ケイゾク/ドラマの最終回・あらすじの内容をネタバレ!

ケイゾク/ドラマの最終回・あらすじの内容をネタバレ!

ケイゾク/ドラマの最終回・あらすじの内容をネタバレ!

 

ドラマ「ケイゾク」は、1999年にTBS系列の放送局で放送されていたドラマシリーズです。

 

 

前半から中盤にかけては、迷宮入りした事件を解決する1話完結の話が続きました。

 

 

終盤では真山徹が指名手配犯として、早乙女率いるSWEEPから追われる身に。

 

そして、彼と因縁のある人物・朝倉との対決を迎えます。

 

 

ドラマ「ケイゾク」の結末は、一体どうなったのでしょうか?

 

この記事には、最終回「死の味のキス」の内容が書かれています。

スポンサーリンク

ドラマ「ケイゾク」の最終回。結末のあらすじ内容をネタバレ!

 

班目は早乙女に柴田を取り逃がしたことの報告を終え、早乙女が部屋を出て行きます。

 

 

その後部屋に入って来た木戸から「柴田を逃がしたのは真実のため、このことが分かり合えないなら互いの進んできた道が違ったということ」と本質を突かれ…

 

返す言葉がなく、部屋を後にするのでした。

 

 

弐係に戻った柴田は真山の向かう場所を知るために、過去に真山が発砲した事件の資料を探していました。

 

真山はさつ人を犯していない、と信じているのです。

 

 

そして、隠されている資料の在処を野々村係長から教えてもらうために食い下がります。

 

柴田は真山にさつ人を犯す動機がないことを挙げ、次に真山は法に則って裁くために朝倉が成人するのを待っていたのでは、と考えを述べます。

 

 

そして今までの一連の事件は朝倉の暗示によるもので、目黒がしぬ直前に何か朝倉に関する情報を手に入れたので今動き出したのでは、と推察します。

 

 

これを聞いても尚躊躇する係長を説得し、拳銃を携帯することを条件に資料を手に入れた柴田。

 

彼女は木戸に連絡を入れ、真山と朝倉が対決する場所へ向かいます。

 

 

その頃、真山は朝倉を追い詰めていました。

 

問答の末、真山には目の前の朝倉の顔をした人間が本当に朝倉なのか自信が無くなってきます。

 

 

そこに真山を呼ぶ柴田の声が聞こえた瞬間、何者かによって朝倉は消され、木戸を振り切って追いかけてきた班目との銃撃戦が始まります。

 

 

班目から逃れた真山は柴田に全てが終わった気がすると話し、これまでの犠牲に後悔の念を見せます。

 

そして柴田には生きていてほしいと言い、去って行くのでした。

 

 

日が暮れた後、真山はSWEEPと共にやって来た早乙女と対峙。

 

朝倉が早乙女に成り代わっていることに気付きます。

 

 

真山が拳銃を突き付けると、班目が真山に照準を定めます。

 

そこへやって来た柴田は班目に拳銃を向け、早乙女は柴田の足を撃ちます。

 

 

そして早乙女の号令と共にSWEEPは銃撃を開始し、撃たれた真山は倒れてしまうのでした。

 

その様子を見ていた柴田は、早乙女に自首を勧告します。

 

 

撃たれながらも自首を勧める柴田に、苛立つ早乙女。

 

柴田に止めを刺そうと銃を構えた瞬間、係長の機転で早乙女が朝倉だと見破った警察が、周りを取り囲みます。

 

 

早乙女は「しは無限だ」と言い、虫の息の柴田を引きずり真山に近づきます。

 

早乙女がさんざん警察に悪態をつき銃口を柴田に向けると、今まで倒れていた真山が起き上がり早乙女に銃弾を浴びせます。

 

 

真山が受けた弾は、プラスチック弾だったのです。

 

瀕しの柴田はしぬ前にキスをしてほしいと真山にねだり、キスの後静かに目を閉じるのでした。

 

 

最後に朝倉がまだ生きていることを示唆し、ドラマ「ケイゾク」は第11話を以って最終回となります。

 

 

以上、1999年にTBSで放送されていたドラマ「ケイゾク」最終回のあらすじを紹介しました。

 

ケイゾク/映画のあらすじ内容をネタバレ(Beautiful Dreamer)

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

魔女の条件の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

ロングラブレター 漂流教室の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

眠れる森/ドラマの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

ラストフレンズの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

愛していると言ってくれの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ