夢をかなえるゾウの読書感想文・あらすじをネタバレ!

夢をかなえるゾウの読書感想文・あらすじをネタバレ!

夢をかなえるゾウの読書感想文・あらすじをネタバレ!

水野敬也さんが執筆された「夢をかなえるゾウ」は、2007年に刊行された小説です。

 

2012年には続編「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」が、2014年には「夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え」が発売されています。

 

 

この作品は大きな話題を呼び、テレビドラマ化・アニメ化・舞台化もされました。

 

テレビドラマ版には小栗旬さん・水川あさみさん・古田新太さんなどが出演しています。

 

 

これらの原作として採用された小説「夢をかなえるゾウ」は、どのようなストーリーだったのでしょう?

 

 

ここから先には、小説のあらすじが載せられています。

 

また、この作品を読んだと言っている人に感想を聞きました。

 

 

ネタバレされてしまうことを良く思わない場合は、注意して読みましょう。

スポンサーリンク

小説「夢をかなえるゾウ」のあらすじ。ネタバレに気をつけて

 

以下には、水野敬也さんが執筆した小説「夢をかなえるゾウ」のあらすじや読書感想文が掲載されております。

 

ネタバレによってこれから読む楽しみが失われてしまう場合は、読まないことをおすすめします。

 

 

主人公はどこにでもいる普通のサラリーマンで、彼は自己啓発本を読んだりして何とか自分自身を変えようとしていました。

 

 

けれどどれも長く続くことはなく、三日坊主で終わってしまっていました。

 

そんな自分に嫌気がさしたり、自己嫌悪することもありました。

 

 

ある日知人が開いたパーティーに出席した主人公は、知人と自分の違いを目の当たりにしてしまいます。

 

それまではそれほどの差があるとは思っておらず、知人と自分の住んでいる世界の違いを嫌と言うほど痛感しました。

 

 

傷付いた主人公は、その後泥酔するほど酔いつぶれてしまいます。

 

前に行ったインド旅行で買ってあったゾウの置き物に、「人生を変えたい」と泣き叫びながら眠ってしまいました。

 

 

すると翌朝、驚くことに枕元になぜか関西弁を話す謎の生き物がいました。

 

その謎の生き物の正体は、昨日泥酔し泣き叫んでいる時に自分の傍らにいたゾウの置き物だったのです。

 

 

主人公のあまりにも悲痛な叫びを聞いて化けて出てきたゾウの置き物の名前は、ガネーシャです。

 

ガネーシャはそんなにまで人生を変えたいと思うのならと、主人公に色々と言い付けていきます。

 

 

でもその言い付けが「人生を変えたい」という願いの解決策とは思えずに、主人公はガネーシャを全く信じることができませんでした。

 

 

ガネーシャの言い付けはどういう意図があって、どういう風に変わるのか主人公には全くわからずに、ガネーシャに言われるがまま振り回されてばかりでした。

 

けれどガネーシャの言い付けをちゃんと守ってその通りしていくと、自分に対する周りの対応が少しずつ変わっていきました。

 

 

周りの対応が変わっていくのを実感し、主人公もガネーシャを頼りにし言い付けをしっかりと実行していきました。

 

そして少しずつですが今までとは違い、確実に人生が良い方に向かっていくのでした。

 

 

夢をかなえるゾウのあらすじでわかるものは人生を良い方に向かわせたいのなら、何事も継続することが大事ということです。

 

 

夢をかなえるゾウは「変わりたい」と嘆いてるだけでは何も変わらないので実践してみることや…

 

さらにそれを継続することで自分自身で人生を切り開いていく、ということを教えてくれる本です。

 

 

ガネーシャのキャラクターはこてこての関西弁でおもしろく、主人公を攻め立てる感じもとても面白いです。

 

一般的な自己啓発本の箇条書きのような形式とは違い小説なので物語になっていて、いざ自分が実践したいときに参考にしやすくなっています。

 

 

小説「夢をかなえるゾウ」を読んだ人の読書感想文

 

ガネーシャといえばゾウの姿をした神様ですが、とても親しみのある神様で登場します。

 

本当に神様なのだろうか、という疑問を持たせながらも話は進んでいきます。

 

 

主人公の素直さがとても印象的です。

 

クツを磨いたらいい、というアドバイスを受けたらクツを磨く主人公です。

 

 

クツを磨くくらいならやってもいいかな、とは思うでしょう。

 

ですが、だんだんガネーシャの言うことはハードルがあがっていくわけです。

 

 

会社の同僚にギャグを言って笑わせろ、という事を言いだすのです。

 

ここが一番印象に残っています。

 

 

正直言って、誰からの頼みでも会社の同僚にギャグを言って笑わせるなんてことはしたくないです。

 

私なら、たぶんここでストップしてしまいそうです。

 

それを、この主人公はとても素直に実行するわけなんですね。

 

 

果たしてこの「夢をかなえるゾウ」を読んで、小説の主人公と同じように実行していく人はいるのでしょうか。

 

私はというと、読むだけ読んで何も実行していないです。

 

 

たまに気が向いた時にクツを磨くことはありますが、習慣化には至っていないのです。

 

「夢をかなえるゾウ」を読んでいくと、この主人公の素直さと実行力というのがとても重要だということに気づきます。

 

 

成功するために何をしたらいいかというのは、おそらく世の中のたいていの人が知っていると思います。

 

知っていても、行動に移していない人がほとんどなのでは、と思うわけです。

 

 

もちろん、行動しても成功しない人も中にはいると思います。

 

自分が行動して、もし成功しない人の部類になったらどうしよう…というのを無意識で思ってしまい、それで行動になかなか移せないのかもしれません。

 

 

でも成功するためには、何か行動するしかないのでしょう。

 

そのためのきっかけがこの小説かもしれませんし、小説を読んだ後で何かしらの決断とかが必要なのかもしれません。

 

 

そのあたりは人それぞれですが一つ言えることは、行動しない限り何も変化しないということでしょう。

 

やるしかない、と思う次第です。

 

 

以上、水野敬也さんの小説「夢をかなえるゾウ」のあらすじと読書感想文でした。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

風が吹くときのネタバレ・あらすじと感想を紹介!

 

星を継ぐもの/ネタバレ・あらすじと感想!

 

カラフル/小説の読書感想文・あらすじをネタバレ!映画化も

 

羊と鋼の森のあらすじ・ネタバレ感想!

 

コンビニ人間のネタバレ・あらすじと感想!文庫本の発売日はいつ

 

そして誰もいなくなったのあらすじ・ネタバレ感想!犯人は?

 

坊っちゃんの読書感想文とあらすじネタバレ(夏目漱石)

 

沈黙/遠藤周作(映画化)のネタバレ・あらすじと読書感想文

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ