サザエさんの家系図にない、ヒトデちゃん・サンゴちゃんって誰?

サザエさんの家系図にない、ヒトデちゃん・サンゴちゃんって誰?

 

サザエさんには、「ヒトデちゃん」と「サンゴちゃん」という幻のキャラクターがいるのだとか…

 

少なくとも、公式のサザエさんの家系図にはそんな子たちは見られません。

 

一体、どんなキャラクターなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

タラちゃんの妹、ヒトデちゃん?

 

サザエさんには、作者の長谷川町子さん自身が描いた家系図があります。

 

しかしその中には、ヒトデちゃんやサンゴちゃんというキャラクターは描かれていませんでした。

 

 

サザエさんは長年テレビアニメを放映し続けていますが、今のところヒトデちゃんとサンゴちゃんの名前は出てきていません。

 

 

実は・・・

 

このヒトデちゃんというキャラは、サザエさんの原作に登場させるはずだったキャラなのです。

 

 

ただ、作者の長谷川町子さんが亡くなったことで連載は再開されることはなく、ヒトデちゃんは幻のキャラとなってしまったのだそうです。

 

 

このヒトデちゃん、どんなキャラだったかというと・・・

 

サザエとマスオの間に生まれた子供、つまりタラちゃんの妹なのだとか。

 

 

原作漫画のサザエさんはテレビアニメとは違い、劇中でしっかり時間が流れていて子どもたちの成長する経過が描かれています。

 

その中で、タラちゃんの妹としてヒトデちゃんが登場する予定だったのでしょう。

 

参考:タラちゃんに妹がいた!幻の「ヒトデちゃん」

 

以上の参考記事によれば、一度だけヒトデちゃんが描かれた?と思わせる回が存在したとのこと。

 

それは、1954年12月に発売した文藝春秋の「漫画読本」という雑誌に掲載されていました。

 

 

サザエさんの10年後の世界で、かつて自宅があった場所に家族が訪れるという話。

 

その話の中で、ヒトデちゃんと思われるキャラクターが一度だけ描かれていたのです。

 

 

マスオさんが「これヒトデあぶないよ」と声をかけている少女に、「ヒトデ」と名がつけられていました。

 

 

これが、後に生まれたと思われるヒトデちゃんが唯一描かれた場面です。

 

参考:10年後のサザエさん?タラちゃんの妹ヒトデちゃんの画像

 

2019.9.30追記

 

2019年11月24日に放送予定の実写スペシャルドラマ「磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜」において、幻のキャラクターとされていたヒトデちゃんが登場することが明かされました!

 

サザエさん:磯野家幻の8人目・ヒトデちゃんが実写ドラマで65年ぶり登場 “家族写真”が初公開

 

テレビアニメのサザエさんの世界は時間が流れないので、今後もヒトデちゃんが登場する可能性はかなり低そうです・・・

 

では・・・サンゴちゃんって何者?

 

ネットの中では、幻のキャラ・ヒトデちゃんの他にも「サンゴちゃん」というキャラクターがいるらしい、という噂があります。

 

しかし・・・

 

どれだけ情報を探しても、サンゴちゃんに関する公式の情報や確かな情報は得られませんでした。

 

 

結局、サンゴちゃんについては「ネットで飛び交っている噂に過ぎないのでは?」という印象を持ちました。

 

まとめ

 

サザエさんの家系図にいないキャラのヒトデちゃんとサンゴちゃん。

 

・ヒトデちゃん

 

タラちゃんの妹。

 

漫画原作に公式な形で登場する予定だったが、作者の長谷川町子さんが亡くなったためお蔵入りになった。

 

・サンゴちゃん

 

単なる噂、という説が濃厚。

 

サザエさん・原作漫画の最終回が泣けるのは嘘?都市伝説が独り歩き

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加