ドラクエ4のリメイク版を評価・ファミコン版との違いを検証!

ドラクエ4のリメイク版を評価・ファミコン版との違いを検証!

 

「ドラゴンクエスト4・導かれし者たち」は、もともとファミコン版として1990年に発売されたRPGでした。

 

 

その後、リメイク版がPS・DS・スマホアプリ版用にリリースされています。

 

 

見た目や音楽が綺麗になるなど、ゲーム機の性能に良さによるパワーアップは当然として…

 

それ以外に、何か違いはあるのでしょうか?

スポンサーリンク


リメイク版「ドラゴンクエスト4」の特徴と、ファミコン版との違いを検証!

 

ファミコン版として発売された、ドラゴンクエスト4。

 

PS・DS・スマホアプリ版用にリメイクされ、発売・配信中です。

 

 

リメイク版には様々な要素が追加されていますが、ファミコン版との主な違いは以下の通りです。

 

・6章が追加し、新たな仲間・裏ボスも追加

 

・5章でも、仲間の行動をマニュアルかAIか選択できる

 

・仲間に話しかけることができる

 

その他の細かい違いについては、最後にざっとご紹介しましょう。

 

 

まず1つ目、「6章が追加」された点について。

 

 

ファミコン版は全5章で、ラスボスを倒しエンディングを見ればゲームは全て終了していました。

 

クリア後の隠し要素もありません。

 

 

一方リメイク版では、クリア後に6章を楽しめます。

 

 

6章に入る方法は…

 

ラスボスを倒してエンディングを見た後にセーブするかどうか尋ねられるので、「はい」を選べばOK。

 

 

一旦タイトル画面に戻るので、再スタートすると…

 

冒険の書には「6章」と明記されていて、クリア後のストーリーを楽しめるのです。

 

 

ネタバレし過ぎない程度に、内容を簡単に説明しますと…

 

隠しダンジョン・隠しボス・裏ボスが用意されていて、とある人物が仲間に入ります。

 

 

2つ目「5章でも、仲間の行動をマニュアルかAIか選択できる」ことについて。

 

 

ファミコン版の場合、1〜4章の戦闘では全員の行動を自分で選ぶことが出来ました。

 

 

しかし5章に入ると、自分でコマンドを選べるのは主人公である勇者のみ。

 

他の仲間の行動は、「ガンガンいこうぜ」や「いのちをだいじに」といった命令に沿って、各々が自分で行動を決定します。

 

 

プレイヤーが望んだ行動をしてくれないのが難点で、しかもファミコン版のAIは賢いとは言えませんでした。

 

 

代表的なのがクリフトの行動で、「ガンガンいこうぜ」で命令した場合はザラキしか使わなくなるのです。

 

 

ザキ系の効かないボスが相手だろうが、お構いなし。

 

 

無駄にMPやターンを消費してしまい、使い物にならなくなってしまいます。

 

 

一方リメイク版では「めいれいさせろ」を選べば、全員の行動をプレイヤー自身で決めることが出来ます。

 

AIも賢くなっていて、ある程度自分が望んでいる行動をとってくれるようになりました。

 

 

そして、3つ目。

 

隣に誰もいない所で「はなす」を選べば、仲間に話しかけることが出来ます。

 

 

しかも、テキストの内容は意外とボリュームがあります。

 

 

フィールド・町の中・洞窟・ボスの部屋など、場面ごとにセリフが変わります。

 

 

同じシチュエーションでも、一緒にいる仲間によって話の内容やリアクションが違います。

 

全員のセリフを全て拾おうとすると、かなり大変だったりします。

 

 

イベント発生後や街の人に話しかけた後にも、それに対するリアクションが用意されていたりも。

 

 

この手の要素が好きな方の場合…

 

本編そっちのけで話しかけまくって、一向にストーリーが進まない可能性も。

 

 

ドラクエ4リメイク版の主な違いといえば、以上3点です。

 

 

他、細かい変更点といえばこういった感じでしょうか?

 

・1章が始まる前に、勇者の住む村の話(序章)が追加。

 

・視点変更が可能。

 

・井戸の中に入れる。

 

・漢字入りのテキストなので、読みやすくなっている。

 

・戦闘中、モンスターのアニメーションあり。

 

・新しい特技・呪文が加わった(「ギガソード」「ジゴスパーク」「ムーンサルト」など)。

 

・新しい装備が加わった(「破壊の鉄球」「魔界の剣」「グリンガムの鞭」など)。

 

・仲間キャラクターの性格が掘り下げられた。

 

・ミネアのステータスが改善され、物理面でも対応可能。

 

・天空の剣がパワーアップするイベントが追加。

 

・バフ、デバフ系の呪文(スクルト、ルカナンなど)が、数ターンで解除されるようになった。

 

・モンスター図鑑が追加。

 

・手持ちのアイテムが全部入る「ふくろ」が追加。

 

・移民の町が追加。

 

・戦歴システムが追加。

 

・ファミコン版のバグを使った裏技は、使用不可になった。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加