打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のネタバレ・結末のあらすじと感想!

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のネタバレ・結末のあらすじと感想!

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のネタバレ・結末のあらすじと感想!

2017年8月18日の公開日が決定しているアニメ映画が、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」です。

 

 

もともとは、1993年にフジテレビ系列の放送局で流れていた、岩井俊二監督のドラマが原作。

 

その後再編集され、1995年に映画として上映もされています。

 

 

主人公・及川なずなの声を広瀬すずさんが担当することで話題の作品。

 

他にも、島田典道の声を菅田将暉さんが、安曇祐介の声を宮野真守さんが演じることになっています。

 

 

どんなストーリーが繰り広げられているのでしょうか?

 

 

ここから先に載せられているのは、ドラマ版「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のあらすじと結末です。

 

ネタバレされることに抵抗のある方は、見るのをやめておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

アニメ映画化決定!「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」原作ドラマのあらすじと結末!ネタバレにご注意

 

ドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のストーリーは、小学六年生の典道と祐介が同級生のなずなに恋をしているところから始まります。

 

 

ただし二人は親友同士なので、自分の気持ちを隠して生活しています。

 

 

夏休みの登校日、なずなは母親からの手紙を担任に手渡します。

 

それは、両親が離婚することになったため転校するという内容の手紙。

 

 

なずなはプールで泳いでいる典道と祐介を見かけ、勝ったほうと駆け落ちしようと決めます。

 

 

勝ったのは祐介。

 

なずなは、祐介を花火大会に誘います。

 

 

祐介はそれを内緒にして、典道と教室に戻ります。

 

そこでは、クラスメイトが打ち上げ花火を見るなら横からがいいか下からがいいか議論していました。

 

それを確かめるため、打ち上げ花火が横から見える灯台で待ち合わせようと約束します。

 

 

典道が家に帰ると、そこには祐介がいました。

 

祐介は典道が、足に怪我をしているのを見つけます。

 

 

典道はプールで泳いでいた時に足に怪我をしており、そのせいで祐介に負けたのです。

 

祐介は「自分の父親のところでけがを診てもらえ」と言います。

 

 

そして、「なずなに花火大会に誘われたけれど、行けなくなった」と伝えて欲しいと頼みます。

 

 

誘われたけれどなずなに会う勇気がないと思った祐介。

 

「なずなのことは好きではない」と言い、クラスメイトたちと花火を見るため灯台に向かいます。

 

 

一方、なずなとの待ち合わせの場所に行った典道。

 

そこではなずなが待っていました。

 

 

祐介は来れなくなった、と伝える典道。

 

「典道くんは裏切らない?」となずなは訪ね、典道は頷きます。

 

 

駆け落ちを諦めて家に戻ったなずなですが、やはり逃げ出し、母親に追いかけられて連れ戻されます。

 

典道はなにも出来ずに、それを見ているだけでした。

 

 

そこに、祐介が戻ってきます。

 

典道は祐介を殴りつけ、もし勝負で自分が勝っていたらと考えます。

 

 

もし典道が勝っていたら。

 

もし祐介が負けていたら。

 

ここから時間が戻り、典道が勝っていた世界の話が始まります。

 

 

勝った典道は、なずなに「花火大会に行こう」と誘われます。

 

家に帰ると、そこで祐介が遊びに来ました。

 

 

しかし窓の外になずなの姿を見つけて、典道は慌てて誤魔化します。

 

その後なずなと逃げ出しますが、それを祐介に目撃されます。

 

 

なずなと典道は、駅に向かいます。

 

なずなは大きな荷物を持っているので「家出なのか?」と尋ねると、彼女は「駆け落ち」と答えます。

 

 

駅で電車を待っている間に大人っぽい服に着替えて、「これからは大人のふりをして夜の商売で稼いで、典道と暮らす」と話します。

 

やがて電車がやってきますが、なぜかなずなは「バスで帰る」と言い出して典道は振り回されます。

 

 

一方、祐介はクラスメイトと灯台に向かいます。

 

 

打ち上げ花火を横から見ると、平べったくなる見えるのかどうかを確かめるためです。

 

 

以前はそれが気になって仕方なかった祐介ですが、今ではそれよりもなずなと典道のことが気になって仕方ありません。

 

そのうえ灯台は遠く、そのうち辺りは暗くなって道に迷ってしまいます。

 

 

その頃、典道となずなは夜の学校にいました。

 

二人はプールに忍び込み、服のままで泳ぎ始めます。

 

そして自ら上がった後、なずなは「今度会えるのは二学期だね」と言い残して去っていきます。

 

 

典道は、もう終わってしまった花火大会の会場に向かいます。

 

そこで担任の先生に会い、打ち上げ花火は横から見たら平べったいのかを質問します。

 

 

先生は、花火師のところに典道を連れていきます。

 

花火師は残った花火を、典道の真上に打ち上げます。

 

 

そのころ、祐介はやっと灯台に辿りついていました。

 

しかし花火はとっくに終わったあと。

 

 

そう思っていたら、目の前に花火が上がります。

 

それは、横から見ても丸い形でした。

 

 

また、真下から花火を眺めていた典道にも、丸い形の花火がはっきりと見えていました。

 

ドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を観た人の感想

 

大人になった今、見返したくなる不朽の名作ドラマが「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」と言えます。

 

 

放映から20年以上経っていますが、小学生当時に見たときの記憶が今でも残っています。

 

 

岩井俊二監督らしい映像の美しさと、今はもう立派な大人になった俳優たちの瑞々しい子役の演技が素晴らしいです。

 

 

そして、何よりも子ども時代の夏休みの甘酸っぱさとほろ苦さに、見た後もしばらく余韻が残る、そんなドラマです。

 

描写がすごく綺麗で、ストーリーも分かりやすく、夏休みの青春を思い出しました。

 

花火は横から見ると丸いのか平べったいのか、という考え方は独特で色々と考えさせられる興味深い内容でした。

 

 

一人の女の子を二人の少年が想う切なさは、もどかしいですがとてもキュンキュンしました。

 

テレビで映画「ラブレター」を放送しているのを見て、岩井俊二監督の作品を見直していました。

 

どこかせつなく美しい映像は10年ぶりに見ても新鮮で、胸を締め付けられる思いがしました。

 

 

中でも「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は特に懐かしく、昔にタイムスリップしたかのような感じでのめりこんで見てしまいました。

 

女性を本当に美しく撮影するなあと、改めて感動しました。

 

 

ナイーブやノスタルジーといったものを体感するために、忘れたころにまた見たいです。

 

以上、1993年にフジテレビで放送されていた岩井俊二監督のドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」結末のあらすじと感想をご紹介いたしました。。

 

2017年8月18日に公開するアニメ映画版の内容が、原作と全て同じであるという保証はありませんのでご注意を。

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

幼な子われらに生まれのネタバレ・あらすじと感想!原作小説が映画化

 

関ヶ原のネタバレ・あらすじと感想!司馬遼太郎の原作小説が映画化

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のネタバレ・結末のあらすじと感想!

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ