ポップvsヒュンケル。強いのはどちらか能力を比較!【ダイの大冒険】

ポップvsヒュンケル。強いのはどちらか能力を比較!【ダイの大冒険】

 

「ドラゴンクエスト・ダイの大冒険」でダイの仲間になるアバンの使徒、ポップとヒュンケル。

 

 

敵側(シグマやヒムなど)から尊敬されるほどの強キャラである二人ですが…

 

読者の中には、二人のうちどちらが強いのかが気になる人がいる模様。

 

 

改めて二人の能力をおさらいして、どちらが強いか?

 

戦闘能力だけに着目して比較してみました。

 

 

あくまでも一読者の戯言に過ぎませんので、熱くならず気軽に読んでください。

 

スポンサーリンク

ポップの戦闘能力をおさらい!

 

まずは、ポップの戦闘能力をおさらいしてみましょう。

 

能力は、バーンパレス進入時点とします。

 

ポップの武器

 

・ブラックロッド

 

※シャハルの鏡は無し

 

ポップの呪文

 

・イオ

 

・メラ

 

・メラミ

 

・メラゾーマ

 

・ギラ

 

・ベギラマ

 

・ヒャダルコ

 

・ベタン

 

・ルーラ

 

・トベルーラ

 

・ベホマ

 

・メドローア

 

極大攻撃呪文を覚えていない(契約していない)のか、単に使う機会が無かっただけなのか?

 

大魔道士(賢者)に成長した後なら使えそうですが、実際はわかりません。

 

 

中盤以降の強敵相手に使う呪文が、全てメドローアに取って代わられた感がありますので…

 

 

どのみちベギラゴン・イオナズン・マヒャド・バギクロスをそのまま撃っただけでは、ヒュンケルの鎧に通用しそうに無いのは変わりませんが。

 

 

ポップの強さ・欠点を挙げると、以下の通りになるでしょう。

 

ポップの強さ

 

・メドローアが当たれば、一撃

 

・ベホマで体力を全回復できる

 

・トベルーラで空中移動が可能

 

・ルーラを利用した近距離の瞬間移動?が可能(ミストバーン戦で披露)

 

ポップの欠点

 

・防御面が弱く、一度でも当たれば致命傷

 

・メドローアを出すのにやや時間を要する

 

・実は極大攻撃呪文がない(ベギラゴンやイオナズンなど)

 

ちなみにフィンガーフレアボムズは禁呪法なので、使わないとします。

 

 

魔法使いなだけあって、攻撃呪文は多彩ですが…

 

そのほとんどが、ヒュンケルの鎧には通用しないのが痛すぎます。

 

ヒュンケルの戦闘能力をおさらい!

 

次に、ヒュンケルの能力をおさらいしてみます。

 

ポップの場合と同じく、バーンパレス進入時点で持っている能力です。

 

ヒュンケルの武器

 

・鎧の魔槍(盾をブーメランとして飛ばすことも可能)

 

ヒュンケルの技

 

・地雷閃

 

・海鳴閃

 

・虚空閃

 

・ブラッディースクライド

 

・グランドクルス

 

・無刀陣

 

・アバンストラッシュ

 

・大地斬

 

・海波斬

 

アバンストラッシュ・大地斬・海波斬は剣を使っていた時の技のため、今回は使わないとします。

 

 

以下の技は暗黒闘気を使用するため、光の闘気を使うヒュンケルは捨てた技として使わないと仮定。

 

・闘魔傀儡掌

 

「闘魔傀儡掌で相手の動きを止めてから、ブラッディースクライド」は、定番のコンビネーションなのですが。

 

 

また、バーンパレス内で会得した以下の技はまだ使えないとします。

 

 

・カウンター攻撃

 

その代わり無刀陣はありますが、こちらは自らもダメージを負う危険なカウンター技。

 

 

ヒュンケルの強さ・欠点を挙げるなら、こういった感じでしょうか。

 

ヒュンケルの強さ

 

・ほとんどの攻撃呪文を鎧で防げる

 

・一撃でも攻撃が当たれば、ほぼ勝利

 

・物理攻撃に対するカウンター技を持つ

 

ヒュンケルの欠点

 

・必殺技(グランドクルスや無刀陣)は命がけなので、リスクが高い

 

ヒュンケルには、これといった欠点が見当たりません。

 

特に防御面が強すぎ、メドローア以外の攻撃呪文はほぼ通用しません。

 

ポップvsヒュンケル。どちらが強い?

 

以上を踏まえ、「もしポップとヒュンケルが1対1で戦うなら、どちらが強いか?」考えてみました。

 

 

「仲間同士が全力で戦うわけがない」と言ってしまえば終わりですが…

 

あくまでも仮の話ですので、肩の力を抜いて読んでください。

 

 

お互いの能力だけでなく、以下の条件・状況を踏まえた上で考えてみましょう。

 

・二人の能力は、バーンパレスに突入した時点

 

・お互い手加減は無し

 

・お互い10mほど離れた状況で、戦闘開始

 

・お互い直立不動の状態でスタートし、事前に構えや呪文の準備は無し

 

基本的に、魔法使い(大魔道士)と戦士が1体で戦ったら…

 

まず、魔法使いに勝ち目はありません。

 

 

肉体的な防御力に加えて、装備の強さが違いすぎます。

 

ましてや鎧の魔槍というチートアイテムなら、なおさらのこと。

 

 

ヒュンケルは、中盤でデッドアーマー(魔影軍団最強の鎧)すらスパスパ両断していましたが…

 

ポップにその防御力があるか?というと疑問。

 

 

魔法使いにしては身体能力が優れているポップですが、百戦錬磨のヒュンケルと比較するのは酷です。

 

ヒュンケルはどう攻める?

 

そもそもヒュンケルからすれば一撃で仕留める必要はなく、グランドクルスのような大技を使う必要はありません。

 

相手が動けなくなれば、ほぼ勝利は確定なので。

 

 

まず、結論を述べるなら…

 

戦闘開始直後、虚空閃かブラッディースクライドの一撃で決まってしまう気がします。

 

 

「離れていれば槍が届かないので、呪文を使うポップの方が有利」と思いがちですが。

 

 

アバン流槍殺法・虚空閃もブラッディースクライドも、槍が届かない距離にも当たる技です。

 

ブラッディースクライドのリーチの長さは、剣の時でも明らか。

 

 

虚空閃は上空に浮かぶミストバーンの肩をかすめ、さらにその向こうまで衝撃が飛んでいました。

 

 

かなり発生が早く、威力も高い印象。

 

ヒムや黒マァムの動きすら捉え、一撃でKOしていました。

 

 

正確には黒マァムに虚空閃を使ったのはアバンでしたが、戦闘力でいえばヒュンケルの方が上でしょう。

 

 

仮に虚空閃が届かないとしても、盾をブーメランとして飛ばしてメドローアの発生を妨害することは可能だと思います。

 

ポップはどう攻める?

 

一方、ポップも負けてはいません。

 

氷と炎の呪文を合わせてメドローアを出すまでの時間ですが、意外と短い模様。

 

 

大魔王バーンがマホカンタで跳ね返したメドローアを相殺させるまでに、もう1発放つことは可能でした。

 

(そう考えると、相当早い気も)

 

 

仮に、戦闘開始と同時にメドローアを出すような暇が無いとすると…

 

案外勝利の鍵となるのが、武器のブラックロッドかもしれません。

 

 

作中でまともにヒットしたことはほとんど無かったのですが、唯一役立った場面がシグマ戦でした。

 

もし、シグマ戦と同じ作戦で攻めるなら…

 

 

まずブラックロッドを投げつけ、ヒュンケルの腕か脚を壁に固定。

 

動けないところをメドローアで撃つ…といった流れになります。

 

 

シグマは固定された右腕を取り外して脱出しましたが、人間であるヒュンケルには不可能。

 

 

ベタンの呪文ですが、こちらは中盤以降使わなくなってしまいました。

 

 

バランや竜騎衆に効かなかったベタンが、終盤のヒュンケルに通用するとは思えませんが…

 

足止め程度でも効けば、メドローアを唱える隙は生まれるかもしれません。

 

 

以上、ポップとヒュンケルのどちらが強いか?考えてみました。

 

戦闘能力で比較してしまうと、やはりヒュンケルに軍配が上がってしまいます。

 

 

そもそもポップなど魔法使いが安心して呪文を唱えられるのは、戦士や勇者など先頭に立つ壁役がいてこそ。

 

 

とはいえ、ポップの強さは別にあります。

 

「回復役」や「移動呪文使い」だけでなく、「パーティーの頭脳として、仲間に的確な指示を出す」役目も。

 

 

ポップの真価は、1対1よりもむしろチームプレイで発揮されている印象が強いです。

 

 

「まず戦士キャラが飛び出し、ポップはメドローアの準備を整えて放つ」といった戦い流れは…

 

ハドラー親衛騎団や真・大魔王バーンとの戦いなどで披露された、代表的なパターンといえます。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加