愛し君へ/ドラマの最終回・あらすじの内容をネタバレ!

愛し君へ/ドラマの最終回・あらすじの内容をネタバレ!

愛し君へ/ドラマの最終回・あらすじの内容をネタバレ!

「愛し君へ」は、2004年にフジテレビ系列の放送局で流れていた月9ドラマです。

 

 

主人公・友川四季の役を菅野美穂さんが、徐々に視力を失っていく安曇俊介の役を藤木直人さんが担当していました。

 

他にも、伊東美咲さん・玉木宏さん・森山未來さんなどが出演している作品です。

 

 

月9ドラマ「愛し君へ」の結末は、俊介の目は、どうなったのでしょうか?

 

 

この下には、最終回「最後に見せてあげたいもの」の内容が記載されています。

スポンサーリンク

ドラマ「愛し君へ」最終回。結末のあらすじ内容をネタバレ!

 

過労で倒れた四季は、俊介の子供を妊娠をしていることを告げられます。

 

病室で目を覚ました四季は、子供を流産したことを知ります。

 

 

そして、「あるはずのない家族写真を撮った夢を、寝ている間に見た」と話し、涙ぐむのでした。

 

 

その後退院した四季は日常に戻り仕事をこなしますが、普段通りに振舞う四季を皆心配します。

 

 

その頃、長崎に帰り投げやりになっている俊介を良枝は心配しますが、俊介は「誰にも迷惑をかけたくないのだ」と自嘲を交えて話します。

 

心配して四季のことを持ち出す良枝の言葉を遮り、俊介は「四季のことはもういいのだ」と話すのでした。

 

 

その日の夜、「心配ばかりかけてごめん」という四季に、鉄雄は「心配はしてないが我慢はしている」と話します。

 

「自分の幸せを考えろ」と言う鉄雄に、四季は「幸せになる」という意気込みと、俊介との果たせなかった約束のことを話します。

 

 

最後に、「俊介が見たいものと四季が見せたいものを考えていたが、分からなかったのだ」と言います。

 

 

翌日、勤務中の四季の元へ涼子が酷いことを言ったと、謝罪しにやって来ます。

 

謝る涼子に、四季は俊介との結婚を祝福しますが、涼子は困惑の表情を浮かべます。

 

 

そして涼子は帰り際、彼は嘘をついたのだと話します。

 

「俊介は、四季のことを好きだから別れを決めたのだ」ということを聞かされた四季。

 

俊介を支えると家族に話し、長崎へ向かうのでした。

 

 

初めて出会った海辺で久々に再会した四季と俊介ですが、四季は俊介から帰るように言われます。

 

食い下がる四季でしたが受け入れてもらえず、泣きながら帰路につきます。

 

 

その夜、安曇家を圭輔が訪ねてきます。

 

圭輔から四季の身に起こった出来事を聞いた俊介は、自分のやってしまったことに後悔します。

 

 

そして目が見えなくなる不安を前に躊躇する俊介に対して、圭輔は「四季の思いを無駄にしないでください」と言い帰って行きます。

 

 

目の症状が悪くなる中、急ぎ四季を探し回った俊介は、偶然にも路面電車に乗り込む四季の姿を見つけます。

 

悪くなる視界の中で追いかけるのを諦めて座り込んでしまった俊介が顔を上げると、視界の先から電車を降りてこちらに走ってくる四季の姿がありました。

 

 

つらい思いをさせた四季に俊介は謝ろうとしますが、四季は俊介に「明日を見せたい」と話します。

 

それを受け入れた俊介は、四季と明日を見る意思を固めます。

 

 

時は流れある夏の日、四季と俊介は結婚式を無事に終えた後、俊介は四季に「もうすぐ目が見えなくなる」と伝えます。

 

 

そして長崎の街を四季と俊介の二人で回る中、その時がやってきます。

 

俊介は笑みを浮かべ、泣きそうな笑顔の四季の姿を焼き付け視界が無くなっていくのでした。

 

 

これでドラマ「愛し君へ」は第11話を以って最終回となり、物語は完結します。

 

 

以上、2004年にフジテレビで放送されていた月9ドラマ「愛し君へ」最終回のあらすじ内容でした。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

魔女の条件の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

ロングラブレター 漂流教室の最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

眠れる森/ドラマの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

ラストフレンズの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

 

愛していると言ってくれの最終回と結末・あらすじの内容をネタバレ!

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ