ドラクエ5で使えないモンスター一覧…弱い仲間を評価

ドラクエ5で使えないモンスター一覧…弱い仲間を評価

 

ドラクエ5には、後のモンスターズシリーズに繋がったシステムが初登場。

 

それは、「モンスターを仲間にできる」というもの。

 

 

仲間になってくれるモンスターの種類は多いですが、中には使えるものと使えないものが存在します。

 

 

今回の記事では、即モンスターじいさんに預けてもいい「使えない仲間モンスター」を挙げてご紹介しています。

 

スポンサーリンク

ドラクエ5で使えない仲間モンスターとは?弱いキャラを評価!

 

ドラクエ5で役に立つ仲間モンスターの特徴として挙げられるのが、以下でしょうか。

 

・攻撃力が強い

 

・強い全体攻撃を持っている

 

・回復、蘇生する呪文を持っている

 

・戦闘が有利になる補助呪文・特技を持つ

 

…などなど。

 

 

逆にこれらに当てはまらない仲間モンスターは、使えない・弱いキャラと言えるかもしれません。

 

 

以下は、残念ながらパーティの役に立ちそうにない仲間モンスターの一覧です。

 

スライム

 

「スクルト」「ルカナン」「リレミト」「メダパニ」「トラマナ」といった感じで…

 

意外と役に立つ補助呪文が充実。

 

 

しかしそこはやはりスライムで、成長の伸びはいまいち。

 

レベル99で「しゃくねつ」を覚えても、今更といった感じ。

 

 

マスコット的な存在として、一応馬車に入れてしまいますが。

 

キラーパンサー(ベビーパンサー)

 

レヌール城クリア後に仲間になる、ベビーパンサー。

 

青年時代にキラーパンサーになり、再会します。

 

 

ストーリーに絡むので必ず仲間になりますが、青年時代の使い勝手はいまいちです。

 

 

決して弱いわけではないです。

 

むしろ、攻撃力は強い。

 

 

ですがこの頃だと、攻撃力の高い仲間は他にもいます。

 

しかも、便利な特技や呪文も持っていたり。

 

 

一方キラーパンサーが覚える特技は少なく、役に立つものといえば「いてつくはどう」くらいのもの。

 

ボスなどにかかった強化呪文を解除する効果があるので、一見役に立ちそうな気がします。

 

 

しかし、天空の剣を道具として使用すれば同様の効果があります。

 

 

この能力を使えるキャラは、二人もいらず…

 

敢えてキラーパンサーをパーティに入れる必要性を感じないのは確かです。

 

ブラウニー

 

青年時代初期に仲間モンスターに出きますが、特技は何も覚えません。

 

同時期に仲間にできるスライムナイトが入れば、途端に要らない子扱いに…

 

ばくだんベビー

 

「メガンテ」を持っているので、ピンチになった際に使わせれば一見役に立ちそうな気がします。

 

ですがかしこさが全く足らず、唯一の特徴といえるメガンテを活かせません。

 

ドラキー

 

とにかく、ステータスが低いのが難点。

 

 

役に立つ呪文が、「ラリホー」くらいのもの。

 

「ドラゴラム」も覚えますが、主人公のドラゴンのつえで十分です。

 

 

おばけきのこ

 

レベル15までしか成長できないので、弱いままです。

 

毒・眠り系の特技はありますが、ステータスが低いのでそれを活かすことが出来ません。

 

エンプーサ

 

「やけつくいき」「さそうおどり」「あまいいき」と、一見役に立ちそうな特技を持っています。

 

 

しかしステータスが貧弱で、レベルは25までしか上がりません。

 

前線に出すのは、かなり不安です。

 

さまようよろい

 

強さはそこそこですが、特技無しなのが痛い。

 

せめて回復呪文か補助呪文があれば、スライムナイト並の活躍が出来たのかもしれませんが。

 

パペットマン

 

「マホトーン」や「さそうおどり」といった、敵の行動を封じる特技を持っています。

 

ですが最大レベルが30で、成長する伸びしろが無いのは困ったもの。

 

 

ばくだんいわ

 

「メガンテ」を持っていますが、かしこさが足りずにばくだんベビーと同じ運命をたどります。

 

育てれば「メガザル」を覚えてくれますが、そこまで根気強く育てる気力は…

 

おどるほうせき

 

「ルカナン」「マホトーン」「メダパニ」「ザキ」「ラリホーマ」など、補助呪文は充実。

 

呪文や全体攻撃に強いのも利点です。

 

 

なのにレベルが7までしか上がらず、かしこさは5のまま。

 

基本的に言うことを聞いてくれないので、育てがいがありません。

 

アームライオン

 

「ルカナン」「ちからため」が使える、一見理想的なパワーキャラと思われがちですが。

 

 

レベルの限界は30で、力が120までしか上がりません。

 

完全に、見掛け倒しな仲間モンスターと言えます。

 

おおねずみ

 

ゴースト

 

おばけキャンドル

 

ガップリン

 

これらは、青年時代後半でなければ仲間になってくれないのに弱いモンスターたち。

 

青年時代前半で仲間になれば、ちょっとは役に立ったかもしれませんが…

 

 

他の仲間モンスターが強くなっているので、今更感が半端ないのが難点です。

 

エリミネーター

 

エリミネーターが持つ「みなごろし」は、敵味方関係なく攻撃してしまう特技。

 

最大レベルが30、成長も中途半端で話になりません。

 

プチヒーロー

 

プチプリースト

 

プチマージ

 

それぞれ勇者・僧侶・魔法使いの能力を持つ仲間モンスターです。

 

 

プチヒーローは、「ホイミ」「ベホイミ」「ベホマ」を所持。

 

 

プチプリーストも、上記3つの回復呪文に加え…

 

「ザオラル」「ザオリク」といった蘇生呪文や、息ダメージ軽減の「フバーハ」を持っています。

 

 

プチマージは、「イオナズン」「ベギラゴン」といった攻撃呪文や…

 

守備力低下の「ルカナン」を持っています。

 

 

こう見ると、どう考えても最強クラスの仲間モンスターの候補に入りそうなのですが。

 

 

MPの数値がほとんど伸びないのは、致命的。

 

レベル40の時点で、MPがやっと二桁(10)になります。

 

 

せっかく強力な呪文を次々と覚えても、それらは役に立たず…

 

単なるコレクションに過ぎません。

 

コロヒーロー

 

コロプリースト

 

コロマージ

 

先程のプチモンスターと同様、MPの異様な低さが足を引っ張っています。

 

 

コロヒーローが持つ呪文は、「ギガデイン」「ベホマ」「バイキルト」など。

 

コロプリーストの持つ呪文は、「ホイミ」「ベホイミ」「ベホマズン」「ザオリク」など。

 

コロマージが持つ呪文は、「イオナズン」「メラゾーマ」「ルカナン」「ドラゴラム」など。

 

 

こんなに強力な能力を持っているのに、それらは全くの無駄…

 

メガザルロック

 

「メガザル」を持っているので…

 

最後の一人になったときに使えば、他のキャラを蘇生させられます。

 

 

しかしドラクエ4のミネアのように、酒場などに預けられないケースならともかく…

 

敢えて馬車の枠を埋めてまで連れてゆくかといえば、疑問が残ります。

 

シュプリンガー

 

「ルカナン」を持つ戦士タイプのキャラなので強そうですが、ステータスの伸びがいまいち。

 

なぜかクリア後の隠しダンジョンでも出てきますが、弱すぎて今さらといった感じです。

 

プリズニャン

 

DS版・スマホ版のみ仲間にできるモンスターです。

 

なぜかレベル99まで上げられますが、覚える特技が微妙で育てがいがありません。

 

ドラクエ5・弱くはないが、使う機会が無さそうな仲間モンスター

 

プチターク

 

決して弱くはなく、むしろ最強クラスのモンスターです。

 

「めいそう」「いてつくはどう」「イオナズン」と、覚える能力は役に立つものが多いです。

 

 

しかし仲間に出来る段階が最後の最後で、活躍できる場面が無いのが痛い。

 

そういった意味では「使えないモンスター」と言う他なく、レベル上げくらいしか楽しみがありません。

 

 

以上、ドラクエ5で使えない仲間モンスターをまとめてみました。

 

 

中には、通常攻撃はやや強いキャラも含まれているのですが…

 

ステータスの伸びが良いうえに役に立つ特技を覚えるモンスターが、似た時期に仲間になったりします。

 

 

もっと早く出ていれば、出番もあったかもしれない。

 

出逢うタイミングが遅く、今更パーティに入れても役に立たない。

 

 

今回は、そんな不遇なモンスターも紹介してみました。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加