ハッスルじじい・邪の倒し方!強すぎて倒せない場合は(ドラクエ11攻略)

ハッスルじじい・邪の倒し方!強すぎて倒せない場合は(ドラクエ11攻略)

 

プチャラオ村内の壁画世界のボス、メルトア。

 

クリア後には彼女がいた場所に「ハッスルじじい・邪」が出現し、村人を強制的にダンスさせています。

 

 

戦闘中でもさそうおどりによってこちらの行動を封じてきますが、さらに仲間呼びまで行います。

 

呼ばれた仲間までもこちらを魅了状態にしてくるため、ハマると何も出来ずに全滅させられる可能性大です。

 

 

育て方によって得られるタイミングが人によって違う、特定の特技は挙げず…

 

誰でも再現できる攻略法をご説明します。

 

スポンサーリンク

ドラクエ11・ハッスルじじい・邪の倒し方を紹介!強すぎて倒せない場合は…

 

初見こそ見た目がネーレウスの色違いということで、甘く見がちな「ハッスルじじい・邪」ですが…

 

実際に戦ってみるとタフで、威力の高い特技を使って力技でゴリ押しを狙っても倒せません。

 

 

しかも仲間の「テンタコルス」2体と「デビルメビウス」2体を順番に呼ぶので、かなり厄介です。

 

 

ハッスルじじい・邪とテンタコルスは、「さそうおどり」で行動を封じてきます。

 

デビルメビウスは「あやしくおどる」で魅了状態にしてくるほか、イオグランデで大ダメージを与えてきます。

 

 

全5体から何かしら行動を制限してくる特技を使われ、何も出来ずに強力な攻撃呪文でボコボコにされる…

 

 

そんな結末を迎えてしまった方も、いるのではないでしょうか?

 

まあ、私自身なのですが…

 

 

ドラクエ11ヤバイ。

 

これで全滅6回目だぞ…

 

 

そんなわけでこの戦いで一度全滅させられましたが、その後リベンジ。

 

以下のメンバーと方法で勝つことができました。

 

 

倒し方の参考にしていただければと思います。

 

 

スキルパネルで入手する特定の特技は、紹介していません。

 

そして今回のボスは、攻撃力の強い特技やレベルの高さが勝負を分けるわけではありません。

 

 

今回の鍵は…

 

「ハッスルじじい・邪を眠らせ、いかにその状態を保つか?」

 

「仲間呼びされた厄介なザコ敵を、いかに早めに処理するか?」です。

 

 

・主人公の行動:

 

実はハッスルじじい・邪には眠りが有効でした。

 

彼が起きている間は、ひたすらラリホーマを唱えていました。

 

 

眠った後は、攻撃に移りました。

 

 

仲間を呼ばれた場合は、威力高めの全体攻撃で倒します。

 

覇王斬なら、ストーリーの中で必ず覚えているはず。

 

 

・グレイグの行動:

 

全滅させられた経験から、最悪の状況を見越してマジックバリア(2回がけ)でダメージを軽減しました。

 

幸い勝利したので、意味はほとんど無かったのですが。

 

 

基本的には、壁役と攻撃重視。

 

代わりに、攻撃面が強いマルティナでも問題ないでしょう。

 

 

・ベロニカの行動:

 

HPが不安なため、テンタコルスなどを呼ばれた時だけ参戦。

 

一番強い全体呪文(自分の場合は、イオナズン)で、勇者の全体攻撃と合わせてザコ敵を一掃しました。

 

 

・ロウの行動:

 

ほぼラリホーマをかけ続けていました。

 

ハッスルじじい・邪には効きやすいとはいえず、目を覚ましやすいのでなおさら。

 

 

逆に呼ばれたザコ敵にはかなり効きやすいので、少なくも彼らだけは全員眠らせることをおすすめします。

 

 

ハッスルじじい・邪の眠り中に、ディバインスペルをかけてみましたが…

 

起きた後にラリホーマをかけても、いまいち効果を感じられませんでした。

 

 

ラリホーマを3回ミスったので。

 

重ねがけする余裕はなかったので、試すことは出来ませんでした。

 

 

・シルビアの行動:

 

ボス戦といえばバイキルトによる火力上げですが、グレイグ以外は思ったより単体攻撃するチャンスに恵まれませんでした。

 

ハッスルじじい・邪がすぐ起きるので。

 

 

ベロニカをスタメンにしようと思いましたが、守備面が不安だったため控えに。

 

必要になる時以外は彼を出し、賢者の石による回復役を担っていました。

 

 

幸いデビルメビウスによって魅了状態にされることはなく、ツッコミを使うことはありませんでした。

 

 

・カミュの行動:

 

ほぼ控えでした。

 

 

相手が眠っているような余裕がある時に、ジバリカを使えばもっと効率良かったかも。

 

毎度これはやるのですが、今回は忘れてました。

 

 

・セーニャの行動:

 

今回は使いませんでした。

 

彼女と言えば状態異常を防ぐキラキラポーンを思いつきますが、1回に一人しかかからないので効率が悪すぎます。

 

 

・マルティナの行動:

 

全く使いませんでした。

 

 

以上、育て方に影響されることなく実行できる、各キャラの主な行動を紹介しました。

 

 

すでに体験されたかもしれませんが、休み状態・魅了状態にハマり何も出来ずに全滅させられた方もいると思います。

 

 

とにかく眠らせることに専念した結果、厄介な特技をほぼ使わせないことに成功しました。

 

装備品に拘る必要はなさそうです。

 

 

ハッスルじじい・邪は眠らせることが可能なボスとはいえ、決して眠りやすいわけではありません。

 

しかも、わりと目が覚めやすい。

 

呼ばれたザコ敵は眠りやすいですが。

 

 

スキルパネルでこうげき魔力を上げまくったロウのラリホーマでも、効かない時は効かなかったので。

 

結局運絡みなのは納得がいきませんが、どうかめげずに眠らせてください。

 

ドラクエ11・歴代主人公(勇者)の名前一覧・最強は誰だ?

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加