神の舌を持つ男(ドラマ)の原作で結末のネタバレはわかるのか?(神舌)

神の舌を持つ男(ドラマ)の原作で結末のネタバレはわかるのか?(神舌)

2016年7月から、「神の舌を持つ男」(神舌)というタイトルのドラマがTBS系列の放送局で放送されることに決まりました。

 

毎週金曜日に放送される予定となっています。

 

 

主演は、向井理さんが担当することになりました。

 

さらにメインキャストとして、木村文乃さんと佐藤二朗さんが出演するとのこと。

 

 

そして監督は、「ケイゾク」「SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」「TRICK」シリーズを担当していた堤幸彦さんが選ばれました。

 

 

ところで…

 

ドラマ「神の舌を持つ男」には、原作が存在するのでしょうか?

 

あるとしたら、結末のネタバレがわかってしまう可能性もあります。

 

 

物語の内容はミステリーものということで、小説なのかな?と思ったりするのですが…

 

一方でコメディー色の強いドラマということで、漫画かも?と思ってしまいます。

 

 

この作品に原作があるのかないのか?できる限りですが調べてみました。

スポンサーリンク

TBSドラマ「神の舌を持つ男」(神舌)の原作ってあるの?小説?それとも漫画?

 

ドラマ「神の舌を持つ男」(神舌)が2016年7月から始まることが予定されていますが…

 

ジャンルがミステリーものということから、小説か漫画などといった原作本があるのかどうか気になりました。

 

あったとすれば、最終回の内容がネタバレする可能性も考えられますので。

 

 

今までに、こういったタイトルの本が刊行されているのを聞いたことがなかったのですが…

 

有名ネットショップのアマゾンや楽天市場だったら、見つかるのでは?と考えました。

 

 

これらのサイトでは、日本で出版された本がほぼ取り扱われていると言っても過言ではありません。

 

 

もし原作本が販売されているとすれば、これらのネットショップ内で検索することで発見できるかもしれません。

 

 

ということで…

 

実際に、アマゾンと楽天市場のトップページに置かれている検索窓に「神の舌を持つ男」と入力し検索することに。

 

 

しかし検索結果に現れたのは本ではなく、何かのアニメのコスプレ衣装…なぜ?

 

 

とにかく…

 

残念ですが、ドラマ「神の舌を持つ男」(神舌)の原作本のようなものを見つけることができませんでした…

 

 

現時点で確定はできないものの…

 

小説とか漫画といった原作本が存在していない、オリジナルドラマである可能性が高いです。

 

 

だとすれば、脚本担当をされている方は誰なのでしょうか?

 

ドラマ「神の舌を持つ男」(神舌)の脚本担当・櫻井武晴とは?

 

向井理さんが主演のドラマ「神の舌を持つ男」(神舌)が、2016年7月から放送されることが決まりました。

 

監督は「SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」「ケイゾク」「TRICK」シリーズなどでお馴染みの、堤幸彦さんが担当します。

 

 

そして脚本を書いているのは、櫻井武晴さんという方だということがわかりました。

 

 

櫻井武晴さんは多くのドラマや映画を担当した脚本家でもあり、映画プロデューサーの経験もある方です。

 

 

関わった作品数が膨大ですので、有名な作品にしぼって紹介させていただきますと…

 

 

あの大人気ドラマ「相棒」の脚本を担当しています。

 

ドラマ初期の第1シーズンから最新の12シーズンまで、欠かさず毎回参加しています。

 

 

相棒の脚本を担当する人は一人ではなく、複数存在するのですが…

 

櫻井武晴さんは毎シーズン2話〜6話ほど担当しています。

 

 

他にも、ドラマ「科捜研の女」「TAKE FIVE 俺たちは愛を盗めるか」「オヤジ探偵」「こちら本池上署」「その男、副署長 京都河原町署事件ファイル」「853 刑事・加茂伸之介」「新参者」に関わっています。

 

 

そして櫻井武晴さんが全話の脚本を担当したドラマ作品は、以下のとおりです。

 

「ATARU」「ヤメゴク ヤクザやめて頂きます」

 

 

さらに映画の脚本も担当しており、こちらの作品などに関わっています。

 

 

「麒麟の翼 劇場版・新参者」「相棒シリーズ XDAY」「劇場版ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL」

 

 

また櫻井武晴さんは、アニメ「名探偵コナン」の劇場版の脚本を担当していたことがあります。

 

 

関わっていたのは、以下の3作品。

 

「絶海の探偵」「業火の向日葵」「純黒の悪夢」

 

 

さらに、テレビシリーズの脚本(694話・774話・813話)も書いていました。

 

 

櫻井武晴さんは、作品によっては「飯田武」という名義で参加することもあるようです。

 

映画「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」や実写映画版「逆転裁判」などがそれに当たります。

 

見逃したテレビドラマを無料視聴する方法!

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

注目トピック