スタープラチナオーバーヘブンとザワールドオーバーヘブンの能力

スタープラチナオーバーヘブンとザワールドオーバーヘブンの能力

スタープラチナオーバーヘブンとザワールドオーバーヘブンの能力

 

ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険・アイズオブヘブン」では、承太郎とDIOが新たな能力に目覚めます。

 

 

DIOのスタンドが「ザ・ワールド・オーバーヘブン」へと進化したことを受けて、承太郎は「スタープラチナ・ザ・オーバーヘブン」へと自身のスタンドを進化させるのです。

 

原作にないスタンド能力ということでジョジョファンの間で話題になっていたこれらの能力は、一体どういったものなのでしょうか?

スポンサーリンク

承太郎の「スタープラチナ・ザ・オーバーヘブン」とDIOの「ザ・ワールド・オーバーへブン」はどんな能力?

 

「アイズオブヘブン」とは、週刊少年ジャンプで連載されていた漫画「ジョジョの奇妙な冒険」を基にしたゲームのタイトルです。

 

ジャンルは前作「オールスターバトル」が1対1の対戦格闘ゲームだったのに対し、今作は「タッグアクションゲーム」となっています。

 

 

ゲーム内には、原作漫画「ジョジョの奇妙な冒険」で登場したさまざまなキャラクターが登場しています。

 

 

今回はストーリーがアイズオブヘブンオリジナルのものとなっているのですが…

 

随所に原作漫画を思わせるやり取りやセリフも含まれているという点が、ファンにとっても非常に楽しめる要素が盛り込まれているゲームだとして人気を集めています。

 

 

「ジョジョの奇妙な冒険・アイズオブヘブン」に登場する第3部の主人公「空条承太郎」はスタンド「スタープラチナ」を駆使して戦うキャラクターの一人として登場しているのですが…

 

このスタープラチナが、ストーリーモードを進めていく中で独自の進化を遂げるのです。

 

 

原作漫画の第3部において「時間停止後の世界」を宿敵DIOのスタンド能力から学んだ承太郎は、最終局面における大ピンチの状況で時間停止の能力を自分のものにしました。

 

その後、時間停止の能力を「スタープラチナ・ザ・ワールド」と命名しています。

 

 

「ジョジョの奇妙な冒険・アイズオブヘブン」においては、承太郎のスタンド・スタープラチナが「スタープラチナ・ザ・オーバーヘブン」へと進化します。

 

ただしこれはあくまでもストーリーモードの演出となっているため、ストーリーモードをクリアしてもゲーム上でその能力を使用することはできないようになっています。

 

 

「スタープラチナ・ザ・オーバーヘブン」の能力とは、「殴った対象の真実を上書きする」というもの。

 

簡単に言ってしまえば、「殴った対象の真実を、承太郎の望んだ別の真実に変えることができる」というものになっています。

 

 

これも、もともとは復活して再び承太郎と対峙することになった宿敵・DIOが持つスタンド能力「ザ・ワールド・オーバーへブン」が始まりでした。

 

 

原作漫画の第6部でプッチ神父が「天国」へと到達しスタンド「メイドインヘブン」を身につけたのと同じように、承太郎たちに勝ち天国に到達した並行世界のDIOが「天国」へと到達しました。

 

「ザ・ワールド・オーバーへブン」を身につけたDIOは、自身の姿も大きく変わっていました。

 

 

こうして「ジョジョの奇妙な冒険・アイズオブヘブン」のラスボスとして君臨したDIOは、スタンドで殴ることによって能力を発動。

 

 

「真実を上書きする」という能力通り、相手の存在をまるごと消すことも可能。

 

逆に、この世にいない人物を蘇らせることまでできるのです。

 

もちろん自分自身に能力を使うことも可能なので、何度やられても蘇る始末。

 

 

しかしゲームの終盤では、原作にもあった設定「スタープラチナとザワールドは同じタイプのスタンド」通り承太郎は今回もDIOと同じ能力を身につけることができたのです。

 

これによって、ストーリーモードではラスボスであるDIOの能力「ザ・ワールド・オーバーへブン」を無効化して倒しています。

 

 

さらにアイズオブヘブンのエンディングでは、以下のようなパラレルストーリーを演出しています。

 

原作では死亡してしまった3人のキャラクター(花京院・イギー・アヴドゥル)の真実を「スタープラチナ・ザ・オーバーヘブン」の能力によって「生存させる」という別の真実に上書きしたのです。

 

 

「スタープラチナ・ザ・オーバーヘブン」と「ザ・ワールド・オーバーへブン」は非常に強力なスタンド能力なわけですが、以下のようなデメリットも存在します。

 

 

それは、「能力を発動させるためには。本体かスタンドが対象に触れなくてはいけない」というところ。

 

さらに「非常に大量の精神エネルギーを消耗するという設定になっている」ということから、「発動させるためには非常に時間がかかる」という問題があるのです。

 

 

それでもファンの間では、まさに「何でもありな最強のスタンド能力」なのではないかと議論されています。

 

空条承太郎が死亡?最期のシーンは(ジョジョの奇妙な冒険)

 

 

スポンサーリンク


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

関連記事

 

ヴァニラアイスは最強!DIOを呼び捨てにするほど強い(ジョジョ)

 

ポルナレフ、5部で亀に入ったその後は

 

プッチ神父 14の言葉の意味?【カブトムシ】

 

プッチ神父のスタンド能力が最強(ジョジョ6部ボス)

 

ジョジョのゴールドエクスペリエンスレクイエム(GER)が最強

 

東方仗助のその後。最後はどうなった?

 

ジョジョ8部のキラークイーン、4部との違い

 

スタープラチナオーバーヘブンとザワールドオーバーヘブンの能力

 

空条承太郎最期のシーンは(ジョジョの奇妙な冒険)

 

吉良吉影の最期。その後どうなった?(ジョジョの奇妙な冒険)

 

広瀬康一は5部で何をした?(ジョジョの奇妙な冒険)

 

ジョジョSS・最強のチーム構成は?おすすめを紹介(スターダストシューターズ)

注目トピック

ホーム RSS購読 サイトマップ