ドラクエシリーズ・ラスボス(魔王)の名言&迷言ランキングベスト6!

ドラクエシリーズ・ラスボス(魔王)の名言&迷言ランキングベスト6!

 

ドラゴンクエストの最後に控える、歴代のラスボス(魔王)たち。

 

 

自らを、「万物の長」「絶対無比の存在」「王の中の王」「全世界の主」などと持ち上げ…

 

主人公(勇者)達に向かって打倒を宣言し、最終決戦に突入…という流れが定番です。

 

 

役割的に最後の最後まで登場しない者がほとんどで、そもそも交わされるセリフ自体が少ない。

 

名言が生まれにくいのでは?…と思ったのですが。

 

 

そこはやはりドラクエ、これは…と思った名言(迷言?)が見つかりました。

 

スポンサーリンク

ドラゴンクエストシリーズで名言&迷言を残したラスボス(魔王)ランキング

 

RPGのラスボスって、最後の最後に顔を見せる者も多く…

 

実は、印象がパッとしないケースも多いです。

 

 

一方、ドラゴンクエストシリーズの歴代ラスボスは…

 

シリーズ独特のセリフ回しも手伝って、印象に残った名言(迷言?)がいくつか見られます。

 

 

当初ラスボスと思われていたものの、実は中ボスだったモンスター。

 

そんな彼らの名言も、番外編のランキング内でご紹介しています。

 

 

外すのは、ちょっと勿体なかったので…

 

6位:ミルドラース(リメイク版ドラゴンクエスト5)

 

「私の下僕たちが、あれこれと働いていたようだが。」

 

「あのようなことは、そもそも必要の無いくだらない努力に過ぎなかったのだ。」

 

PS2版から追加された、ドラゴンクエスト5のラスボス・ミルドラースのセリフです。

 

 

あくせくと動いていた自分の部下に対して、この言い草。

 

 

ゲマは相当貢献していた気がするのですが、その成果も一蹴。

 

イブールを見限っただけあり、部下に対する評価は一切しない主義のようです。

 

 

あまりにもブラックすぎる組織に、一同驚愕。

 

涙が止まらない…

 

 

さらに「勇者と自分は神をも超えている」と、相手の実力を讃えつつも自賛。

 

 

いずれ直接対決することを予測しており、「来たら単純に叩き潰せば良い」という自信に溢れたセリフと言えます。

 

5位:ゾーマ(ドラゴンクエスト3)

 

「全ての生命を我が生贄とし、絶望で世界を覆い尽くしてやろう!我が生贄となれい!」

 

ゾーマ城の最奥・生贄の祭壇で初対面したゾーマが、早速言い放つセリフ。

 

 

さらに、キングヒドラ・バラモスブロス・バラモスゾンビといったボスラッシュを制した後に言うのが…

 

「何故、もがき生きるのか?滅びこそ我が喜び。死にゆく者こそ美しい。」

 

ドラクエのラスボスの中で最も大魔王らしい、正統派寄りのセリフと言え…

 

ツッコミポイントも、特に見当たらず。

 

 

ちなみに今回のランキングで紹介するのは、ほぼ迷言寄りなセリフばかり。

 

まともなセリフといえば、ゾーマのこれしか無いという。

 

 

自分が敗れた後は…

 

「光ある限り、闇もまたある…再び何者かが闇から現れよう…」と、新たな脅威(竜王)がアレフガルドを襲うことを予測していました。

 

4位:オルゴデミーラ(ドラゴンクエスト7)

 

「オホホホ。それでわたしを倒したつもり?」

 

「おバカさんにも程が有るわね。わたしの美しさは不滅なのよ。」

 

「さあ、坊やたちいらっしゃい。美とは何かを教えてあげるわよ。」

 

人型の第2形態になると、突然オネエ言葉を発するダークパレスのオルゴデミーラ。

 

そしてなぜか、美とやらを教えてくれるという。

 

 

魔空間の神殿で初めて会った方のオルゴデミーラも、第1形態は人型でしたが…

 

オネエ口調では無かった。

 

 

同一人物のはずですが、なぜか過去と現代ではキャラがブレブレという事態に。

 

 

第3形態以降は、体が崩れはじめて余裕が無くなったのか?

 

再び男口調に戻り、やや言葉が荒くなります。

 

 

ちなみにオルゴデミーラ、「神の作りしデク人形」というフレーズがお気に入りなのか?

 

過去でも現代でも死に際にも、使いまくり。

 

3位:デスタムーア(ドラゴンクエスト6)

 

「どれ…お前たちの体を引き裂き、そのはらわたを喰らいつくしてやろうぞ!」

 

随分具体的で怖いセリフですが、ドラクエ3のバラモスが先に似たようなセリフを言っていました。

 

ラスボスではないため、ランキング入りしていませんが…

 

2位:竜王(ドラゴンクエスト1)

 

「もしわしの味方になれば、世界の半分をやろう」

 

ラスボス・竜王の元へたどり着くと、こんな話を持ちかけてきます。

 

 

ファミコン版の場合、うっかり応じてしまうと闇の世界を与えられて画面が静止。

 

実質ゲームオーバーとなってしまいます。

 

 

(※リメイク版の場合は、単に夢から醒めた状態で戻されるのみ。)

 

 

苦労して最後の地点に着いたのに…

 

選択肢によって「戻される」「バッドエンドになる」罠があったのは、当時衝撃を受けました。

 

1位:デスピサロ(ドラゴンクエスト4)

 

「よくぞでかした!では皆の者、引き上げじゃあ!」

 

「うぬぬぬ!皆の者!とにかく引き上げじゃあ!」

 

 

堂々の1位は、時代劇で戦国武将が言っているようなデスピサロの名言(迷言)です。

 

 

ドラゴンクエストシリーズ歴代ラスボスの中でも、圧倒的な存在感を放つ珍ゼリフと言えます。

 

 

1行目のセリフは、5章の序盤で聞けます。

 

 

シンシアがモシャスの呪文で主人公(勇者)に変身し、身代わりとして討ち取られます。

 

その際、ピサロが手柄を立てたモンスターに言ったセリフです。

 

 

2行目のは、主人公(勇者)が神殿の奥でエスタークを討伐した際に聞けるセリフです。

 

 

デスピサロが、亡骸となったエスタークの元へ駆けつけますが…

 

ロザリーが人間に攫われたとの知らせを聞き、急いで神殿を去ってゆきます。

 

 

どちらも共通しているのが、語尾が「〜じゃあ!」口調である点。

 

若いイケメンの見た目に反した、キャラにそぐわない口調と言えるでしょう。

 

 

彼は人間ではないので、実は長生きでかなりの年齢である可能性も十分考えられますが。

 

大勢のモンスターが従っている魔族の王が、10〜20代くらいの年齢だとは考えにくいんですよね。

 

 

とはいえ、見た目が若いのに口調だけが老いる…というのも、変ですかね。

 

 

以上の迷ゼリフ、ファミコン版以外は修正されてしまっているのが残念です。

 

番外編:ドラゴンクエストシリーズで名言を残した偽ラスボス?ランキング

 

ドラゴンクエストのストーリー上、ラスボスとして名前が早めに出てくる偽?ラスボスなる者が存在します。

 

 

ハーゴン(ドラクエ2)、バラモス(ドラクエ3)、ムドー(ドラクエ6)、ガナサダイ(ドラクエ9)、ウルノーガ(ドラクエ11)など。

 

 

結局真のラスボスの存在が発覚し、彼らは単なる通過点・中ボスに成り下がってしまうのですが。

 

 

しかし彼らの中には名言を残している者もおり、紹介しないのも勿体無い…と思いまして。

 

 

3人だけではありますが…

 

番外編として、ラスボスに成り損なった中ボスの名言をランキング化してみました。

 

 

3位:イブール(ドラゴンクエスト5)

 

主人公との戦いに敗れ、ミルドラースのいる魔界への道を開こうとするイブール。

 

「大魔王ミルドラースよ!このわしに最後の力を与え給え!」

 

しかし何も起こらなかった…

 

「そ、そんな…バ、バカな…ぐふっ!」

 

信じていた主人への願いは一切聞き入れられず、完全無視。

 

見捨てられたことを絶望しながら、命を落とします。

 

 

リメイク版の場合はゲマが現れ、しっかりとトドメを刺されますが…

 

むしろ放置されたほうが、要らない子にされた憐れさが強調されている気もします。

 

2位:ハーゴン(ドラゴンクエスト2)

 

ドラクエ2のラスボスはシドーですので、ハーゴンはラスボス手前の中ボスに過ぎません。

 

しかし、肝心のシドーはセリフが一切無いのです。

 

「お、おのれ、くちおしや…」

 

「今ここに生贄を捧ぐ!ぐふっ!」

 

「口惜しや」というセリフを見たのは、フィクションにおいてもこの作品くらいのもの。

 

 

探せば、他にもあるのかもしれませんが…

 

もしかしたら、このハーゴンのセリフが元ネタである可能性すら想像してしまいます。

 

 

そして、ドラクエシリーズにおける絶命の際のセリフ「ぐふっ!」。

 

 

実はこの断末魔、ドラクエ1からあったりするのですが…

 

今作のオープニングで亡くなった兵士や、ハーゴンが発したイメージが強い気が。

 

 

そしてドラクエ4では、ロザリーが。

 

 

シリーズおなじみのこのセリフ、ネット民にはすこぶる評判が悪いようで。

 

「せっかくシリアスなシーンなのに、冷めた」といった感じで、かなりご立腹な様子。

 

1位:バラモス(ドラゴンクエスト3)

 

「再び生き返らぬよう、そなたらのハラワタを喰らいつくしてくれるわっ!」

 

ドラクエ6のデスタムーアも似たセリフを発していましたが、バラモスのほうが先です。

 

 

随分と内容が具体的で残虐性が高く、怖い…

 

 

しかしそんなバラモスの思惑に反して、全滅した後も普通にセーブした場所で復活。

 

もちろん仲間も、教会や蘇生呪文で生き返るのですが。

 

 

いや、もしかして…

 

棺桶の中に眠る仲間の体内は、中身のないスカスカの状態だったりするのか?

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加