価!

ドラクエ8・錬金釜の最強武器とおすすめアイテムを評価!

 

ドラクエ8で登場するアイテム・装備・アクセサリーの中には、錬金釜でしか作れないレアアイテムが存在します。

 

道具屋で売られていない回復アイテムも多く、特にボス戦や終盤でお世話になるものも含まれています。

 

 

当記事では、ドラクエ8の錬金釜の使い方やおすすめアイテム・最強クラスの武器をご紹介します。

 

各アイテムのレシピも掲載していますので、参考にどうぞ。

スポンサーリンク


ドラクエ8・錬金釜で作れるおすすめのアイテムをご紹介!

 

錬金で作れるおすすめアイテムや、最強の武器をご紹介しましょう。

 

 

まず1つ目は、道具「ふしぎなタンバリン」です。

 

 

ドラクエ8から採用されたシステムが、テンション上げ。

 

 

特にスーパーハイテンションになれば桁違いのダメージを与えられるので、特にボス戦で重宝しますが…

 

自力でテンションを上げる場合、それだけで1ターン分の行動を消費してしまうのがネックですよね。

 

 

しかしこのアイテムを使えば、「1回で、パーティ全員のテンションを1段階上げる」ことが可能なのです。

 

 

その間他のキャラは、スクルト・フバーハなどで守りを固めることも可能。

 

テンションが十分上がった状態で、全員一気に斬りかかることができてしまいます。

 

 

攻撃と守備の準備を同時進行で出来るのは、かなり頼もしいです。

 

 

ふしぎなタンバリンのレシピは、「太陽のかんむり」と「怒りのタトゥー」と「まじゅうの皮」です。

 

 

2つ目は、道具「けんじゃの石」です。

 

 

ドラクエシリーズでは、もはやおなじみ。

 

呪文「ベホマラー」効果を持ちながらMPを消費することはなく、何度でも使用可能です。

 

 

ドラクエシリーズ終盤に宝箱から入手できるのが定番のアイテムで、今作では終盤のダンジョン「暗黒魔城都市」にある宝箱から入手可能。

 

 

全員を回復するタイプの呪文や特技(ベホマラーやハッスルダンス)を持ってないヤンガスでも、けんじゃの石を使えば毎回全キャラのHPを100以上回復させることができます。

 

 

また全体回復を使える他のキャラであっても、せっかく上げたテンションを消費せずに回復できるのが大きな利点と言えます。

 

 

通常テンションが上がった状態で回復呪文などを使うと、回復量が増えるかわりにテンションがもとに戻ってしまいますよね。

 

 

せっかく攻撃して大ダメージを与えようとコツコツ上げたのに、タイミング悪く大ダメージを受け、回復せざるを得なかった…

 

 

しかしけんじゃの石は「道具」なので、これを使っても上げたテンションの状態はそのまま保たれるのです。

 

 

テンションの上がった状態でHPが不安な場合でも「諦めて回復しちゃうか?それとも、HPやばいけど攻撃するか?」と迷う必要がなくなり…

 

 

「まずはけんじゃんの石で回復して、次のターンで攻撃」できるのは、かなり大きいです。

 

 

けんじゃの石のレシピは、「せかいじゅのしずく」と「金塊」と「オリハルコン」です。

 

 

3つ目は、道具「せかいじゅのしずく」です。

 

 

せかいじゅのしずくは、戦闘中に使うと全キャラのHPを完全に回復できます。

 

呪文「ベホマズン」の効果と同じですが、1回使うとなくなります。

 

 

一回の攻撃が強い終盤のボス戦では、ボスの一度の攻撃でパーティーの全キャラが壊滅的なダメージを受ける事があります。

 

 

そんな時にパーティーの中で一番素早いキャラにせかいじゅのしずくを持たせておけば、次のターンで真っ先にせかいじゅのしずくを使ってパーティーの状態を立て直す事ができます。

 

 

せかいじゅのしずくのレシピは、「せかいじゅの葉」と「まほうのせいすい」です。

 

 

4つ目は、道具「エルフの飲み薬」です。

 

 

ダンジョン奥地で待ち受けているボスのもとにたどり着いたとしても、そこまで多数の雑魚戦を乗り切っているので…

 

大抵ボスとの対戦前には、回復系キャラのMPがかなり消費されている状況が多いと思われます。

 

 

満足に回復できない状況でボスに挑むのは、あまりにも無謀ですが…

 

ドラクエシリーズの場合、ダンジョン内で回復できる場所は一部をのぞいて存在しません。

 

 

そんな時に頼りになるのが、仲間1人のMPを完全回復できるこのアイテムです。

 

 

ボス戦に突入する前に回復キャラのMPをこれで回復させておけば、戦闘がかなり楽になります。

 

 

エルフの飲み薬のレシピは、「せかいじゅのしずく」と「まほうのせいすい」です。

 

ドラクエ8・錬金釜で作れる最強の武器はこれ!

 

最後に、錬金で作れる武器の中で最強クラスのものをご紹介しましょう。

 

 

それは、「竜神王の剣」です。

 

攻撃力は137で、レシピは「竜神の剣」と「はぐれメタルの剣」です。

 

 

錬金用の素材として使う「はぐれメタルの剣」は、これだけでも攻撃力118と強いです。

 

これは、「古びたつるぎ」と「オリハルコン」と「スライムのかんむり」を錬金して作ります。

 

 

とはいえ…

 

実際は2回攻撃できる「はやぶさの剣・改」の方が、相手に与える総合ダメージでは上だったりします。

 

「はやぶさの剣・改」は、「はやぶさの剣」と「ほしふるうでわ」で作れます。

 

 

3DS版では、さらに強力なレシピが追加されました。

 

 

「はぐれメタルの剣」と「古のロトの剣」を同時に錬金釜に入れると主人公の最強武器である「ロトの剣」が完成出来ます。

 

 

また3DS版では、見た目が変更される装備も追加されています。

 

ヤンガスの「したっぱベスト」やゼシカの「魔女っ子スカート」なども、同じく新規要素として追加されています。

 

ドラクエ8・錬金釜の使い方!

 

ドラクエ8の錬金釜ですが、実はハードによって仕様が異なります。

 

 

最初に発売されたPS2版では、錬金釜を利用してから完成までに一定の待ち時間が求められます。

 

 

一方でリメイクされた3DS版では、待ち時間が不要です。

 

操作を済ませた後は、即座にアイテムが完成します。

 

 

ドラクエ8では、錬金システムがクリアのための一つの鍵となっています。

 

 

各地で必要な素材を拾い集めて錬金する事で、強い装備やアイテムを店で買う段階よりも、早期に入手出来たり。

 

錬金でしかゲット出来ない、レアな道具や武具を作れます。

 

 

仕様の違いは、あくまで待ち時間の有無であり、他に大きな違いはありません。

 

 

PS2版では、錬金が成立しない素材同士を釜に入れると、アイテムが戻される演出があります。

 

 

一方で3DS版では、そもそも錬金が出来ない組み合わせにすると、釜に入れる前に「不成立」というメッセージを確認できます。

 

このため、無駄に素材をあれこれ試行錯誤しなくても良い仕様に変更されています。

 

 

錬金釜の使い方を説明しますと…

 

 

アイテムを合成するには、カーソルで2つ以上の素材をチョイスするだけです。

 

素材を入れる順番などは、基本的に関係ありません。

 

 

ごく一部のレア素材を除き、冒険の過程でゲットできる素材は2個以上ゲット出来ます。

 

そのため、冒険序盤や中盤はどんどん惜しみなく錬金釜を活用した方が、シナリオをサクサクと進められます。

 

 

錬金によるレシピは、基本的に元の素材よりも強化されます。

 

しかし一部に費用対効果が悪い組み合わせ、逆に弱くなってしまう組み合わせもあります。

 

 

例えば、「岩塩」と「アモールの水」です。

 

 

この2つを組み合わせると、ご存知「聖水」が完成しますが、元々道具屋で安く購入出来るアイテムです。

 

合成させるために手間がかかる上、合成すると赤字になってしまい、恩恵はゼロです。

 

 

次に、「踊り子の服」と「魔獣の皮」の組み合わせもいわゆる地雷です。

 

 

合成すると、「皮のドレス」が完成します。

 

これも比較的序盤に防具屋で安く購入できるため、合成するメリットも無いどころか損です。

 

 

レア素材と上位互換の防備を組み合わせたにも関わらず、守備力とレア度が下がる…

 

このように、本当にメリットがない合成の組み合わせもあります。

 

 

なので、いくつかの合成についてはよく考えてからボタンを押しましょう。

 

ドラクエ8/バトルロードの最強モンスターチームは?おすすめを紹介

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加