遺留捜査3の最終回・あらすじの内容をネタバレ!

遺留捜査3の最終回・あらすじの内容をネタバレ!

遺留捜査3の最終回・あらすじの内容をネタバレ!

「遺留捜査」は、テレビ朝日系列で放送されていたドラマシリーズです。

 

 

2011年から始まったこのシリーズは、1年に1シリーズのペースで放送。

 

2013年に放送されていた第3シリーズである「遺留捜査3」は、現時点で最新のシリーズとなっています。

 

最終回は、どういった結末を迎えていたのでしょうか?

 

 

この記事には、そのあらすじの内容が書かれております。

スポンサーリンク

ドラマ「遺留捜査3」最終回。結末のあらすじ内容をネタバレ!

 

刑事ドラマの中でも派手な犯人追跡やアクションではなく遺留品とし者の思いに焦点を置いた、「遺留捜査」シリーズ。

 

 

主人公・糸村聡の役を上川隆也さんが担当。

 

他には、斉藤由貴さん・三宅裕司さん・西村雅彦さんなどが出演していました。

 

 

3シーズンのほかに単発のスペシャルドラマも放送されている、人気シリーズです。

 

 

遺留捜査3においても、飄々とした雰囲気の主人公・糸村刑事が、周囲に染まらない独自の観察眼で、事件を解決に導きます。

 

それを信頼し温かく見守りながら上層部から守っている、斉藤由貴さんが演じる上司との関係も魅力です。

 

 

犯人逮捕は警察全体で行って、糸村自身はし者の思いを残された人に伝えることを重要視しています。

 

各話が終わった後に救いを感じる、というのが基本の流れです。

 

 

しかし最終回ではし者の思いそのものが事件解決につながるため、犯人逮捕に糸川刑事の活躍が不可欠になっています。

 

 

彼に直接かかってきた一本の通報電話が、事件解決のカギとなっています。

 

 

犯人は罪を告白した後に自害してしまいますが、日ごろからチームプレイになじまない糸村刑事を快く思っていない上層部によって、全責任を押し付けられてしまいます。

 

 

全責任を一人の刑事個人に押し付けた警察は、事件をそれ以上掘り下げようとしませんでしたが、真相はそれで終わりではありませんでした。

 

通報してきた犯人は、実は真犯人に脅迫されて自害を強要されており、その真相を離婚した娘とのチャットの中に隠していました。

 

 

真犯人に脅迫されて幸せな家庭を自ら捨てざるを得なくなった父親。

 

離婚した後も妻子を案じ、子供をチャットを通じて見守っていた彼の思いに、糸村刑事が応えます。

 

 

真犯人は自害した父親の親しい後輩であり、いい人ぶって今でも妻子の信頼を得ている、一見非の打ち所のない男です。

 

 

元妻である母親は、その男の親切の底に隠された本当の狙いに気がつきません。

 

しかし娘は、大人のよこしまな気持ちに気がついていたのかもしれません。

 

 

親しい後輩を装いながら逆恨みした先輩への復讐の機会を伺っていた後輩は、先輩に自害を強要しただけでは満足せずに、その祭祀へも復讐しようとします。

 

 

それに気が付いた糸村刑事が犯人を追い詰めて、妻子を救います。

 

汚名を負いながら自らの命を絶たざるを得なかった父親の娘への思いが、赤いドロップによって最後に家族に届けられます。

 

 

糸村刑事の主な目的は犯人逮捕ではなく、被害者の気持ちを遺された家族に伝えることでしたが…

 

「遺留捜査3」の最終回では、なくなった父親の思いが事件解決のカギとなりました。

 

 

糸村刑事でなければ解決できない事件であり、それを讃えるのは組織からの評価ではなく、遺族の安らぎでした。

 

 

以上、2013年に放送されていたドラマ「遺留捜査3」最終回のあらすじ内容を紹介しました。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

魔女の条件の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

ロングラブレター 漂流教室の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

眠れる森/ドラマの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

ラストフレンズの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

愛していると言ってくれの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ