5時から9時までの意味・由来は?原作漫画の無料試し読みで最終回・結末を知る?

5時から9時までの意味・由来は?原作漫画の無料試し読みで最終回・結末を知る?

2015年10月から、月9ドラマ「5→9 私に恋したお坊さん」が放送開始される予定です。

 

主演の桜庭潤子役には石原さとみさんが、星川高嶺役には山下智久さんがキャスティングされています。

 

 

原作漫画のタイトルは「5時から9時まで」というのですが、これってどういう意味なのでしょうか?

 

何か由来があるのでしょうか?

 

 

あと、漫画といえば…

 

無料で試し読みや立ち読みができる電子書籍の配信サイトってありますよね。

 

そこで、ドラマの最終回にあたる話や結末をあらかじめ知る方法ってあるのでしょうか?

スポンサーリンク


「5時から9時まで」の意味・由来ってなに?

 

月9ドラマ「5→9 私に恋したお坊さん」。

 

このタイトルを文字だけで見たとき、これを読める人がいるのでしょうか…?

 

 

原作のタイトル「5時から9時まで」を知っている人は別として、ドラマで初めて知った人は…

 

もし情報をネットで調べたくなったとしても、「私に恋したお坊さん」で検索するしか方法がなさそうです。

 

 

読み方が難解なタイトルの月9ドラマ「5→9 私に恋したお坊さん」の原作漫画にあたる「5時から9時まで」。

 

この漫画のタイトルの意味・由来は何なのでしょうか?

 

 

昔人気のあったアメリカ映画で、「9時から5時まで」という作品があったようですが…

 

まず、このタイトルをヒントにしたものである可能性は高いです。(パロディ?)

 

 

「9時から5時まで」というのは、普通に就業時間のことを指すものと思われます。

 

 

逆に、主役の桜庭潤子が英会話講師として働いている時間が午後5時から9時までということで、「5時から9時まで」というタイトルがつけられたものと思われます。

 

 

実はこのタイトルの意味・由来に関して、はっきりとした説明が原作漫画の中ではされていません。

 

 

第1話では、「英会話講師2年半」「基本ほぼ毎日5時から9時まで」という桜庭潤子についての簡単な紹介文?が載っているのですが…

 

唯一説明らしい説明は、これしか見つかりませんでした…

 

 

「9時から5時まで」原作漫画の無料試し読み・立ち読みでドラマ最終回の結末を知る方法はある?

 

月9ドラマ「5→9 私に恋したお坊さん」の原作漫画である、「5時から9時まで」。

 

この原作漫画を無料で試し読み・立ち読みすることができる、電子書籍配信サイトが見つかりました。

 

 

「BookLive! (ブックライブ)」という大手の電子書籍サイトで無料試し読み・立ち読みできますので、ぜひご覧になってみてください。

 

 

100パーセント原作漫画通りにドラマが展開するかどうかは、さすがにわかりませんが…

 

原作漫画で予習しておくことで、時間に制限のあるドラマでは描ききれなかった部分も楽しむことができるのではないでしょうか?

 

 

ところで…

 

原作漫画を試し読み・立ち読みすることで、最終回や結末の内容を知ることってできるのでしょうか?

 

 

これについては、今のところ何とも言えません。

 

 

なぜなら…

 

原作漫画の「9時から5時まで」は、まだ完結せずに連載中だからです!

 

 

なので、原作のエピソードが終わっていないうちにドラマ化された「5→9 私に恋したお坊さん」がどういった最終回や結末を迎えるのかは予想することができません!

 

 

原作ではまだ描かれていない展開になるのか?

 

それとも、原作とは別の結末を迎えるのか…?

 

 

現在刊行中の原作漫画を全て読んだとしても、今のとこと最終回の内容を予想するのは難しいものと思われます。

 

まとめ

 

・月9ドラマ「5→9 私に恋したお坊さん」の原作漫画のタイトルは、「9時から5時まで」。

 

・「9時から5時まで」の意味・由来は、英会話講師である桜庭潤子の就業時間だと思われる。

 

・原作漫画「9時から5時まで」を読んでドラマの結末を知るのは、今のところ難しい。

 

・なぜなら、「9時から5時まで」は今も連載中なので。ドラマの最終回は、独自の展開になる可能性が高い。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加