読書感想文

読書感想文

小説「こころ(こゝろ)」は夏目漱石が1914年に朝日新聞で連載しており、同年に刊行された作品です。

 

その後数度に渡って映画化・舞台化・漫画化されるなど、様々なメディアで楽しむことができました。

 

 

当記事には、こちらの小説のあらすじと感想文が書かれています。

 

今の時点で読んでいない場合は、ネタバレになってしまうかもしれません。

 

この先を読もうと思った方は、ご注意ください。

続きを読む≫ 2017/02/05 00:03:05

SF小説「星を継ぐもの」は、ジェイムズ・P・ホーガンが執筆した作品です。

 

 

1980年に文庫本が刊行されて以来、ロングセラー作品のひとつとして今も多くの人に読まれ続けています。

 

そして意外なのですが、実は映画化など映像化されたことが今まで一度もないのです。

 

 

こちらの記事には、小説のあらすじや読書感想文が載っております。

 

まだ読んでいない人にとっては、ネタバレに繋がる可能性があります。

 

くれぐれも、ここから先を読む場合には気をつけてください。

続きを読む≫ 2017/01/14 22:54:14

 

イギリスの作家であるレイモンドブリッグズさんが執筆した本が、「風が吹くとき」です。

 

1986年には、アニメ映画化もされています。

 

 

核戦争が起こった世界を舞台にした作品なのですが、戦争シーンに関する具体的はなく…

 

あくまでも、老夫婦の生活に焦点を当て物語が綴られているのが特徴です。

 

 

「風が吹くとき」は、どのような内容のストーリーなのでしょうか?

 

 

この記事には感想やあらすじが書かれておりますので、読むとネタバレになってしまう可能性があります。

 

くれぐれも、ご注意ください。

続きを読む≫ 2016/10/25 23:32:25

 

上橋菜穂子さんが執筆された小説「鹿の王」は、2015年の本屋大賞を受賞した作品です。

 

 

架空の世界で流行っている黒狼熱という病を中心として、様々な人物が物語に絡んでいきます。

 

そんな今作ですが、どういったストーリーが繰り広げられているのでしょうか?

 

 

ここから下には本のあらすじや読書感想文が書かれていますので…

 

ネタバレされてしまうことで今後読む楽しみを失いたくないという方は、注意してください。

続きを読む≫ 2016/09/10 08:32:10

水野敬也さんが執筆された「夢をかなえるゾウ」は、2007年に刊行された小説です。

 

2012年には続編「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」が、2014年には「夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え」が発売されています。

 

 

この作品は大きな話題を呼び、テレビドラマ化・アニメ化・舞台化もされました。

 

テレビドラマ版には小栗旬さん・水川あさみさん・古田新太さんなどが出演しています。

 

 

これらの原作として採用された小説「夢をかなえるゾウ」は、どのようなストーリーだったのでしょう?

 

 

ここから先には、小説のあらすじが載せられています。

 

また、この作品を読んだと言っている人に感想を聞きました。

 

 

ネタバレされてしまうことを良く思わない場合は、注意して読みましょう。

続きを読む≫ 2016/09/07 12:09:07

 

和田竜さんの書かれた歴史小説「村上海賊の娘」は、2014年本屋大賞を受賞しています。

 

 

1576年(天正4年)に起こった第一次木津川口の戦いを描いた作品で、村上水軍当主の娘・景が主人公の物語です。

 

この作品は、どのようなストーリー内容となっているのでしょう?

 

 

また、小説「村上海賊の娘」を読んだという人に感想を聞いてみることに。

 

 

あらすじの中身をネタバレされるとこれから読む楽しみが減ってしまう場合は、注意してお読みください。

続きを読む≫ 2016/09/07 11:48:07

梨木香歩さんが執筆された「西の魔女が死んだ」は、1994年に刊行された小説です。

 

 

2008年には映画化され、主人公・おばあちゃんの役をサチ・パーカーさんが、まいの役を高橋真悠さんが担当していました。

 

他には、高橋克実さんやりょうさんが出演しています。

 

 

映画の原作にも選ばれた小説「西の魔女が死んだ」は、どのようなストーリーなのでしょう?

 

 

この先には、小説の読書感想文やあらすじが記載されています。

 

ネタバレに繋がってしまいますから、注意して読んでください。

続きを読む≫ 2016/09/06 21:44:06

 

森絵都さんが執筆された小説「カラフル」は、1998年に刊行された作品です。

 

 

2000年には実写映画化され、元KAT-TUNの田中聖さんが主人公・小林真を演じていました。

 

また2010年にはアニメ映画化もされ、宮アあおいさん・麻生久美子さん・ 高橋克実さんなどが出演しています。

 

 

これらの原作となった小説「カラフル」は、一体どういったストーリーなのでしょうか?

 

 

以下には小説の読書感想文とあらすじが明記されています。

 

ネタバレになってしまいますので、まだ内容を知りたくない場合は注意してお読みください。

続きを読む≫ 2016/09/05 19:07:05

 

2013年から「小説すばる」で連載されていた池井戸潤さんの小説が、「陸王」です。

 

2016年に単行本化されたことで、再び話題を集めています。

 

 

池井戸潤さんの作品は過去に数度ドラマ化されていたこともあり、早くも期待を寄せている声がネットやSNSで見られます。

 

 

小説「陸王」は、老舗の足袋業者「こばせ屋」が足袋を作るノウハウを生かしたランニングシューズを開発する…というストーリーです。

 

 

このこばせ屋、どこか実在するモデル企業が存在していたりするのでしょうか?

 

 

巷では、きねや足袋のランニング足袋「KINEYA MUTEKI(きねや無敵)」がモデルである…という噂で持ちきりのようです。

 

 

しかし実は、この説は間違いだというのですが…

 

本当なのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/08/21 22:07:21

2016年上半期の直木賞(第155回)に、荻原浩さんが書いた小説「海の見える理髪店」が選ばれました。

 

 

単行本は2016年3月に発売されておりすでに読める状況だったのですが、このことがきっかけでさらに話題が集まったようです。

 

この作品は、どういったあらすじとなっているのでしょうか?

 

 

こちらの本を読んだことがあるという人に、読書感想文をいただきました。

 

まだ小説「海の見える理髪店」を買っていない方や読んでいないという方は、注意して読んでください。

続きを読む≫ 2016/08/20 13:53:20

2007年に刊行された小説「ホームレス中学生」は、お笑いコンビ・麒麟の田村裕さんが執筆した小説です。

 

自伝とされているインパクトのある内容が話題を呼び、200万部以上も売り上げたベストセラー作品です。

 

 

映画化やドラマ化もされ、それぞれの主役を小池徹平さんと黒木辰哉さんが担当しました。

 

 

田村裕さん自身の体験を基に作られたという今作、一体どんな内容のストーリーだったのでしょう?

 

小説のあらすじが書かれておりますので、ネタバレにはご注意を。

 

 

また、この本を読んだと言っている人に読書感想文をいただきました。

続きを読む≫ 2016/08/01 09:17:01

 

2016年上半期の芥川賞(第155回)として、村田沙耶香さんが執筆した小説「コンビニ人間」が選ばれました。

 

 

すでに単行本が各書店やネットショップで販売され、興味を持った方が次々と購入されています。

 

その報告や読んだ反応を、SNSでも見ることができました。

 

 

タイトルだけ聞いても、中身に関する想像が広がりそうなのですが…

 

実際は、どのようなストーリーとなっているのでしょう?

 

 

この作品が受賞後、2016年7月27日に単行本として発売されたばかり。

 

この本を読んだ方から、早速読書感想文をいただきました。

 

 

あらすじも書かれていますので、もしこれから小説「コンビニ人間」を購入して読もうと考えている場合は、気をつけてお読みになってください。

 

 

また、文庫本の発売日はいつになるのでしょうか?

続きを読む≫ 2016/07/31 13:02:31

 

池井戸潤さんが書かれた最新作の小説「陸王」が、2016年7月8日に発売されました。

 

 

池井戸潤さんの作品といえば、ドラマ化され人気番組となるケースが多いですよね。

 

「半沢直樹」シリーズの原作となった「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」や…

 

「下町ロケット」シリーズなどが代表的です。

 

 

最新作「陸王」は、一体どういう内容のストーリーとなっているのでしょう?

 

 

この先には小説のあらすじと感想が記載されておりますので、ネタバレになる可能性があります。

 

まだ内容を知りたくないという人は、ご注意ください。

 

※2016.12.30に追記しました。

続きを読む≫ 2016/07/30 13:24:30

「異邦人」はフランスの作家であるアルベール・カミュの書いた、世界的に有名な小説です。

 

1942年に世の中に出て以降、様々な日本語訳の本が販売されました。

 

 

この記事には、小説のあらすじが掲載されています。

 

また、こちらの小説を読んだ人から読書感想文をいただきました。

 

 

これからこの作品を読もうと考えている人にとっては、当記事の内容がネタバレに繋がってしまうかも知れません。

 

もし読む場合は、くれぐれも気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/07/29 15:44:29

江戸川乱歩さんが書いた代表的な作品といえば、明智小五郎と怪人二十面相が対決するシリーズです。

 

その作品の中に、少年向けに書かれた推理小説シリーズがあります。

 

 

少年探偵団が活躍する一連のシリーズなのですが、その中の一編に「少年探偵団」という作品があります。

 

どういったストーリーになっているのでしょうか?

 

 

当記事には江戸川乱歩さんの小説「少年探偵団」のあらすじが載せられておりますので、ネタバレには気をつけて読んでください。

続きを読む≫ 2016/06/22 20:58:22

「人間失格」は、太宰治が書いたベストセラー小説です。

 

1948年に発表されて以降、長い間読まれ続けている作品となっています。

 

 

「新潮文庫の100冊」に毎年選ばれており、夏休みの宿題として書く読書感想文のテーマに選ばれる例も多いとか。

 

 

こちらの小説を読んだ人から、あらすじや読書感想文を寄せていただきました。

 

これから読むことを検討していた場合、ネタバレになってしまう恐れがありますので注意してください。

続きを読む≫ 2016/06/02 11:35:02

「変身」は、フランツ・カフカが執筆したベストセラー小説です。

 

1915年に発表されて以降、長い間読まれ続けている作品となっています。

 

 

「新潮文庫の100冊」の中に含まれる機会が多く、夏休みの宿題の定番である読書感想文のテーマとして選ばれることも多いとか。

 

 

この記事には、小説のあらすじと読書感想文が掲載されています。

 

今後読もうと思っている人は、ネタバレの可能性が出てきますので注意してください。

続きを読む≫ 2016/06/01 11:27:01

遠藤周作が書いた小説「沈黙」を原作とした、マーティン・スコセッシ監督のハリウッド映画「サイレンス」が公開される予定です。

 

 

アメリカでは、2016年内に公開される予定。

 

日本公開日は、2017年になると明かされています。

 

 

渡辺謙さんが出演する予定でしたが制作が難航し、スケジュールの都合で降板。

 

同じ役を浅野忠信さんが担当することになりました。

 

また、窪塚洋介さんも出演する予定です。

 

 

こちらの作品、どういったストーリーが繰り広げられるのでしょうか?

 

 

ここの記事には…

 

スコセッシ監督のハリウッド映画「サイレンス」の原作となった、遠藤周作の小説「沈黙」のあらすじが記載されています。

 

また、この作品を読んだ方から読書感想文をお寄せいただきました。

 

 

内容のネタバレになってしまう恐れがありますので、くれぐれも注意してお読みください。

 

※2016.12.23に追記しました。

続きを読む≫ 2016/05/28 20:52:28

 

藤原竜也さんが主役をつとめることで話題となっているのが、日本テレビ系列の新ドラマ「そして、誰もいなくなった」です。

 

玉山鉄二さん、黒木瞳さんも出演することが発表されているこちらのドラマは、2016年7月からスタートする予定となっています。

 

 

アガサ・クリスティが書いたミステリー小説が原作なのでは?と思っている人もいたようなのですが…

 

タイトルが同じなだけで、それぞれのストーリーは全く違います。

 

 

くわしくは、こちらの記事をご覧になってください。

 

そして誰もいなくなったに原作はある?最終回のネタバレは可能か

 

 

では、アガサ・クリスティの小説「そして誰もいなくなった」のほうは、どんなストーリーなのでしょう?

 

また、この本を読んだと言っている人に感想を聞いてみました。

 

 

この記事に明記されているあらすじや犯人の名前は、今後こちらの作品を読もうと考えている人にとってネタバレに繋がってしまうでしょう。

 

くれぐれも、注意してお読みください。

続きを読む≫ 2016/05/14 14:38:14

タレントでありモデルとして活躍されている、押切もえさん。

 

彼女が執筆したのが、「永遠とは違う一日」というタイトルの小説です。

 

 

山本周五郎賞の候補として選ばれたことで話題となっている、こちらの作品ですが…

 

一体、どういった内容の本なのでしょうか?

 

 

実際にこの小説を読んでみたという方に評価をしていただきましたので、この記事に口コミを載せておきます。

 

 

ここに書かれている感想・評価やあらすじを読んでしまうと、ネタバレに繋がってしまう可能性がありますので…

 

押切もえさんの小説「永遠とは違う一日」を自分で購入して読んでみたいという方は、くれぐれもお気をつけ下さい。

続きを読む≫ 2016/05/12 11:26:12

 

「走れメロス」は太宰治が執筆した、世界的ベストセラー小説です。

 

 

1940年に発表されて以降は国語の教科書に掲載されるなど、今もなお多くの人に読まれている作品となっています。

 

 

夏休みの宿題といえば読書感想文の提出が定番ですが、この作品は感想文のテーマとして使われる機会も多いとのこと。

 

 

ここには、小説のあらすじと読書感想文が載っています。

 

まだ読もうか迷っている人にとっては、この記事の内容がネタバレになる可能性も秘めていますので…

 

この記事を読む際は、その点に気をつけてください。

続きを読む≫ 2016/05/07 08:48:07

 

湯本香樹実の書いた小説が、「夏の庭 The Friends」です。

 

1994年には映画化もされ、この物語の中心人物となる老人・喜八の役を三國連太郎さんが演じていました。

 

 

また、夏休みの宿題の定番となっている読書感想文の題材として選ぶ学生さんも多いようです。

 

 

ここには、小説のあらすじや読書感想文が載っています。

 

これから読もうと考えている方にとって、ネタバレになってしまう可能性がありますので…

 

読む場合には、くれぐれもご注意を。

続きを読む≫ 2016/05/04 08:43:04

 

「星の王子さま」はサンテグジュペリが執筆した、世界的ベストセラー小説です。

 

1943年に出版されて以降、現在も読まれ続けている作品となっています。

 

 

「新潮文庫の100冊」に含まれることが常連であるせいか…

 

夏休みの宿題として出される読書感想文のテーマとして学生に選ばれることも多いようです。

 

 

当記事には、こちらの小説のあらすじや読書感想文が書かれています。

 

これから読もうと考えている人にとっては、ネタバレになってしまう可能性があります。

 

以下の記事を読む時には、くれぐれも注意してください。

続きを読む≫ 2016/05/02 15:49:02

 

「坊っちゃん」は、夏目漱石の代表的な小説と呼ばれている作品です。

 

1906年に生まれた作品ですが、今でも多くの人に読まれています。

 

 

新潮文庫の100冊にも含まれる機会が多いことから、学生の宿題のひとつである読書感想文の題材として選ばれる定番の作品となっています。

 

 

長い間多くの人に愛され続けているこちらの作品、どういったあらすじなのでしょうか?

 

これから読もうと思っている人にとってはネタバレになってしまいますので、その点はご注意ください。

続きを読む≫ 2016/05/02 11:48:02

 

宮下奈都さんの小説「羊と鋼の森」が、2016年本屋大賞を受賞しました。

 

 

普段小説に親しんでいる人だけではなく、読み慣れていない人にも話題の作品として注目されはじめています。

 

映画化も決定し、2018年の公開を控えています。

 

 

こちらの小説は、一体どういった内容の作品なのでしょうか?

 

 

タイトルを見ただけでは中身を想像できないと思われますので…

 

上記のニュースでこの作品を知って購入して読もうかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

また、小説「羊と鋼の森」を読んでみた方から読書感想文をいただきました。

 

 

逆に「中身をネタバレされてしまうと楽しみが減ってしまう…」という方は、ここから先を読み進める際はご注意ください。

 

※2016.12.16に追記しました。

続きを読む≫ 2016/04/20 08:39:20
注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ