僕とスターの99日の最終回・あらすじの内容をネタバレ!

僕とスターの99日の最終回・あらすじの内容をネタバレ!

僕とスターの99日の最終回・あらすじの内容をネタバレ!

「僕とスターの99日」は、2011年にフジテレビ系列のテレビ局で放送されていたドラマです。

 

 

西島秀俊さんとキム・テヒさんがダブル主演をつとめることで、話題を集めた今作。

 

アルバイト警備員である並木航平が女優であるハン・ユナと出会い、彼女のボディーガードを務める99日間を描いた作品となっています。

 

 

そんなドラマ「僕とスターの99日」の結末や、二人の関係はどうなるのでしょうか?

 

ここから下では、最終回の内容を読むことができます。

スポンサーリンク

ドラマ「僕とスターの99日」最終回。結末のあらすじ内容をネタバレ!

 

「航平と普通の生活をするために、女優を辞める」と言うユナ。

 

しかし彼女に向かって航平は、「辞めるというのは、何か違う気がする」と主張をぶつけ、ユナは困惑します。

 

 

翌日、事務所を出て不慣れな生活をするユナを心配していた航平は、ユナを尾行します。

 

航平をハラハラさせながらもTV局に着いたユナですが、遅刻をしてしまい「引退を前に、やる気はあるのか」と監督から叱責されます。

 

 

航平はユナのために残り12日間ボディガードをすることを決め、申し出を受けたユナは困惑するも受け入れます。

 

 

TV局に着いたユナと航平ですが、取材陣が殺到し、航平が一人で路上会見を行うことになります。

 

橋爪になぜそこまでするのか、問われた航平。

 

 

「女優であるユナが好き」であることと、「女優の仕事に集中してほしいためです」と答え、「二人の99日を、静かに全うさせてほしい」と頭を下げます。

 

その様子を見ていたユナは、控室で航平に「99日を全うしましょう」と言ったのでした。

 

 

航平を屋上に連れ出した大和は、二人の99日以降何もないという航平に激昂します。

 

それに対し航平は、「決めたことなんだ」と言い、「ユナも同じ気持ちだと思う」と告げます。

 

 

ユナにとっては女優が天職だと確信する航平は、撮影現場に現れた直子にユナを許してもらえないかお願いしますが、拒否されます。

 

 

日は過ぎ、残すところあと4日、ユナの元をテソンが訪れます。

 

テソンは「韓国に帰って、法律の勉強をし直すのだ」と言います。

 

そんなテソンに、ユナは思い出のキーホルダーを渡し送り出すのでした。

 

 

一方、航平は帰る道すがら恵実子の屋台に出くわします。

 

航平を息子のように思う恵実子は、航平のやっていることに対し「決めたことなんだから、好きなようにしなさい」と声をかけます。

 

 

そして迎えた最終日。

 

ドラマ撮影を終え帰宅最中に、ユナは直子の計らいでオーディションを受けるためにハリウッドへ発つことを航平に告げます。

 

 

そして「航平との99日間が、とても楽しかった」とお礼を言います。

 

それに対し航平も「ユナの近くにいることで幸せでした」と伝えます。

 

 

二人はこの99日間をいい思い出として胸にしまい、別れるのでした。

 

 

クリスマスのプレゼント交換中、航平は橋爪から託されたアルバムを光代から受け取ります。

 

その写真達を見て居ても立っても居られなくなった航平は、空港へと向かいます。

 

 

空港にたどり着いた航平は、自分の気持ちをユナに伝え熱い抱擁を交わすのでした。

 

 

1か月後、それぞれが前向きな日常を送る中。

 

天文台で働く航平の元に映画の準備期間中に帰国したユナがやってきて、丁々発止のやり取りを繰り広げ物語は終了します。

 

 

これでドラマ「僕とスターの99日」は、第10話を以って結末を迎えます。

 

 

以上、2011年にフジテレビで放送されたドラマ「僕とスターの99日」最終回のあらすじ内容を掲載いたしました。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

魔女の条件の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

ロングラブレター 漂流教室の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

眠れる森/ドラマの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

ラストフレンズの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

愛していると言ってくれの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ