大魔王バーンの正体…素顔は?最後どうなったのか【ダイの大冒険】

大魔王バーンの正体…素顔は?最後どうなったのか【ダイの大冒険】

 

「ドラゴンクエスト・ダイの大冒険」のラスボスとされているキャラクターが、大魔王バーンです。

 

 

物語の中盤に、はやくも登場。

 

見た目は年老いた男の姿にもかかわらず、ダイたちを一方的に圧倒・敗北させました。

 

 

そんな大魔王バーンの正体は、どんな姿・素顔なのでしょうか?

 

そして最後、ダイにどうやって倒されたのでしょうか?

 

 

今回の記事には、「ドラゴンクエスト・ダイの大冒険」の重要なネタバレが書かれています。

 

ここから先は、注意して読んでください。

 

スポンサーリンク

大魔王バーンの正体…どんな素顔?

 

ゲーム「ドラゴンクエスト」に出てきた歴代のラスボスは、正体を隠していました。

 

 

最初の姿は若干貧相というか、あまり強そうな見た目とは言い難い者もいますが…

 

ある程度ダメージを与えると演出が入り、変身。

 

真の姿を表すのが定番の流れとなっています。

 

 

「ドラゴンクエスト・ダイの大冒険」の最後の敵である大魔王バーンも、そんな彼らと同じように変身を遂げるのでしょうか?

 

 

大魔王バーンの場合は、それらとは違った形で素顔を見せます。

 

 

大魔王バーンは、自分の肉体を自ら2つに分けて存在していました。

 

 

本体(ベース)は老いた姿の方で、叡智と魔力のみを残していました。

 

呪文を得意とする一方、格闘は得意ではありません。

 

 

そしてもう一つの肉体は、なんとあの魔影軍団の軍団長であるミストバーン。

 

名前からして、バーンと何らかの関係があると予想した方は多いかもしれません。

 

 

こちらの肉体には、若さと力を残しました。

 

 

一部呪文攻撃もする一方、本気を出すと生まれ変わったヒムやビーストくん(ブロキーナ老師)すら圧倒するほどの格闘能力を持ちます。

 

 

ドルオーラを連発したダイに負け、光魔の杖を破壊された大魔王バーンは…

 

2つの肉体を1つに戻すことを決意。

 

 

若い肉体の真の姿「真・大魔王バーン」となったのは、なんと数千年ぶり。

 

 

これが、大魔王バーンの正体ということになります。

 

 

ゲーム版ドラゴンクエストの場合、変身すると巨大で異形の化け物となるのが定番。

 

 

しかし真・大魔王バーンはそういった傾向に反し、若い青年のような素顔です。

 

全身の見た目も人間に近く、バトル漫画のキャラクターのように適度に筋肉質。

 

 

その見た目通り、呪文も使いますが格闘術を駆使する攻撃がメインです。

 

 

代表的な技は、「天地魔闘の構え」。

 

 

自分からは仕掛けないカウンター技ではありますが…

 

攻撃・呪文・防御の動作を一瞬で繰り出せるので、一度に3人を相手にできます。

 

スポンサーリンク

 

ゲームのドラクエでいう「1ターン3回攻撃」を、漫画で表現した形なのでしょうか。

 

 

ダイのギガストラッシュやアバン・ラーハルト・ヒムの同時攻撃を、この技で破っています。

 

 

肉体を2つに分けた理由は、若い肉体をできるだけ長く保存し…

 

永遠に近い年月を生きるため。

 

 

「凍れる時間(とき)の秘法」で若い方の肉体の老いを止め、ミストバーンとして側に置いていたのです。

 

 

この秘法を施した肉体は時間の流れだけでなく、動きや生命活動も止まってしまいます。

 

なので、ミストと呼ばれる暗黒闘気で出来た部下に操作させていたのです。

 

 

そして、真・大魔王バーンが最後の姿か?と思いきや…

 

ダイとの戦いのクライマックス、さらなる姿に変身しました。

 

大魔王バーンは、最後どうなったのか?


ドラゴンクエスト ダイの大冒険 22 DRAGON QUEST―ダイの大冒険― (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

真の姿を表した大魔王バーンは、最後どうやってダイに倒されたのでしょうか?

 

 

真・大魔王バーンの力に対し、なすすべが無くなったダイ。

 

両手のひらに浮かび上がる双竜紋の力を全開しました。

 

 

再び額に紋章が戻り竜魔人化したダイは、これまでの展開を一転。

 

真・大魔王バーンすら、一方的に圧倒しました。

 

 

致命傷を負い、勝てないことを確信した真・大魔王バーンは…

 

第3の目「鬼眼」の力を解放し、鬼眼王・バーンとしての姿をあらわしました。

 

 

ゲーム版の歴代ラスボスのように、巨大で異形の姿。

 

一度鬼眼王の姿になってしまうと、二度と元の姿には戻れないとこのこと。

 

 

これまで呪文や技を駆使していた戦法からは変わり、攻撃方法は肉弾戦のみ。

 

 

全開竜闘気のドルオーラをまともに喰らっても、ほぼ無傷。

 

竜魔人化したダイさえも、一方的に圧倒します。

 

 

バランの幻が現れ、真魔剛竜剣をダイに託します。

 

しかしその剣も、閉じた鬼眼の瞼に遮られ折れてしまいました。

 

 

勝利を確信した、鬼眼王・バーン。

 

しかし本体の肩には、ダイの剣が刺さったまま抜けていませんでした。

 

 

ダイは剣に飛びかかり掴み、そのまま剣を鬼眼の部分まで斬り進みます。

 

 

一刀両断された鬼眼王・バーンの体は、崩れ落ちてゆきました。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加