ドラクエ4「勇者の母親は天空城に」「父親はきこり」説は正しい?

ドラクエ4「勇者の母親は天空城に」「父親はきこり」説は正しい?

 

ドラクエ4・5章の序盤で、ピザロ一味から襲撃された際…

 

育ての親から、本当の親の存在を明かされます。

 

 

その後天空城では、勇者や母親のことを知っている女性と出会ったり。

 

 

滅ぼされた村の南の小屋では、口は悪いが世話を焼いてくれるきこりの男性が登場します。

 

 

彼らは、本当の勇者の両親(母親・父親)なのでしょうか?

 

決してそうは名乗ってきませんでしたが…

 

・ドラクエ4の天空城の女性は、勇者の母親?

 

・きこりの男は、勇者の父親?

スポンサーリンク


ドラクエ4・天空城で会う女性は、勇者の母親なのか?

 

ドラクエ4の天空城では、勇者の出生について話し始める女性がいます。

 

 

「父親や母親がいなくても、立派な友達がいる」と励ましてくれるのです。

 

 

まるで、両親はこの世にいない口ぶりですが…

 

二人とも、亡くなってしまったのでしょうか?

 

 

続いてなぜか、ある娘の話を始めます。

 

 

要約すると、こういった内容。

 

・地上に落ちた天空人の娘が、きこりの若者と恋に落ちた。

 

・天空人と人間は、夫婦になれない決まりがある。

 

・きこりの若者は、雷に打たれた。

 

・天空人の娘は連れ戻され、悲しみに打ちひしがれる。

 

・娘は、地上に残してきた子供の身を案じていた。

 

・今の勇者を見れば、涙にくれるに違いない。

 

以上の内容を語り、最後に涙を流すのです。

 

 

上記の内容の話をしていることから、この女性が勇者の母親では?

 

そう予想できなくはありません。

 

 

しかし、「その娘は自分である」とはっきり語っていたわけではありません。

 

仮に彼女が勇者母親の友達や姉妹だったとしても、涙は流すかもしれません。

 

 

それに、まるで昔話か物語を語るような口ぶり。

 

自分の体験を話しているようには受け取れないのです。

 

 

ファミコン版の場合は、この会話の内容から想像・考察するしかありませんでした。

 

 

その後、リメイク版が発売されます。

 

目の前に誰もいない所で「はなす」を選択すると、仲間と会話が可能になりました。

 

 

勇者の母親らしき女性に話しかけた後に仲間と会話すると、ライアンが言うのです。

 

 

目の前の女性が、「勇者に似ている」と。

 

 

こういった第三者の客観的な評価もあることから、勇者の母親である可能性は高いです。

 

 

しかし彼女は、「父や母がいなくても〜」と勇者に語りかけていました。

 

まるで父親も母親も、すでにこの世にいないものとして語っているのです。

 

 

自分が勇者を育てることができなかった罪悪感からか?

 

仲間に恵まれた現在の状況をかき乱したくない想いから、敢えて母親と名乗るのをためらったのか?

 

そこまではわかりませんが…

 

 

仮にその女性が、勇者の本当の母親だとして…

 

今後も、自分が母親であると名乗り出ることはなさそうです。

 

 

話の中の「娘」を、あくまでも自分ではなく他の誰かのように語っていたので。

 

 

「天空城の女性は、勇者の母親の肉親」説

 

一方で、彼女が主人公の母親を天空城に連れ戻した人なのでは?とも推測できます。

 

 

リメイク版に限りますが、天空城の図書館には以下の内容が書かれている書物が存在します。

 

・マスタードラゴンは、禁を破って地上に降りた彼女を許さないだろう。

 

・彼女が不幸な目に遭わないうちに、私がどんなに憎まれようとも連れ戻すつもり。

 

先程挙げたように、勇者の母親に姉妹や親戚がいたとしたら…

 

敢えて心を鬼にして、マスタードラゴンの怒りを買う前に天空城へ連れ戻そうと行動するかもしれません。

 

 

もちろんこの記述からは性別は判断できないので、男性である可能性もあるのですが。

 

ドラクエ4で会うきこりは、勇者の父親なのか?

 

ドラクエ4・5章の序盤で会うきこりに関しては、こう解釈できます。

 

 

まず…

 

「天空の娘と愛し合ったきこりの若者と、勇者が話したきこりは同一人物ではない」と思います。

 

その理由は、以下の通り。

 

 

きこりの家のそばに、墓が立てられています。

 

調べても「特に変わったことはない」と表示され、誰の墓なのかはわからないのですが。

 

 

これは、雷に打たれて亡くなったきこりの若者の墓なのではないでしょうか?

 

 

もっとも、雷に打たれても生き延びている可能性も無くはないですが…

 

ライデインやギガデインを食らいながら生きている、ドラクエ世界なので。

 

 

そして、勇者に対してぶっきらぼうな態度をとるきこり。

 

彼は、若者の父親…

 

つまり、勇者の祖父なのではないでしょうか?

 

 

キャラのグラフィックが、おじいちゃんにしては若い気がするので…

 

祖父ではなく父親では?と思っても不自然ではないのですが。

 

 

息子の命を奪った天空人は憎いし、天空人の血が通っている勇者にも素直に接することが出来ない。

 

しかし勇者自身に罪はないし、孫に対するおじいちゃんとしての想いもある。

 

「てめえみたいなガキは、ひと晩泊まっていきやがれ!」

 

「いつまで寝てんだ、とっとと出ていきやがれ!」

 

孫とどう対話していいかわからない一方で、見捨てるわけにはいかず家には泊める。

 

そういった複雑な思いから、あたかもツンデレのような反応になっているのでしょうか?

 

「言葉遣いは悪いが、親切な男だって?」

 

「やめてくんな!けつがかゆくならあ!」

 

褒められると悪い気はしないようで、照れている様子もうかがえます。

 

 

そもそも、きこりと勇者の血が繋がっているような描写は一切ありません。

 

なので、あくまでも以上の内容は考察に過ぎないのですが…

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加