鹿の王のネタバレ・あらすじと読書感想文!

鹿の王のネタバレ・あらすじと読書感想文!

鹿の王のネタバレ・あらすじと読書感想文!

 

上橋菜穂子さんが執筆された小説「鹿の王」は、2015年の本屋大賞を受賞した作品です。

 

 

架空の世界で流行っている黒狼熱という病を中心として、様々な人物が物語に絡んでいきます。

 

そんな今作ですが、どういったストーリーが繰り広げられているのでしょうか?

 

 

ここから下には本のあらすじや読書感想文が書かれていますので…

 

ネタバレされてしまうことで今後読む楽しみを失いたくないという方は、注意してください。

スポンサーリンク

上橋菜穂子の小説「鹿の王」のあらすじはこちら。ネタバレには気をつけて

 

2015年の本屋大賞を受賞している小説が、上橋菜穂子さんが書いた「鹿の王」です。

 

 

この先に載せられている内容は、小説の読書感想文やあらすじとなっております。

 

ネタバレに対して良く思わないという方は、読むのを控えたほうが良さそうです。

 

 

「鹿の王」のあらすじは、架空の病気である黒狼熱(ミツツアル)の解明を軸に、主人公・ヴァンの旅の過程・医術師ホッサルの行動・火馬の民など、その他の人々の動向が複雑に絡み合っています。

 

 

作品の舞台となっている世界は、東乎瑠(ツオル)帝国に周辺の国々が侵略されたことが物語自体に大きな影響を及ぼしており…

 

登場人物がどこの国・氏族の出身かということによって、その行動や運命も左右されていきます。

 

 

独角(どっかく)という飛鹿(ピュイカ)を操る集団の頭であった戦士ヴァンは、東乎瑠との戦いに敗れて奴隷にされ、岩塩鉱で働かされる日々を送っています。

 

そこへ謎の獣が現れ、咬まれた人々が病気を発症してしんでいく中、ヴァンと幼い女児の二人だけが生き残ります。

 

 

ヴァンはユナと名付けた女児を連れて岩塩鉱から脱走し、旅に出ます。

 

 

岩塩鉱に現れた獣、山犬(オッサム)たちと再び出会ったヴァンは、自分が二つに分かれたような「裏返し」の状態を体験します。

 

それを機に、谺主(こだまぬし)のところへ呼ばれますが、ユナがさらわれてしまいます。

 

 

ユナを追う途上でヴァンは〈火馬の民〉と出会い、彼らは故郷へ戻るためにヴァンの力を必要としますが、ヴァンは彼らを裏切ることになります。

 

 

一方、古オタワルの血をひく東乎瑠の医術師ホッサルは、岩塩鉱で生き残った者がいることに気付きます。

 

彼らの血液を調べたいと思い、ヴァンの後を追わせます。

 

 

御前鷹ノ儀が山犬に襲われ、咬まれた人々が黒狼熱を発症。

 

治療をする中でホッサルは、乳製品を食べている人には免疫があることに気付きます。

 

 

黒狼熱は本来ダニが媒介する病気で、飛鹿や火馬などの乳製品を食べているアカファ王国や周辺の氏族の人々には免疫があったのです。

 

ところが、東乎瑠の侵略によってもたらされた黒麦がアカファ麦と交配すると毒を持つ麦が生まれ、これを食べた火馬がしんでしまいます。

 

 

しんだ火馬を食べた山犬と黒狼から生まれた〈キンマの犬〉から新しい黒狼熱が発生、免疫がある人にも感染するようになっていました。

 

 

ヴァンは、ユナを保護していたホッサルたちと出会います。

 

火馬の民の出身であるシカンが東乎瑠への復讐のために犬に人々を襲わせており、玉眼訪来という祭典も襲おうとしていることに気付きます。

 

 

またホッサルは、医術師である祖父リムエッルがこの陰謀に関わっていることを知ります。

 

 

ヴァンは玉眼訪来から彼らを退け、黒狼熱を持つ犬たちを連れて山の奥へと姿を消しました。

 

 

小説「鹿の王」の読書感想文

 

「鹿の王」は、以前から上橋菜穂子さんの小説が好きだったこともあって、期待して読みました。

 

 

この作品で最も印象に残っている具体的な場面は、主人公・ヴァンが山犬と共鳴し「裏返る」ところです。

 

 

自分が二つに分かれたような感覚になり獣のようになるという感覚は一体どんなものなのだろうと、読んでいてとても心惹かれました。

 

人間の魂の中には、そういった獣の部分、野生の部分が潜んでいるのかもしれません。

 

 

全体としては、上橋作品らしい部分と新境地と言えるような意外な部分が同居している作品です。

 

ヴァンとユナは「守り人」のジグロとバルサを連想させられ、架空の動物たちの生態が細かく描かれているところは、「獣の奏者」を思い出します。

 

 

異世界を舞台にしたファンタジーであっても夢の中のような幻想的な世界ではなく、実在しないものをリアルに描写し実在するかのように表現する手法はこの作品でも健在なのですが…

 

テーマが医学であることに驚かされました。

 

 

日本でいうと平安時代くらいの感じの、病気になっても十分な薬もなく、祈祷でもするしかないような世界だと思っていたので。

 

そういった世界で、医師ホッサルが近代医学に近い知識を持ち、黒狼熱の研究をするというストーリーはかなり意外なものに感じられました。

 

 

しかし、ファンタジーとは相性が良くないように感じられる題材がしっかりと物語の核になっていて、最後まで違和感なく読むことが出来ました。

 

 

一方でヴァンを視点にして語られている部分は、いくつもの部族の生活や彼らの対立・山犬(オッサム)や飛鹿(ピュイカ)といった架空の動物たちがいきいきと描かれています。

 

読書の醍醐味である、違う世界を旅しているような感覚を堪能しました。

 

 

登場人物が多い作品ですが、脇役も魅力的です。

 

個人的には、ホッサルに仕えているマコウカンやミラルが気に入っていて、彼らとホッサルとのやりとりなども楽しかったです。

 

 

以上、上橋菜穂子さんの小説「鹿の王」のあらすじと読書感想文でした。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

風が吹くときのネタバレ・あらすじと感想を紹介!

 

星を継ぐもの/ネタバレ・あらすじと感想!

 

カラフル/小説の読書感想文・あらすじをネタバレ!映画化も

 

羊と鋼の森のあらすじ・ネタバレ感想!

 

コンビニ人間のネタバレ・あらすじと感想!文庫本の発売日はいつ

 

そして誰もいなくなったのあらすじ・ネタバレ感想!犯人は?

 

坊っちゃんの読書感想文とあらすじネタバレ(夏目漱石)

 

沈黙/遠藤周作(映画化)のネタバレ・あらすじと読書感想文

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ