火村英生の推理の原作・作家アリスシリーズを読む順番

火村英生の推理の原作・作家アリスシリーズを読む順番

 

現在ドラマ「臨床犯罪学者・火村英生の推理」でも注目されている「作家アリスシリーズ」は、有栖川有栖さんが原作の小説です。

 

 

かわいい作家名なのですが、実際は男性の方です。

 

そして、「この物語の中では原作者ではなくあくまでも別人」ということになっています。

 

 

ストーリーの中で有栖川有栖という推理作家が登場し、ワトスン役として主人公で探偵役の火村英生と共に事件解決に乗り出します。

 

 

ドラマを見始めて読んでみたい、と思った方は多いと思いますが…

 

シリーズものなので、どの順番で読もうか悩むところですね。

 

 

一体、どの順番で読めばいいのでしょうか?

スポンサーリンク


「臨床犯罪学者・火村英生の推理」の原作小説「作家アリスシリーズ」を読む順番は?

 

学生アリスシリーズや国名シリーズなどなど多いので、最初から読んでいるとドラマの方が先に終わりそうです。

 

 

しかし、まずおさえておきたいのはやはり第一作「46番目の密室」でしょうか。

 

そして「ダリの繭」、「ロシア紅茶の謎」と続きます。

 

 

作家アリスシリーズを出版された順番に並べてみると、以下の通りとなります。

 

・46番目の密室

 

・ダリの繭

 

・ロシア紅茶の謎(国名シリーズ)

 

・海のある奈良にしす

 

・スウェーデン館の謎(国名シリーズ)

 

・ブラジル蝶の謎(国名シリーズ)

 

・英国庭園の謎(国名シリーズ)

 

・朱色の研究

 

・ペルシャ猫の謎(国名シリーズ)

 

・暗い宿

 

・絶叫城さつ人事件

 

・マレー鉄道の謎

 

・スイス時計の謎(国名シリーズ)

 

・白い兎が逃げる

 

・モロッコ水晶の謎(国名シリーズ)

 

・乱鴉の島

 

・妃は船を沈める

 

・火村英生に捧げる犯罪

 

・長い廊下がある家

 

・高原のフーダニット

 

・菩提樹荘のさつ人

 

・臨床犯罪学者 火村英生の推理 密室の研究

 

・臨床犯罪学者 火村英生の推理 暗号の研究

 

・臨床犯罪学者 火村英生の推理 アリバイの研究

 

・怪しい店

 

・鍵の掛かった男

 

最初をおさえておけば、あとは好きな感じで読み進めても楽しめると思います。

 

 

テレビ放送中の「臨床犯罪学者・火村英生の推理」も、ドラマと平行して読むと原作がより深く理解できるのではないでしょうか。

 

 

「国名シリーズ」は外国の推理小説家もシリーズで出版しているので、ミステリーファンはどちらも比べ読みしてみたくなると思います。

 

 

学生アリスシリーズは、青春小説としても高い評価を得ています。

 

 

有栖川有栖さんの小説は作家名もそうですが、小説のタイトルがとても惹かれるおしゃれなのでついつい手に取って読んでしまいます。

 

内容ももちろんタイトルにまけない面白さです。

 

 

そして、「スウェーデン館の謎」は事件に巻き込まれたアリスを京都から裏磐梯にまでやってきて助ける火村がとてもかっこいいですよ。

 

スポンサーリンク



 

このエントリーをはてなブックマークに追加