重版出来の読み方と意味は

重版出来の読み方と意味は

 

最近、「重版出来」という言葉をよく見るようになりました。

 

 

というのも、人気漫画のタイトルにも使われていたりするからなのですが…

 

この作品のタイトルは、元々あった言葉を採用したものです。

 

 

人気漫画「重版出来!」を原作としたドラマが2016年4月からスタートすることから、今後ますますこの用語について興味を持つ人が出てくるものと思われます。

 

なにせ、普段生活しているとほぼ聞かない言葉と独特な読み方ですから…

 

 

この記事では、そんな「重版出来」の読み方と意味を説明しています。

スポンサーリンク


「重版出来」の読み方と意味は?

 

人気漫画やドラマのタイトルとして採用されたことで一気に注目度が増すと思われるのが、「重版出来」という用語です。

 

 

では、重版出来とはどのような読み方をするのかというと…

 

 

「じゅうはんしゅったい」と読みます!

 

 

重版出来の意味について知るには、本・書籍がどのような形で売られているのかを知る必要があるでしょう。

 

 

書店に並んでいる本はもちろん出版社が作った本なのですが、出版社によって最初に印刷された本を「初版」といいます。

 

 

本によって、初版の数はばらばらです。

 

書店に納品して最終的に売れ残った本は出版社に返本されてしまい、出版社の売り上げにはならないので…

 

出版社は、できるだけ返本を少なくするように初版の発行部数を調整します。

 

 

販売実績のある人気作家の本であれば、初版で数万部ということも珍しくありませんが…

 

新人作家の場合は売れるかどうか前例もなくわからないので、初版は少なめに調整することが多いのです。

 

 

では、初版がすべて完売した場合はどうするのでしょうか?

 

 

この場合は、新たに本を印刷して書店に納品することになります。

 

この、初版が売り切れて再度刷った本のことを「重版」と呼ぶのです。

 

 

重版がかかるということは本が売れているということなので、出版社としては非常におめでたいことです。

 

 

そのたび、出版社の編集部内でかけ声をかけるのですが…

 

それが、「重版出来」という言葉なのです。

 

 

つまり重版出来とは、「めでたく重版がかかりました」という意味なのです。

 

 

漫画・ドラマの「重版出来!」においても…

 

主人公の新人編集者や先輩編集者・新人の作家・印刷所のひとたちといった、さまざまな立場の人々が関わって本が出版されるさまが描かれています。

 

まとめ

 

・「重版出来」の読み方は、「じゅうはんしゅったい」。人気漫画やドラマの影響か、注目度が高まっているキーワードとなっている。

 

・予想していたよりも人気が出た作品の初版在庫がすべて完売した時に今後も売れ続けると判断されれば、さらに本を印刷して書店に納品することになる。

 

・重版がかかった場合、「めでたく重版がかかりました」という意味で、出版社の編集部の中で呼びかける。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加